テニス ダブルス

ストローク

並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で打ち方自体は変えないでいこう!

ショートクロスで並行陣を崩したい。

でも・・・いつものストロークと何かを変え過ぎて、おかしな感じになってはいませんか?

変える部分は、一つだけ。

そう、基本は打点だけ、です。

 

並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で打ち方自体は変えないでいこう!

 

1.打点を変えるから、打つコースが変わる

ショートクロスは、やっぱり怖い。

ショットでもずれるとサイドアウト、ネットしてしまう。

だからつい、小手先で調整しようとしておかしくなる、打つフォームもバラバラになってしまう人が多い。

変えるべき、は打点です。

打点だけ変えて、後は同じでOK。

アナタのストロークのフォームを活かすのが、ショートクロス安定の基になります。

 

2.打点は斜め前、少し身体の近めでOK

しっかり横向きでテイクバック、そこから打点をいつもよりも前、に取りましょう。

私の感覚では、通常のクロスよりも10cmくらい前、そして少し身体の近い感じのイメージでOK。

身体から遠いと、クロスにもっていくのはかなり厳しいですよね。

しっかり外側に、ラケットを回してあげる。

打ち終わりも、シンプルに。

フォロースルーは通常のストロークと同じ、イメージでいきましょう。

 

3.フォロースルーでコントロールしよとしても、絶対上手くいかない

ショートクロスのようなコントロールショットが苦手な人は、フォロースルーで何とかしようとしている。

打つ方向に、ラケットを出していく、無理やり。

これでは上手くいかないのは当たり前。

ラケット面でどう捉えるか、がコントロールの肝になります。

打点を変えれば自然と、ラケット面でボールを捕らえる場所、も変わってくる。

この違いが、コースの違いを生んでいくのです。

 

ショートクロスは、なかなか試合で使うのにも勇気が要るショット。

だからこそ、しっかり振り切れるショットに仕上げておかないと、試合で使う段階までいけない。

練習から、打点を意識して、あとは振り切るだけ。

振り切ったミス、なら試合でどんどん経験していきましょう。

 

今回のまとめ

打点を変えるだけで、ショートクロスを打てるようになれば振り切れる!

 

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ

    グリップの持ち方って、一応それぞれのショットに対して主流はあるけど、人…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスショットの返球の基本、バウンド地点に近付くことを徹底しよう

    テニスの試合やスクールのレベル分け、において、一つの目安になるもの。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い

    今年も全豪オープンの試合、シングルスの試合を観ていると、パッシングショ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    深いストロークとショートクロスの中間、「セミショートクロス」を試合で使っていこう

    もうすぐ全仏オープン。クレーコートでの熱い戦いでぜひ注目して欲…

  5. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な理由

    テニスの試合で、ストロークが強い相手に押されて後ろに下がってしまい・・…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テイクバックの意識を劇的に変える、魔法の言葉

    少なくとも、私はこれで劇的に変わりました。言葉って、ちょっとし…

特集記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に…
  2. テニス 壁打ち

    メンタル

    いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる
  3. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
  4. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブで…
PAGE TOP