テニス 確率

戦術

テニスの試合こそ、勇気は運気を支配する

「試合に勝つ為に、何が必要ですか?」

この質問に答えるのは難しいですが、結果的にこういう人が勝ち上がっていくかな、という共通点はあります。

それは、勇気を持って試合に臨み、行動すること。

私たちは、これが自分で出来ているのか、常に意識する必要があるでしょう。

 

テニスの試合こそ、勇気は運気を支配する

 


 

1.試合に出る、だけでひと段落?

してはいませんか?

確かに、試合に出るだけで、本当に勇気が要ること。

みなさんの中では当たり前のうようなルーティーンになっているかもしれませんが、学生でも社会人でも、試合に出るって大変なことですよ。

相手と戦う訳ですからね。

ですので、ついここでひと段落、してしまう。

試合に出ることで、満足して勇気を見せるところまで気持ちが乗っていかない、ということはあるでしょう。

大事なのは、まだスタートラインに立っただけ、という自覚です。

 

2.勇気のある行動に、技術は要らない

ダブルスなら前衛が動く、後衛が展開していく。

シングルスでも前に出る、相手にプレッシャーをかける。

こういうプレーは、実はほとんどの人がなかなか出来ない。

なぜなら、普通ではない、勇気が必要なプレーだからです。

勇気のある行動、を興せる選手が、最後は試合を勝ち上がっていく。

運気、も呼び込んでいくんですよね。

それは決して、偶然なんかじゃない。

しっかりした根拠があると、私は思います。

 

3.結果的に「ラッキー」のようなポイントに見えるだけ

例えば相手のダブルフォルト。

ちょっとしたアウトミス、ネットミス。

これらは、運が良いポイントではなく、自分の勇気が引き起こしたもの。

打ったボールがネットインする、時もそうですね。

勇気を持って出足が早いから、最後に数cm押し込める力、がボールに伝わる。

結果的にラッキーのようなポイントに見えて、実はアナタ自身が押しているから全て成功になるポイント、ということ。

運気を呼び込んでいるうようで、それは実に合理的なポイント、だと私は思いますよ。

 

4.「自分は運が良い!」と、試合中に連呼しよう

私が試合の時には、これを意識しています。

運が良い、自分はとにかくラッキーだと。

まずこうやって試合を出来ている時点でラッキーだし、勇気を持つことの意味を知っている。

運気はコントロール出来る、だからあたかも、もう運気が良いような雰囲気を作ってしまう。

「自分は運が良い!」と、試合中につぶやくだけで、かなり違うと思いますよ。

ダブルスのペアでも、「今日はラッキーだね」と言いながらプレーすることで、本当に試合に勝ってしまう。

騙されたと思って、やってみて下さい。

 

勇気は運気を支配する。

これは、本当にテニスの試合で大事なポイント。

実力をも凌駕していくのが、勇気のある行動、それを興すことです。

繰り返しますが、これは気付いているか、気付いていないか。

そしてやるかやらないか、です。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 並行陣

    戦術

    テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く

    試合前に、テニスノートを書く。ことについては以前も、その重要性…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

    テニスの試合、序盤が勝負。この重要性は何度も書いてきましたが、…

  3. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

    これもアンケートからのご質問、への回答となります。「浅くなった…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない

    テニスの試合で必要なセオリー、「それはどこまで覚えれば良いの?」という…

  5. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう

    テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。戦…

  6. テニス ポジショニング

    戦術

    「緩急打ち分けしたいなら・・・」テニスの試合に出れば分かる、その必要性

    「もっと緩急をつけて!!」テニスのレッスンの中でそう注意するこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    「あいつセンスあるな‥」という相手ほど、実は倒しやすいのがテニスというスポーツで…
  2. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わす…
  3. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに
  4. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で必要な、「回転量を増やした高い軌道のサーブ」を、今年こそ身に付けた…
PAGE TOP