テニス ダブルス

その他

「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産になっていく

皆さんは、こんな経験無いですか?

自分の親くらいの年齢の人とテニスの試合をして、普段全く慣れないプレースタイルにとまどったこと。

並行陣で粘られて、迷いながら試合が終わってしまったこと。

私は、今でも良い経験として覚えています。

「こんなテニスもあるんだ・・・」と、負けた悔しさよりもどこか発見した嬉しさの方が勝ったような記憶があります。

 

「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産になっていく

 


 

■「おじさんテニス・おばさんテニス」とバカにしている若者へ

実は私も昔、少しその気持ちがありました。

「年を取ったら、あんな感じのテニスになるのか・・・」と。

今ではとても、恥ずかしいことだったと、それからもったいないことだったと思うんです。

年齢が違う人たちとテニスをすると、まず自分たちの弱点が分かる。

並行陣について知らなかったがゆえに負けてしまいましたが、高校生も上のレベルになるとみんな男子は並行陣ですよね。

経験を活かせていれば、並行陣への対策も出来ていたかも知れない。

せっかくのチャンスを、自分で手放してしまったように思います。

 

■まだ観ぬテニスに、どんどん触れていこう

アナタ自身、普段観ているテニスはどんなテニスですか?

恐らく学生の方は、自分たちの参加する大会と錦織選手の試合をテレビで少し・・・という感じじゃないでしょうか。

悪くないと思いますが、それではもったいない。

年齢層が違う大会や、プロの試合でも下部の大会を生で観る機会があれば、ぜひ会場まで行って欲しい。

「田舎に住んでいて、どこにも行けない」という方は、親に志願してでも交通費をもらっていくべき。

その交通費分の元を取れるかどうかは、アナタ次第です。

 

■テニスの試合は、基本的に「初見」の相手になる

たくさんのテニスに触れていると、初見の相手に強くなる。

初めて見た対戦相手に、いかに冷静に対応出来て勝ちを拾えるか。

しっかり色々なテニスに触れる、その絶対的な経験は量がものを言います。

自分のテニスを練習することだけに偏っていると、試合でも自分のことだけで頭がいっぱいになる。

もっと対戦相手、テニス界全体に興味関心を強く持ってみましょう。

きっと新しい世界が、拡がっていくはずです。

 

テニスに強くなる、ということは確かに技術力が向上するということもある。

体力も大事。

ですが同じくらい、経験も大事です。

経験とは、実際の試合で対戦した経験だけじゃない。

ラリーしたりその選手と会話したり、テニスを観戦したり・・・アナタ次第でいくらでも増やせる部分でもあります。

どんな経験が詰めるか、一度書き出してみませんか?

技術は向上しているのに勝てない、伸び悩んでいる人にとっては、思わぬヒントになるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない

    このサイトでは、テニスはとにかく安定感が大切であり、それをどう保つかに…

  2. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です!

    自分自身を、成長させたい。このサイトを観ている方であれば、少な…

  3. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう

    「どうも、今日は調子が良くなった・・・」と、敗因が曖昧になる。…

  4. その他

    試合で勝てるチームを作るテニス部のキャプテンは、「仕事を任せられる人」です

    テニス部で頑張っている皆さん、特にキャプテンとしてチームをまとめている…

  5. テニス 準備

    その他

    自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント

    今までは、自分のテニスが「不調なとき」にスポットを当てる機会が多かった…

  6. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?

    秋はファッション、おしゃれが楽しい時期ですね。テニスをしていて…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきま…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度の…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
  4. メンタル

    未来は過去の延長線上、では無い
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
PAGE TOP