テニス ダブルス

その他

「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産になっていく

皆さんは、こんな経験無いですか?

自分の親くらいの年齢の人とテニスの試合をして、普段全く慣れないプレースタイルにとまどったこと。

並行陣で粘られて、迷いながら試合が終わってしまったこと。

私は、今でも良い経験として覚えています。

「こんなテニスもあるんだ・・・」と、負けた悔しさよりもどこか発見した嬉しさの方が勝ったような記憶があります。

 

「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産になっていく

 


 

■「おじさんテニス・おばさんテニス」とバカにしている若者へ

実は私も昔、少しその気持ちがありました。

「年を取ったら、あんな感じのテニスになるのか・・・」と。

今ではとても、恥ずかしいことだったと、それからもったいないことだったと思うんです。

年齢が違う人たちとテニスをすると、まず自分たちの弱点が分かる。

並行陣について知らなかったがゆえに負けてしまいましたが、高校生も上のレベルになるとみんな男子は並行陣ですよね。

経験を活かせていれば、並行陣への対策も出来ていたかも知れない。

せっかくのチャンスを、自分で手放してしまったように思います。

 

■まだ観ぬテニスに、どんどん触れていこう

アナタ自身、普段観ているテニスはどんなテニスですか?

恐らく学生の方は、自分たちの参加する大会と錦織選手の試合をテレビで少し・・・という感じじゃないでしょうか。

悪くないと思いますが、それではもったいない。

年齢層が違う大会や、プロの試合でも下部の大会を生で観る機会があれば、ぜひ会場まで行って欲しい。

「田舎に住んでいて、どこにも行けない」という方は、親に志願してでも交通費をもらっていくべき。

その交通費分の元を取れるかどうかは、アナタ次第です。

 

■テニスの試合は、基本的に「初見」の相手になる

たくさんのテニスに触れていると、初見の相手に強くなる。

初めて見た対戦相手に、いかに冷静に対応出来て勝ちを拾えるか。

しっかり色々なテニスに触れる、その絶対的な経験は量がものを言います。

自分のテニスを練習することだけに偏っていると、試合でも自分のことだけで頭がいっぱいになる。

もっと対戦相手、テニス界全体に興味関心を強く持ってみましょう。

きっと新しい世界が、拡がっていくはずです。

 

テニスに強くなる、ということは確かに技術力が向上するということもある。

体力も大事。

ですが同じくらい、経験も大事です。

経験とは、実際の試合で対戦した経験だけじゃない。

ラリーしたりその選手と会話したり、テニスを観戦したり・・・アナタ次第でいくらでも増やせる部分でもあります。

どんな経験が詰めるか、一度書き出してみませんか?

技術は向上しているのに勝てない、伸び悩んでいる人にとっては、思わぬヒントになるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に出場するとき、「会場に着いたら、まずやるべきこと」を5つ挙げてみた

    テニスの試合に出場するときに、会場に到着したらまず何を行いますか?…

  2. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる

    テニスの試合、もしかしてアナタは「損」をしているかも知れない。そう…

  3. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?

    「部活の和が、乱されてしまう」「テニスは上手いんだけど、周りへ…

  4. テニス ラグビー
  5. テニス サイト

    その他

    テニスフリークならチェックしておきたい!テニス情報サイトとは?

    最近は、地上波でも放送されるようになったテニス。テレビのニュー…

  6. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ

    良いコースにストロークやボレーを打っても、相手が先回りしていて反撃され…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転…
  2. ストローク

    「ストロークの時のグリップとスタンス」プロテニス選手が実践する技術には、必ず理由…
  3. テニス ボレー

    戦術

    1セットマッチの試合では、「プレーしながら常に2ゲーム先」も考える癖を付けよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    胸を張れるかどうかが一つの基準になる
PAGE TOP