テニス ストローク

テニススクール

覚えることより、使えることを増やしていこう

みなさんも練習していて、「どうも試合で使えていない」ようなこと、たくさんありますよね。

陣形にしてもテクニックにしても、せっかくスクールで習っても使えない。

それって、やっぱり習う時点からの発想を変えていかないと難しい。

いつでも、自分が明日試合のイメージで。

そこでどう使うのか、が大事ですからね。

 

覚えることより、使えることを増やしていこう

 

1.覚えること、に必死じゃない?

みなさん、結構こうじゃないですか?

何かを学ぶ、テニスのレッスンでも必死で覚える。

覚えることに必死で、それをどう使うか・・・までは、なかなか頭が回らない。

確かに、ポジショニングや「この時、どうする?」というセオリーは、覚えないといけません。

でも、覚えることが目的になってしまっては、試合で使えない。

まずは理解して、自分の中でかみ砕いてみる。

この作業が、試合に出る人には絶対に必要です。

 

2.覚えたら使ってみて、相手の反応を見る

実際に、使ってみると分かります。

並行陣だって、かなり相手によって反応が違う。

並行陣慣れしている相手なら、動じないししっかり沈めて来るでしょう。

並行陣慣れしていない相手なら、すぐに慌ててロブ、になるようなケースも多いでしょうね。

ただ覚えて実行する、だけだと、相手によって反応が違うときに慌ててしまう。

これだけは、みなさんしっかり覚えておかないと。

試合では、色々な相手と初見で戦う訳ですからね。

 

3.使える技が増えているのか?を、常に意識すること

変わっていく、強くなっていくとはこういうこと、です。

使える技、が増えていくということ。

知識が増えるだけ、ではダメです。

色々知って、「へー」で終わらせてはダメ。

自分で実際に使ってみて、相手の反応も見つつ、試合の大事な場面でも実行出来るくらいに仕上げていく。

こういうこと、が出来る人って意外と少ないんですよね。

レッスンで学んでも、知っている、という状態で止まってしまう。

そこから先は、アナタ次第ですから。

 

4.試合で使ってはカスタマイズ、を繰り返すこと

この繰り返しです。

私自身、まだまだテニスというものを分かっていない、と思っています。

だって、毎回やってみては新しい発見、違いがある訳ですから。

そうやって気付いたことを、ここでは書かせて頂いています。

アナタのテニスなら、アナタなりの感覚があって絶対に良い。

知識を行動に興して、試合で使えるように変えていく。

この意識で、かなり上達スピードも上がると思いますよ。

 

今では、動画を見たり、色々と情報はたくさん無料で得ることが出来ますからね。

でも、試合で実際に使える人が多いかというと、それは疑問。

むしろ、アナログで昔から自分で工夫している人の方が、自分の技の増やし方、を知っている方が多いように思います。

みなさんも、知識ではなく使える技、コトを増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

    それが、普通だと思ってしまう。これが、一番私は危険なことだと思…

  2. テニス ボレー

    テニススクール

    知っておいて損は無い、私が考える「良いテニススクールの選び方」について

    社会人になって、テニススクールに通ってテニスを続けている方、多いですよ…

  3. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう

    テニススクールでのレッスン、この発想になったら要注意です。確か…

  4. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

    私がアルバイトコーチの頃には、よくこう言われたものです。「もっ…

  5. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

  6. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから

    テニススクールで、しっかり上達していくこと。これは、簡単なこと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいの…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です
  3. テニス ミーティング

    練習メニュー

    本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    錦織選手のストロークウォーミングアップ、で改めて気付くこと
PAGE TOP