テニス 楽天

戦術

初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る

初対戦の試合って、みなさん得意ですか?

苦手という方、の方が実際は多いんじゃないでしょうか。

大会に出ると、まずほとんどは初戦から初めましての相手、が多いですよね。

慣れた相手もやり辛いと感じることもありますが、初見の相手こそ、アナタ自身の実力が出やすい。

今回は、このテーマで考えてみましょう。

 

初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る

 

1.観察しながら試合を作る、ことが求められる

相手のことを知らない状態。

だから、色々と打たせてみるのが大事、ですよね。

序盤に相手と会話するように、「バックは打てる?」「ネットプレーは得意?」みたいな感じで、相手を動かさないといけない。

甘いボールだと、決められてしまいますから・・・難しいですよね。

このショット、が打てるかどうか。

どういうレベルで打てるのか、がアナタ自身のレベルを如実に表している、と考えた方が良い。

初見の相手との試合、こそ自分の実力が出やすいのがテニスです。

 

2.スライスが使えないと、辛い

だから、私はスライスを使います。

コントロール重視で、相手から攻撃され辛いショット。

攻撃していくのも難しいけど、安定して走った後でも使いやすい。

こういうショットが打てると、相手を裸にしやすいのがテニスなんですよね。

初見の相手、の対策としてスライスは必要。

ドロップショットにロブ、で相手を動かしやすいのはスライスですからね。

この機会に、使えるようになって初対戦の相手、に強くなってみませんか?

 

3.未知との遭遇、に強くなるには好奇心が大事

そもそも、初めて戦う相手をどうとらえるのか。

嫌だ、と思うのか、面白い、と思うのか。

この視点って、すごくアナタ自身のテニスのスタンスに関わってくると思いますよ。

どうしても、人は知っている相手と、知っている感じで、知っている試合をしたい。

出来るだけ、未知との遭遇は避けたいと思うのが自然です。

好奇心、が無いと厳しいですよ。

それはテニス自体に対する探究心であったり、対戦相手に対するる興味であったり。

これが持てない人は、そもそもテニス選手として成長していくのが難しいでしょう。

 

4.未知との遭遇で、自分の未知なる部分も出て来る

これが、アナタ自身の成長の種です。

自分自身の、知らない部分も出て来る、のが初めて戦うような試合でしょう。

なにせ、どんなことが起きるか分からない。

そこに自分がどう対応していくのか、も分からないのが現実ですから。

厳しいですが、ちょっとワクワクする。

自分の中で、何かを感じて試合を勝っていく、ことが出来るのかどうか。

強い人って、こうやって自分を上手く発掘出来るんですよね。

みなさんは最近、新しい自分についての発見、ありましたか?

 

5.初対戦の相手こそ、相手に合わせて戦おう

「とにかく、自分のテニスをすれば良いんだよ」と思う方も多いでしょう。

でも、その方のスタイルが通じない、調子が悪いことも考えられる。

私なんかは、知らない相手との試合はとことん相手に合わせます。

スコアも、3-3くらいまでイーブンで全然OK。

そこまでに情報を得て、相手が嫌なスタイル、試合の形にもっていく。

焦らず、情報を集める段階を経ること、を意識しています。

もちろん、強い相手だとそれも厳しいこともありますが・・・何より、この相手に合わせるというスタンス、は自分の中で確立させておく。

まぁ、それが自分のテニスみたいなものですからね。

 

初見の相手、初対戦に強くなる。

これって、実はすごく大事なことなんですよね。

テニスの試合、一度勝った相手と次対戦するのって、やっぱり精神的に楽じゃないですか。

初対戦の試合を落としてばかりいると、どんどん苦手な相手が増えていく。

根本を変えていく意識、私は大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない

    強い相手は、試合の中でも修正が早い。「でもそれって、経験豊富で…

  2. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上

    試合の中で、「振ってしまった・・・」と思うボレーミス。結構凹ん…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「何も攻撃して来ない相手」には、あえて空きコースを作って狙わせてみると良い

    「攻撃して来ない相手」って、嫌じゃないですか?まぁ、シコラーと…

  4. テニス ボレー

    戦術

    堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない

    ダブルスの試合、守備力を上げたいならこの戦術。本当、だまされた…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスというスポーツは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く

    テニスというスポーツ、皆さんは他の競技と比べてどんな特徴があると思いま…

  6. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

    ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪いって気付かないと
  3. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ
  4. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  5. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ
PAGE TOP