テニス チャンス

メンタル

マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない

テニスの試合に勝ちたい、と考えているみなさん。

であれば、この問題はいつも考えていてほしい・・・と、何度か同じような内容で書いて来ました。

「またか」と思う方も多いでしょう。

でも、きっとそういう方は以前と比べると格段に強くなっているはずなんですよね。

練習から意識しておく、試合で乗り越える壁を喜んで迎える。

そういう雰囲気の選手、に成長出来ているんだと思います。

 

マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない

 

1.試合に勝つとは、マッチポイントを取り切るということ

迎える、だけだと勝ちでは無い。

自分のマッチポイントを、しっかり取ってこそテニスの試合は「終わる」ことが出来るんです。

テニスの試合、ルールは、何度も書いて来ましたが本当に残酷なくらい無常、です。

自分のマッチポイントを逃したと思ったら、もう相手のマッチポイント。

これの繰り返し、神経戦だってたくさんある。

いかに、自分のマッチポイントを平常心で取り切ることが出来るのか。

これには、創意工夫と準備、が不可欠です。

 

2.緊張しないように、なんて出来ない

5-4で40-30、アナタのサーブ。

あと1ポイント、ですが、落としてしまうとデュースに入っていく。

マッチポイントのようで、完全に自分が優勢とも言えないような状況ですよね。

「ここを逃したら、もう勝つチャンスが来ないかも・・・」と思うのが普通、です。

これを、緊張しないように準備するのは大変ですし、緊張するなと言う方が無理でしょう。

出来ることは、「何をやるのか」を決めておくこと。

積極的にいくのか、相手のミスを待つのか、アナタなりの結論を出しておきましょう。

 

3.シコラータイプの人でも、相手のミス待ちはお勧めしない

私の持論は、こうです。

マッチポイント、つい相手のミス待ちをしてしまう。

これが普通、です。

だからこそ、あえての積極策でいく。

セカンドサーブになっても、入れにいかない、振っていく。

ネットダッシュするのも、私は有効だと思いますよ。

自分が緊張していると気付いたら、身体を大きく動かす、走っている方が楽ですしね。

試合前から、「マッチポイントは大枠この作戦でいこう!」と決めておく。

これって、誰でも出来ること。

ですが、なかなか出来ないのが事実でしょう。

 

4.通過点である、マッチポイントをイメージして

マッチポイントの前のポイント、からもう意識を高めておく。

マッチポイントは通過点、例え自分のマッチポイントになっても、慌てないで準備通り。

ここを通過しないで勝利、はテニスの試合では有り得ない訳ですから。

やるべきこと、は明白なはずです。

自分の通過点を、イメージ通り通過していく。

これも、成功体験を重ねていくことが大事だと思いますよ。

良いんです、失敗しても。

思った通りにいかない、でもその「思う」ところからまずはスタートですから。

 

試合に強い人って、やっぱりマッチポイントの戦い方が上手いんですよね。

「そこで、これか!」と思うような作戦、を入れて来る。

そして、ハッキリしていて迷いが無い。

こういう相手、一番嫌じゃないですか・・・マッポでチキってくれるのを期待してるのに、こっちは。

アナタ自身、どうでしょうか。

通過点としての覚悟、準備、出来てますか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したことありますか?

    テニスの試合で強い人、あまり表情が乱れない、どこかクールな印象はありま…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「スコアを追いつくこと目標」だと、逆転なんて夢のまた夢

    テニスの試合・・・皆さんは、どんな展開が多いですか?逆転の試合…

  3. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

  4. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

  6. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意…
  2. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が…
  3. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない
  4. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスを組み慣れていない、初めての人とはどういう作戦でいく?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い
PAGE TOP