テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。

私なら迷わず、この作戦を実行していきます。

30-40、のようなポイントをイメージして、いつも練習している・・・んですが、本当にこれは効果的。

シングルスの試合では、リターンゲームで得意のパターンを持っておくと絶対に有利。

言われてみれば当たり前、のことかも知れませんが、バックハンドへの攻撃はテニスの基本。

リターンから、積極的にいきましょう!

シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

1.バックハンド、リターンから狙おう!

試合の中で、バックハンド狙い、基本ですよね。

特にシングルスの試合では、覚悟しておかないといけない。

でも、どうでしょう。

実際の試合では、「ラリーが始まってから、バックハンドを狙う」という人が多い。

リターンから、いきなりバックハンドを積極的に狙う・・・という人は、意外と少ないような気がします。

これって、勿体ない話。

だって、リターンから狙いということは、テニスのとってたくさんメリットがあるから、です。

2.リターンは、決めた作戦を実行しやすい

リターンを打つ前、は静寂に包まれている。

相手がサーブを打つ前、までに、充分考える時間がありますよね。

それに、サーブは必ずサービスエリア内にバウンドする。

もちろん、厳しいサーブもたくさんありますが・・・それでも、リターンは最初に打つショット、として計算が立ちやすい。

特に相手のセカンドサーブなら尚更、でしょう。

私はこう考えています。

リターンは、自分が思い通りに打てる、作戦を実行しやすいショットだ、と。

3.サーブを打った後の相手には、隙がある!

これも、大事なポイントです。

私自身、相手をよく見てサーブの後のフットワークを確認するようにしています。

サーブを打った後、下がるのか、前に来るのか。

フォアハンド側を空ける、ような相手もシングルスの試合では多いでしょう。

いずれにせよ、サーブを打った後には態勢を崩したり、少し隙があるような選手が多い。

シングルスの試合、前衛はいませんからね。

全部のボールを、サーブを打った本人、が打ち返さないといけない。

これってすごく、リターン側にはチャンスじゃないですかね。

4.速いタイミングで、相手バック側にアプローチしていこう!

ぜひ、前に踏み込んでリターン。

相手のバックハンド側を攻撃していって欲しい。

そこから、前に出てネットプレー、ファーストボレーまでしっかりするイメージでOK。

ここまでいければ、アナタ自身がポイントを取る確率は高いでしょう。

相手からすると、サーブを打った後に態勢が整わないうちに波状攻撃されて、メンタル的にも厳しいはず。

リターンゲームで、バックハンド側に打って前に出る。

騙されたと思って、シングルスの試合で実践してみて下さい。

きっと、「あれ?こんなに簡単にポイント取れるの・・・?」と思うでしょう。

言われてみれば、当たり前の作戦かも知れません。

バックハンド側に打って、前に出る。

最初に決めた作戦を実行しやすい、リターンで実行していく・・・のは、シングルスの試合での常套手段です。

でも、意外とやる人少ないんですよね。

ということは、チャンスがあるということ。

ぜひ、学生の皆さんも試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、自分というパートナーがいる

    最近のテニスの試合では、コーチングをベンチで受けることが出来る試合があ…

  3. シングルス

    「シングルスなんだから」ダブルスの試合とは違うテニスの技術が求められる

    レッスンをする時、当然シングルスのレッスンなのかダブルスのレッスンなの…

  4. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  5. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意…

  6. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

特集記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない
  2. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない
  3. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  4. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    細か過ぎるけど、絶対に試合で使えるダブルスのセットプレー7選
PAGE TOP