テニス フットワーク

メンタル

テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである

新学期、新入生、新体制・・・。

アナタのテニス部やサークル、チームも、新しい幹部や態勢で、頑張ろう!という時期だと思います。

でも、その前のキャプテン、部長が凄かった、偉大だった・・・後に任される人は、大変ですよね。

周りの部員も、「大丈夫かな・・・」と不安なはず。

でも、それって一番のチャンス!なんです。

 

テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである

 


 

1.きっとこの先、アナタも仕事で経験するだろう

まず、アナタはラッキーです。

テニスを通じて、普通の人が恐らく仕事で体験するであろうことを、事前に体験出来るのですから。

偉大なリーダーが抜ける、ときはチームにとってピンチでもありチャンス。

「あの人の後のキャプテン、自分に出来るだろうか・・・?」

「実績のある先輩がいなくなって、不安ばっかりだ・・・」

と思っている皆さん、今経験していることって、今後の人生でも絶対たくさん、経験していくことなんです。

優秀な先輩が異動になる、急に上司が退職する、引継ぎもままならないままに、仕事だけどんどん増えていく。

でも、経験した社会人の方なら分かるでしょう。

このとき、この瞬間ほど、自分を成長出来る時間は無い。

嫌でも必死、で頑張りますからね。

それはテニスだって、一緒です。

 

2.誰かの「穴を埋めよう」と思ってはいけない

まず、前任者と比較すること、は無意味。

アナタらしく、チームのことを考えて練習を決めていけば良いし、周りに頼って良い。

大事なのは、アナタ自身が「変化」出来るかどうかです。

正解なんて、無いのです。

去年まで、もしかしたら先輩に「付いていく」だけだったかも知れない自分を、変えていく。

そのきっかけになるのが、こういった4月、新しい態勢でスタートする時期です。

穴を埋める、代わりになるなんていう考えは、捨てるくらいで良いでしょう。

 

3.「人在りて、我在り」の精神で

テニスは、一人では出来ない。

それは、試合も練習も同じです。

周りの人がいて、自分がいる、活かされる。

この意識を、ぜひ学生の皆さん、そして社会人でテニスを頑張る全ての人に、持って欲しいと思います。

人を大切に出来る、その時点できっとアナタも偉大でしょう。

引っ張っていく、という強い意志も大事ですが、それだけだと絶対にしんどい。

結果が出ないと、それもまたプレッシャーになりますからね・・・。

リラックスして周りに頼る、くらいの方が、試合でも勝てるようになっているはず。

気が付けばリーダー、になっているかも知れませんね。

 

焦ることは、ありません。

中学・高校3年生、大学4年生の皆さんは、気持ちも高ぶっているかも知れませんが、まずは地に足を付けて。

大事な大会まで、どう過ごすのかを考えてみましょう。

偉大なリーダー、先輩がいたのなら、相談するのも良い。

きっと温かく、アナタを見守ってくれているはずです。

 

今回のまとめ

変化のときこそ成長出来るとき、それはテニスも仕事とも一緒です

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. メンタル

    タイブレークは、チェンジコートを節目に考えよう

    タイブレークに入ると、もう頭が真っ白。何をどうやって良いのか分…

  2. テニス メンタル
  3. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです

    みなさん試合の中で、こういうポイントどれくらいあるでしょう?自…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い

    試合に勝てない選手、確率の悪い攻撃に固執しているような選手。な…

特集記事

  1. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?
  3. サーブ

    甘いサーブだと、サーブ&ボレー出来ない?
  4. テニス シューズ

    テニス知識

    【保存版】テニス選手ならしっかり選びたい「テニスシューズの選び方」について
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサーブは、「いかに前衛を使うか?」に目的を絞るとダブルスらしい…
PAGE TOP