テニス ボレー

ストローク

相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。

アナタが実践する効果的な作戦は、相手もやってくる、のは当たり前。

だからこそ、準備しておきたいと思いませんか?

バックハンドにボールを集められても、逆に反撃出来る策を。

 

相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

 

1.ネットに出る

バックハンドを攻められて苦しいのは、後ろにいるから。

高い打点で深い位置、でのストロークはどうやったってしんどいのです。

ダブルスなら、前に出てストロークではなくボレー戦に持ち込む。

バックハンドボレーは難しいかも知れませんが、相手にとっては後ろにいてくれる方が楽ですし、バック狙いがしやすいんですよね。

 

2.ライジングショットで下がらない

相手の狙いは、アナタのバックハンドで「チャンス」を引き出すこと。

深いボールで後ろに下げる、ことが狙いですので、それをさせない為に前に入る。

ライジングショットは、攻撃というより攻撃的な守備、として絶対に必要です。

ベースライン上、もしくは1歩前、のイメージで速く準備して足を決めて、高い打点で打てるようにしていきましょう。

 

3.スライスショットを混ぜていく

バックハンド狙い、にも色々あります。

ジワジワと緩いボールでバックに集めるようなときや、ハードヒットでガンガン来る、ときもあるでしょう。

いずれも、バックハンドで「スライス」が使えないと自分が戻る時間を稼げない。

スライスを使えると、相手も「この選手はバックハンド、粘り強いな・・・」と思って、フォア側への展開にシフトしてくれる可能性も高い。

スピンやフラットしかないと・・・恰好のバックハンド狙いの餌食、になりますよ。

 

4.緩いボールは回り込む!

基本ですが、これが一番効果的です。

「君のバックハンド狙い、もうばれてるよ!」というメッセージを、相手に送る。

そしてフォアハンドで攻撃していくことで、逆に相手の狙いを反撃する。

思い切って、先回りするくらいで良いと思いますよ。

フォアハンドのグリップで、山なりなバックハンド側のボールを仕留めてきましょう。

 

5.バックハンドのダウンザラインを磨く

相手は恐らく、フォアハンドの逆クロス、でアナタのバックハンドを攻撃してくるでしょう。

この戦術に対抗するには、やはりアナタ自身、「バックハンドでダウンザライン」に打てるショットが欲しい。

右利き同士なら、相手のフォアハンド側の空いているところ、を狙って打っていく。

そうすれば、相手も無理に回り込むのが難しくなって、バックハンド狙いが出来なくなる。

シングルスではぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

バックハンド狙い、としっかり向き合うこと。

逃げるのではなく、逆に相手からの配球を攻撃に活かす。

これくらいの思い切り、がある選手がテニスでは結果を出していく。

まぁ、もうやってくることは分かっている訳ですからね。

後はしっかり、準備しておくだけでしょう。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから

    良いストローク、スピン回転の基本。改めて、今回は「ラケットダウ…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方

    ダブルスだけでなくシングルスでも、試合で意外と使う機会が多いのがロブシ…

  3. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手いから勝てる!

    試合に勝てる選手は、「ポイントを作るのが上手い」とよく言われます。…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない

    テニスの試合で有効な、ドロップショット。でも「打つのが怖い・・…

  5. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る

    両手バックハンドストローク、みなさんしっかり打ててますか?両手…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう

    苦手ショットの時に、ラケットを振り切れない人が多い。ま、苦手だ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか
  3. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの
  4. リターン

    リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する
  5. テニス ストローク

    ストローク

    せっかくサーバーの相手を追い詰めているのに、「セカンドサーブを強打してミス」する…
PAGE TOP