テニス メンタル

戦術

テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒

「とにかく、テニスの試合が苦手・・・」という、みなさん。

もっとゲーム感覚で、楽に考えて良いと思います。

そう、発想としてはあの「モグラ叩きゲーム」です。

学生の方は・・・もしかしたら遊んだことが無いかも知れませんが、一緒に考えてみましょう。

大事なのは、考え方です。

 

テニスの試合は、「モグラ叩きゲーム」と一緒

 


 

1.モグラ叩きゲーム?

モグラ叩きゲーム、ゲームセンターで遊んだ経験のある方、多いと思います。

家庭用のおもちゃとしても、発売されてますね。

出典:amazon

 

このゲーム、の特徴と言えば・・・?

そう、モグラが出て来る穴は「決まっている」ということ。

テニスの試合でも、実は一緒なんですよ。

モグラ叩きのように、しっかりと出て来る穴、だけ抑えておけば良い。

怯える必要も無いし、慌てる必要も無いんです。

 

2.テニスのサービスエリアは、まさにモグラの穴と一緒

私は、こう考えるようにしています。

だって、相手はこのエリア内、に打ってくれる訳ですから。

コートは広いですが、サービスエリアは狭い。

そう思えれば、すごく楽じゃないですか?

ここでモグラを叩く準備、をしっかりする。

ここ以外に出てくれば、それは相手の反則、フォルトになる。

そう考えると、すごく精神的に楽になりますよね。

 

3.ラリーになっても、発想は同じで良い

「でも、ラリーになったらどこに来るか分からない・・・」と、思いますよね。

でも、本当にそうでしょうか?

実際、私たちの試合のレベルでは、相手の技術をよく観察すればコースは限られる。

打って来る場所、球種、絞られるはずなんですよね。

だから、そこをモグラの穴だと思って待ち構える。

よく考えれば、ドロップショットを使う人なんて少ないじゃないですか。

打って来るのは、両サイドかセンター、の深い場所のどこかでしょう。

それも、バックハンドならストレート、ダウンザラインはそんなに来ない。

こうやって試合を進めながら、相手の穴、モグラの穴を見つけていく。

それがテニスの試合では、必要です。

 

4.全てを叩く必要は無いし、無理です

このゲーム、やってみると意外と難しい。

だって、同時に2~3匹くらい出て来ることもありますからね。

叩くハンマーは、一つだけ。

だから、捨てるところは捨てて良い。

完璧に叩こう、叩き切ろうと思わないことが大事。

これも、私はテニスの試合に必要な考え方だと思いますよ。

一番出て来そうな穴、をしっかり警戒しておく。

そこを外されても、気にしない。

あくまでゲームですから、モグラが上手い時だってあるでしょう。

テニスの試合と、一緒です。

 

どうでしょう、こういう考え方。

以前に、テニスは定期テストに似ている、と書いたこともありました。

まさに、それに近い感覚ですね。

ぜひ、みなさんも相手の顔をモグラに見立てて、穴を探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

  2. テニス 練習
  3. テニス メンタル

    戦術

    強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

    みなさん、試合後の握手。どんな感じでしてますか・・・?って、あ…

  4. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?

    テニスの試合、みなさん感じるところはありませんか?粘ってくる相…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

    テニスの試合、ほとんどの試合は、こうじゃないでしょうか。強い側…

  6. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる

    「相手の調子が良かったから、負けました」「自分の調子が悪かった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップで…
  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?
  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打て…
  5. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
PAGE TOP