テニス 駆け引き

戦術

自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう

試合で使える武器、戦術は何か?

普段から、みなさんも自分で考えているはずです。

それなりに、自分なりに武器と考えているショットは何個かありますよね。

でも、そのショットを本当に活かせるかどうか、はアナタ次第。

だからこそ、こういう発想は必要ですよね。

 

自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう

 


 

1.武器は打って終わり、使って終わり?

テニスは、投げっぱなし、打ちっぱなしの競技ではありません。

フィギュアスケートや体操競技のように、採点種目でもない。

アナタ自身が最高の武器、十八番のショットを繰り出したとしても、問題は相手がどうなのか?

打って終わり、ではもちろんダメですよね。

必要なのは、「自分の武器って、どう対応されているんだろう?」とイメージしてみること。

今までの傾向、をまとめてみること。

そうすることで、初めて試合で使える武器に昇格出来るんです。

 

2.例えば、フォアハンドの逆クロスなら?

私は今日も、関東学生の試合を観戦してきました。

そこで感じたのは、やっぱり男子も女子も「回り込みのフォアハンド、逆クロス」を武器にしている選手が多いということ。

でも、このショット、どんなに良いコースに速く打っても、相手も読んでいる。

自分も打つショット、だから予測もしやすいんでしょうね。

そこで結構、反撃に遭うパターンも見受けられました。

バックハンドのダウンザラインに展開されたり、ちょっとずつ「無理な回り込み」を誘われたり・・・と。

武器には必ず、それに対する対応策があるのがテニスですから。

しっかり傾向を掴んでおく、ことが大事です。

 

3.武器を組み合わせる、という発想が大事

何事も、単発は厳しい。

2.のようなフォアハンド逆クロス、だけ繰り出して取れるポイントは限られているはず。

だからこそ、そこにネットプレーを組み合わせたり、速い展開に持ち込む武器を用意しておく。

組み合わせてこそ、その前の武器が活きますよね。

「相手はきっと、こういう対応をして来る」とイメージ出来ているから、先回り出来る。

打って満足、な選手は試合で勝てないのは当然です。

 

4.武器を出して、見てもらって満足、な選手は勝てない

当たり前ですよね。

これは、どんなレベルでも言えます。

学生の大会でも、観客や応援が多いと、「自分の武器」を出しただけで満足する選手は本当に多い。

「ね?自分ってすごいでしょ?」と、言いたいだけなんですよね。

ここで満足しているから、勝負への執着心も無い。

当然、相手に対応されたら武器なんて武器じゃなくなる、そうなると戦意喪失。

みなさんの周りにも、そんな人いませんか?

 

「技術があるのは、分かるよ」という人。

すごく多いんですよね・・・テニスの試合を、採点競技と勘違いしている人。

だからこそ、アナタにはしっかり考えて欲しい。

自分の武器で、試合で何が起きるのか。

それに対して、どうすれば相手は嫌なのか・・・を。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提

    テニスの試合、大きく分けて二つあると思います。一つは、デュース…

  2. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方について

    今回はご質問があった、このテーマについて。実は私も、この問題・…

  3. テニス 練習

    戦術

    相手のミスがこのまま続く、とは思わないこと

    私たちは、つい期待してしまいます。序盤のリード、このまま相手が…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおける戦術とは、「今ある技術だけを使って勝つ為の方法論」だと考えると割り切れる

    テニスに戦術って、必要なの?というご質問も、よく頂きます。…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと

    1セットマッチの試合でも、試合の中で良いとき、悪いとき、は必ずあります…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識

    テニスのルール。皆さんも試合中、ほとんど意識することは無いです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる
  3. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
  5. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」
PAGE TOP