テニス 練習

練習メニュー

ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?

部活でのラリー練習、皆さんはどんな雰囲気ですか?

そもそも、ラリーが繋がらない・・・のであれば、それは実力不足とは、ちょっと違うかも。

チーム全体での意識改革、きっかけが必要ですね。

 

ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?

 


 

■ラリーが続くことから、テニスの面白さが始まる

私も何度か高校生の部活に参加させて頂いたことがありますが・・・県大会に出るか出れないか、の学校のみなさんのテニスは、当たるか外れるか、どっちか。

球出し練習を見ていても、ナイスボールかミスかのどちらかしかいない。

まぁ、その方が気持ちよく打てるし楽しいですしね。

でも、その楽しさについて少し、考え方を変えていかないと試合では勝てない。

テニスって、相手とラリーが続くから、それを操作するのが楽しいし「自分」を出すことが出来る。

ショット単発のショットが自分のショット、と考えているとすごく視野が狭くなってきます。

 

■ミスばかりで続かない、のではなくて「ショット単発」の考え方を変える

私も高校時代は、自分のショット、単発単発に興味津々でした。

戦術なんてのは小手先のモノで、そもそもショットが強力じゃないと試合には勝てない、だから磨くんだ!と。

でも・・・よく考えてみたら、どんなに強烈なショットを打っても、それ以上の単発のショットを持っている選手なんてたくさんいる。

ラリーの中でどう使っていくのか、選択していくのか・・・が、試合の中では大事なところ。

当たり前ですよね。

ラリーを続けよう、という意識が練習で無いから、試合でその単発ショットが入らないともうパニック。

ショット単発、ではなくどう使うのかをラリーを続けながら探っていくのが、自分らしいテニス、でしょう。

 

■ラリーが続かないのは、実力不足じゃない

間違いなく、アナタの今の実力でもラリーは続けることが出来る。

そしてラリーが続く、ということはそれだけ練習が「効率的になる」ということ。

打ってない時間が減りますし、ボールも少ない使用数で良い。

今の実力で、充分ラリーを続けることは出来る。

ただ、単発のショットだけへの興味関心を捨てて、相手を動かしたり予測したり、駆け引きしたりに重きを置いてみる。

きっと部活の雰囲気から、変わるはずですよ。

 

ラリーを続けることが目的になる必要は無いですが、ミスが早いことで良いことは無い。

試合での自分、をイメージしてみて下さい。

2~3往復続かないで終わるポイント、ほとんど失点じゃないですか?

きっと練習でやっていること、そのまま試合で出ているだけ、だと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 雨

    練習メニュー

    雨の日に練習がオフ!はもったいないからミーティング日和に

    雨、雨、雨・・・。テニス部やサークルにとって、悩ましい問題です…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「量から質へ」今、アナタの練習には改革が必要です

    今の練習に、疑問を感じている方。部活やサークル、テニススクール…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

    そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。親…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い

    よくご質問頂くのですが、「練習で何をすれば良いのか、分からない・・・」…

  5. テニス 準備

    練習メニュー

    「ノーバウンド限定」のボレー対ストロークの練習は、ロブを混ぜながらハードにやってみよう!

    ダブルスの試合で多くなる、ロブを打ったりそのロブをカットしたりする場面…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

    良いショット、良いスウィングが出来たとき。それってきっと、まさに「…

特集記事

  1. テニス ネット

    テニス知識

    テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. ストローク

    なぜラケットは、両手で持って構えるのか?
  3. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選
  4. メンタル

    相手の前衛にビビらない、そんな自分イメージ出来る?
  5. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて
PAGE TOP