ダブルス

4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。

これは、ダブルスの試合では特にもったいない。

並行陣で試合を進めていくなら、この大原則、確認しておきましょう。

守備の基本スタンス、を変えるときっと試合でも良いポジショニングが出来るようになる。

 
 

下がったら守備範囲が拡がる、という期待

これは、違います。

みなさんも試合していたら、分かるかずです。

ボレー戦になって4人が前、そのときに下がってしまっては意味がない。

下がったら守備範囲が拡がる、という淡い期待は捨てる。

むしろ、下がったらそれだけボールに触れる範囲は狭くなる。

だって、ボールに近い位置の方がボールの「出どころ」を触れますからね。

だからこそ、ボールの出どころに近いポジション、を取ることを大事にする。

アナタ自身、意識して欲しい。

ダブルスこそ、しっかり前に居続けないといけないんです。



恐怖心に打ち勝とう

どうしても、怖い、という気持ちが先行してしまいます。

ボレー戦になってズルズル下がってしまう人は、どこかで怖がってるんですよね。

当てられるのが怖い、のもあるでしょうが、同時に「触ってもどこに打って良いか分からない」という方が多いように感じます。

何をやって良いか分からないから、取り合えず下がって守備、になってはいませんか?

これが普通、です。

女子ダブルスの試合を見ていると、ボレー戦で前に出れる人、少ないじゃないですか。

アナタ自身、ここで違いを出せれば勝てますよ。



相手がローボレーなら、足元ケアは必要無し!

まず、相手が打つ打点がネットより低いなら、上から足元、には来ない。

だったら、前に詰めてしっかり攻撃的にいきたい。

特にセンターはネットの高さが低いので、狙い目ですね。

4アップの陣形、全員がボレーになっても、前衛と後衛、という担当は変わらないですよ。

クロス方向の選手が後衛、ストレートにいる人が前衛、なのは一緒です。

だからこそ、前衛の選手は絶対に下がらない。

前でプレッシャーをかけること、が相手のミスにもつながります。

ましてや、ボレー戦では相手がより近くに見えますからね。

自然と相手の動きやポジション、がより気になるんです。

   

ロブボレーは、後衛に任せても良い

相手がローボレーのような場面で低い打点、強い相手ならロブボレーを打って来るかも知れませんね。

これは、後衛に任せて良い。

私は、4人で前の陣形、4アップになったら、前衛は後ろを捨てても良いと思っています。

後衛は大変ですけど、それ以上に前での決定力が欲しい。

ズルズル下がっていくよりは、前で勝負して後ろはカバー、でも良いでしょう。

女子ダブルスの試合、打破していくには思い切りが無いと。

前にいるのに、全然存在感が無い、触りたがらない方は、考え方を変えていきましょう。



相手からストロークで攻められる時も、下がらない方が良い

これも、しっかり下がり過ぎない意識が大事です。

つい、デッドゾーンあたりまで下がってしまいがちですけどね・・・。

下がると相手は打ちやすいし、守備出来る範囲は狭くなる。

前にいる状態でブロック、という意識で構えて守りましょう!

→YouTube公式チャンネルの登録はコチラ



女子ダブルスの決定力が無い、と悩んでいる方は、このあたり変えていきましょう。

きっと、前に出てもズルズル下がって・・・という方が多いと思います。

だからこそ、自分たちは下がらない、下がり過ぎない。

ボレー戦を制する確率、を上げれば試合に勝てます。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?

    ダブルスの試合に出ていると、きっとこういう難敵が待ち構えているはず。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

    ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートでの習慣5つ

    ペアの連携力、日々アップさせていきたいですよね。でも具体的に何…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、ア…

  5. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブ…

  6. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを作ろう

    テニスの試合、強い選手は自分の武器を有効に使っている。それはス…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!
  2. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ
  3. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ
  4. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?…
PAGE TOP