テニス ストローク

テニススクール

覚えることより、使えることを増やしていこう

みなさんも練習していて、「どうも試合で使えていない」ようなこと、たくさんありますよね。

陣形にしてもテクニックにしても、せっかくスクールで習っても使えない。

それって、やっぱり習う時点からの発想を変えていかないと難しい。

いつでも、自分が明日試合のイメージで。

そこでどう使うのか、が大事ですからね。

 

覚えることより、使えることを増やしていこう

 

1.覚えること、に必死じゃない?

みなさん、結構こうじゃないですか?

何かを学ぶ、テニスのレッスンでも必死で覚える。

覚えることに必死で、それをどう使うか・・・までは、なかなか頭が回らない。

確かに、ポジショニングや「この時、どうする?」というセオリーは、覚えないといけません。

でも、覚えることが目的になってしまっては、試合で使えない。

まずは理解して、自分の中でかみ砕いてみる。

この作業が、試合に出る人には絶対に必要です。

 

2.覚えたら使ってみて、相手の反応を見る

実際に、使ってみると分かります。

並行陣だって、かなり相手によって反応が違う。

並行陣慣れしている相手なら、動じないししっかり沈めて来るでしょう。

並行陣慣れしていない相手なら、すぐに慌ててロブ、になるようなケースも多いでしょうね。

ただ覚えて実行する、だけだと、相手によって反応が違うときに慌ててしまう。

これだけは、みなさんしっかり覚えておかないと。

試合では、色々な相手と初見で戦う訳ですからね。

 

3.使える技が増えているのか?を、常に意識すること

変わっていく、強くなっていくとはこういうこと、です。

使える技、が増えていくということ。

知識が増えるだけ、ではダメです。

色々知って、「へー」で終わらせてはダメ。

自分で実際に使ってみて、相手の反応も見つつ、試合の大事な場面でも実行出来るくらいに仕上げていく。

こういうこと、が出来る人って意外と少ないんですよね。

レッスンで学んでも、知っている、という状態で止まってしまう。

そこから先は、アナタ次第ですから。

 

4.試合で使ってはカスタマイズ、を繰り返すこと

この繰り返しです。

私自身、まだまだテニスというものを分かっていない、と思っています。

だって、毎回やってみては新しい発見、違いがある訳ですから。

そうやって気付いたことを、ここでは書かせて頂いています。

アナタのテニスなら、アナタなりの感覚があって絶対に良い。

知識を行動に興して、試合で使えるように変えていく。

この意識で、かなり上達スピードも上がると思いますよ。

 

今では、動画を見たり、色々と情報はたくさん無料で得ることが出来ますからね。

でも、試合で実際に使える人が多いかというと、それは疑問。

むしろ、アナログで昔から自分で工夫している人の方が、自分の技の増やし方、を知っている方が多いように思います。

みなさんも、知識ではなく使える技、コトを増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる

    毎日暑い、本当に一年で一番暑い時期・・・。本当にコートに立って…

  2. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

    テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。…

  3. テニス 練習

    テニススクール

    女性がテニススクールで男性のボールに対抗する為に、必要なこととは?

    テニススクールに長くいて、ある程度上のクラスに昇格した女性のみなさん。…

  4. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて

    みなさんも、テニススクールでこんなアドバイスを受けたこと、ありません…

  5. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない

    みなさんの中にも、「一体自分は、中級?上級?」と悩んでいる方も多いと思…

  6. テニススクール

    テニスが上手い人は、コーチに向いている?

    「将来テニスコーチになりたいんですが、何を勉強しておけば良いですか?」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    ファーストサーブが入らない、本当の理由
  2. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよ…
  3. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う
PAGE TOP