テニス ストローク

戦術

相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる

試合で相手を観察して、特徴をつかみたい。

でも、なかなかどんな特徴なのか、イメージ出来ないし作戦に活かせないという方も多いでしょう。

今回は、何となく相手を見るのではなく、テニス選手として作戦に活かせる見方、について考えてみましょう。

基準を持つ、ことから全ては始まるはずです。

 

相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる

 

1.例えば、相手のリターンの位置は?

まず、ポイントの始まりであるサーブ。

相手のどこを見るのか、といえば立っているポジションですよね。

このポジションが、フォア寄りなのかバック寄りなのか。

前なのか、後ろなのか。

これには、アナタ自身で基準を持っておくこと、が大事になります。

私の基準は、横のバランスはシングルスのサイドライン、に外側の足がかかる。

前後はベースラインの真上、が基準になります。

この基準があるから、「あ、この選手はフォアで待ってるな」と仮説が立てられる。

自分で基準を作ってしまえば、観察が楽なんです。

 

2.相手を見たら、仮説を立てることから

必ず、これを実行してください。

見て終わり、じゃない。

何となくでも良いから「〇〇かもしれない」と仮説を立てる。

リターンのポジションを見て、フォアかバック、どっちで待っているのか。

タイミング早く踏み込んで来そうか?など。

自分で感じて、サーブに活かしていかないと意味が無いですからね。

基準のポジションと比較して、仮説を立てて検証する。

だから観察してのプレー、が有効になるんです。

 

3.相手の行動には、必ず根拠がある

と、私は思って見ています。

フォア寄りで待っているなら、フォアハンドが得意かバックが苦手。

または自分のサーブを揺さぶろう、という意図があるかも知れない。

相手の行動にはすべて、何かしらの根拠があると思って間違いない、です。

その根拠にこそ、アナタ自身の勝利の種がある。

苦手にしていること、だったり得意なこと、作戦が透けて見えるはずですから。

ここまで読めるようになれば、もう試合が楽しくて仕方ないと思いますよ。

 

4.基準ピッタリ、な相手は・・・本当に厄介

リターン一つ取っても、バランスの良いポジション、の相手は厄介ですね。

バランスが良いから、穴が無い。

こういう時には、どういうプレーでいきましょうか?

私はいつも、自分が得意なパターン、でまずは勝負していくようにしています。

そこで何かを意識させることが出来れば、相手もそれに合わせて微妙に立ち位置を変えて来る。

そうなれば、こちらも攻撃が楽になりますからね。

強い相手、は何よりバランスも良いはず。

でも倒していく、その意図を大事にしましょう。

 

相手を見て、強い相手と感じるかどうか。

これも、大事なアナタ自身の強さです。

実際に、「これは勝てそうだな」とも思えるようになるでしょう。

それくらい、基準を持って相手のポジションを見れば、気付くことも多い。

ぜひ、試合の中で実践してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い

    テニスの試合、風は厄介な存在・・・ですよね。でも、風上ならOK…

  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚えておくこと

    よく、「相手を観察しろって言うけど、どこを観れば良いのか分からない」と…

  4. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事

    「負けるはずのない相手に、負けてしまう」ことも、テニスの試合で…

  6. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

    テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。遠くのボール、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?…
  5. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いや…
PAGE TOP