テニス 確率

戦術

テニスの試合こそ、勇気は運気を支配する

「試合に勝つ為に、何が必要ですか?」

この質問に答えるのは難しいですが、結果的にこういう人が勝ち上がっていくかな、という共通点はあります。

それは、勇気を持って試合に臨み、行動すること。

私たちは、これが自分で出来ているのか、常に意識する必要があるでしょう。

 

テニスの試合こそ、勇気は運気を支配する

 


 

1.試合に出る、だけでひと段落?

してはいませんか?

確かに、試合に出るだけで、本当に勇気が要ること。

みなさんの中では当たり前のうようなルーティーンになっているかもしれませんが、学生でも社会人でも、試合に出るって大変なことですよ。

相手と戦う訳ですからね。

ですので、ついここでひと段落、してしまう。

試合に出ることで、満足して勇気を見せるところまで気持ちが乗っていかない、ということはあるでしょう。

大事なのは、まだスタートラインに立っただけ、という自覚です。

 

2.勇気のある行動に、技術は要らない

ダブルスなら前衛が動く、後衛が展開していく。

シングルスでも前に出る、相手にプレッシャーをかける。

こういうプレーは、実はほとんどの人がなかなか出来ない。

なぜなら、普通ではない、勇気が必要なプレーだからです。

勇気のある行動、を興せる選手が、最後は試合を勝ち上がっていく。

運気、も呼び込んでいくんですよね。

それは決して、偶然なんかじゃない。

しっかりした根拠があると、私は思います。

 

3.結果的に「ラッキー」のようなポイントに見えるだけ

例えば相手のダブルフォルト。

ちょっとしたアウトミス、ネットミス。

これらは、運が良いポイントではなく、自分の勇気が引き起こしたもの。

打ったボールがネットインする、時もそうですね。

勇気を持って出足が早いから、最後に数cm押し込める力、がボールに伝わる。

結果的にラッキーのようなポイントに見えて、実はアナタ自身が押しているから全て成功になるポイント、ということ。

運気を呼び込んでいるうようで、それは実に合理的なポイント、だと私は思いますよ。

 

4.「自分は運が良い!」と、試合中に連呼しよう

私が試合の時には、これを意識しています。

運が良い、自分はとにかくラッキーだと。

まずこうやって試合を出来ている時点でラッキーだし、勇気を持つことの意味を知っている。

運気はコントロール出来る、だからあたかも、もう運気が良いような雰囲気を作ってしまう。

「自分は運が良い!」と、試合中につぶやくだけで、かなり違うと思いますよ。

ダブルスのペアでも、「今日はラッキーだね」と言いながらプレーすることで、本当に試合に勝ってしまう。

騙されたと思って、やってみて下さい。

 

勇気は運気を支配する。

これは、本当にテニスの試合で大事なポイント。

実力をも凌駕していくのが、勇気のある行動、それを興すことです。

繰り返しますが、これは気付いているか、気付いていないか。

そしてやるかやらないか、です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス テニスノート

    戦術

    テニスでも自分に1本の軸が出来れば、「被害妄想意識」は消える

    テニスが強くなれない人。なかなか試合で結果が出ない人は、言い方…

  2. テニス 練習

    戦術

    「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

    試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。…

  3. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう

    試合の中で、流れを読んで先、先に仕掛ける。これが出来るのは、上…

  4. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

    試合が強い選手は、まず目が鋭い。すごく何かを狙っている雰囲気、…

  5. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です

    テニスの試合、強い対戦相手との試合は避けて通れない。いや、これ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る

    みなさんの中にも、「急に強くなった人」いるんじゃないでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに強弱をつけられると、試合慣れしていない相手は戸惑う
  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスに強い選手が、ネットプレーで考えていること
  5. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ
PAGE TOP