ダブルス

4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。

これは、ダブルスの試合では特にもったいない。

並行陣で試合を進めていくなら、この大原則、確認しておきましょう。

守備の基本スタンス、を変えるときっと試合でも良いポジショニングが出来るようになる。

 
 

下がったら守備範囲が拡がる、という期待

これは、違います。

みなさんも試合していたら、分かるかずです。

ボレー戦になって4人が前、そのときに下がってしまっては意味がない。

下がったら守備範囲が拡がる、という淡い期待は捨てる。

むしろ、下がったらそれだけボールに触れる範囲は狭くなる。

だって、ボールに近い位置の方がボールの「出どころ」を触れますからね。

だからこそ、ボールの出どころに近いポジション、を取ることを大事にする。

アナタ自身、意識して欲しい。

ダブルスこそ、しっかり前に居続けないといけないんです。



恐怖心に打ち勝とう

どうしても、怖い、という気持ちが先行してしまいます。

ボレー戦になってズルズル下がってしまう人は、どこかで怖がってるんですよね。

当てられるのが怖い、のもあるでしょうが、同時に「触ってもどこに打って良いか分からない」という方が多いように感じます。

何をやって良いか分からないから、取り合えず下がって守備、になってはいませんか?

これが普通、です。

女子ダブルスの試合を見ていると、ボレー戦で前に出れる人、少ないじゃないですか。

アナタ自身、ここで違いを出せれば勝てますよ。



相手がローボレーなら、足元ケアは必要無し!

まず、相手が打つ打点がネットより低いなら、上から足元、には来ない。

だったら、前に詰めてしっかり攻撃的にいきたい。

特にセンターはネットの高さが低いので、狙い目ですね。

4アップの陣形、全員がボレーになっても、前衛と後衛、という担当は変わらないですよ。

クロス方向の選手が後衛、ストレートにいる人が前衛、なのは一緒です。

だからこそ、前衛の選手は絶対に下がらない。

前でプレッシャーをかけること、が相手のミスにもつながります。

ましてや、ボレー戦では相手がより近くに見えますからね。

自然と相手の動きやポジション、がより気になるんです。

   

ロブボレーは、後衛に任せても良い

相手がローボレーのような場面で低い打点、強い相手ならロブボレーを打って来るかも知れませんね。

これは、後衛に任せて良い。

私は、4人で前の陣形、4アップになったら、前衛は後ろを捨てても良いと思っています。

後衛は大変ですけど、それ以上に前での決定力が欲しい。

ズルズル下がっていくよりは、前で勝負して後ろはカバー、でも良いでしょう。

女子ダブルスの試合、打破していくには思い切りが無いと。

前にいるのに、全然存在感が無い、触りたがらない方は、考え方を変えていきましょう。



相手からストロークで攻められる時も、下がらない方が良い

これも、しっかり下がり過ぎない意識が大事です。

つい、デッドゾーンあたりまで下がってしまいがちですけどね・・・。

下がると相手は打ちやすいし、守備出来る範囲は狭くなる。

前にいる状態でブロック、という意識で構えて守りましょう!

→YouTube公式チャンネルの登録はコチラ



女子ダブルスの決定力が無い、と悩んでいる方は、このあたり変えていきましょう。

きっと、前に出てもズルズル下がって・・・という方が多いと思います。

だからこそ、自分たちは下がらない、下がり過ぎない。

ボレー戦を制する確率、を上げれば試合に勝てます。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう

    選手時代は基本的にシングルスメインだったし、ダブルス出場する時も、適当…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう

    ダブルスの試合、なぜか「この人と組んでいると、調子が良い」という人、い…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある

    今回は、基本概念として知っておいて欲しいこと。ダブルスの試合、…

  4. ダブルス

    上級者は並行陣、でも実際の試合では…?

    テニススクールでも、上級クラスは並行陣。これが基本の考え方で…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと

    ダブルスの試合で、前衛の後ろを後衛がカバー。雁行陣なら、ボール…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で本当に効果的な、「凄いショットは凄いバウンド」という事実について
  2. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる
  3. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?
  5. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
PAGE TOP