テニス メンタル

メンタル

テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。

学生、一般限らず、試合で勝てそうなオーラを出している選手って、なかなか少ない。

もちろん、現実的に考えて勝つのが難しい・・・ような相手との試合は、気持ち的にも厳しいのは理解できます。

ですが、余りに自信が無そうな人を見ると、こんなメッセージを贈りたくなる。

学生の皆さん、一般社会人、ベテランで頑張る皆さん、もっとアナタ自身の良さに目を向けましょう。

 

テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

 


 

■自分のテニスの良さや強みは、必ず有る

試合に出て負ける、練習で上手くいかない、失敗続きで怪我も多い・・・。

テニスを続けていると、泣きたくなるようなことばかり。

ですが、アナタ自身で絶対に忘れて欲しくないことは、アナタ自身のテニスの良さであり強み。

「それが何か分からない」という人は、まず本気で自分のテニスについて考えてみる。

自分が写った動画を観てみる、人に話を聞いてみる。

一人で悶々と考えていても、絶対に良い方向にはいきません。

テニスの試合で勝てなければ全てがダメ、という発想こそダメだしもったいないのです。

 

■自分の強みが分かれば、コンプレックスに対抗出来る

自分の強みが分からない人は、周りをうらやむことが中心になる。

私は、このコンプレックスもテニスを上達させていくうえで大事な要素だと思っていますが、それだけだと意味が無い。

自分の「強み」を知ることで、コンプレックス、劣等感を克服出来ると思っています。

むしろ、自分の強みが分かれば弱みだって武器に出来る。

なぜなら強みと弱み、長所と短所なんて紙一重の差。

考え方の違いなんですから。

 

■対戦相手に抱くコンプレックスは、「相手の弱み」と考えよう

私は試合中、こう考えるようにしています。

例えば、サーブがめちゃくちゃ速くて凄い、キープ率も高いような相手と対戦したときに、一瞬はコンプレックスに感じる。

「自分には、こんなサーブは打てないなぁ・・・」と。

でも次の瞬間には、「このサーブさえ崩せば、きっと相手は手詰まりになるな」と思うようにしています。

実際に、サーブが良い選手ほど、それを攻略されると弱い。

サーブが良いことで、ストロークやボレーを鍛える機会が少ないとも言える。

この考え方には、「自分はリターンが得意だ!」という意識が背景に働いている。

そう、自分の強みを理解しておけば、相手に抱くコンプレックスなんて怖くないのです。

 

今回はサーブとリターンを例に出しましたが、もっとたくさんの事例がアナタの周りにはあるはず。

自分の強み、武器、良さ・・・きっと過小評価して埋もれてますよ。

もったいないので、今すぐ掘り出して、試合で使っていきましょう。

掘って掘って、覗いていく作業が、アナタには足りないと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

  2. テニス 練習

    メンタル

    1セットマッチ5-5からの試合終盤は、技術以上に〇〇の差が大きく出る

    テニスの試合、ほとんどが1セットマッチ。この試合形式、競って5…

  3. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ

    試合に負ける、ということ。私たちは大人になっても、この経験が出…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、「失点か得点」の2種類しかないという事実

    テニスの試合、そして練習。意識を高く持って継続出来る選手は、練…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つのこと

    今年は暖かい冬と言われていますが、まだまだ寒い時期でのテニスの試合は多…

  6. メンタル

    テニスの試合中、「緊張した場面では口角を上げて」、意図的に自信を取り戻そう

    試合の緊張した場面、アナタはどんな形で解消していますか?緊張す…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる
  4. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?
  5. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
PAGE TOP