テニス 練習

練習メニュー

ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?

部活でのラリー練習、皆さんはどんな雰囲気ですか?

そもそも、ラリーが繋がらない・・・のであれば、それは実力不足とは、ちょっと違うかも。

チーム全体での意識改革、きっかけが必要ですね。

 

ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?

 


 

■ラリーが続くことから、テニスの面白さが始まる

私も何度か高校生の部活に参加させて頂いたことがありますが・・・県大会に出るか出れないか、の学校のみなさんのテニスは、当たるか外れるか、どっちか。

球出し練習を見ていても、ナイスボールかミスかのどちらかしかいない。

まぁ、その方が気持ちよく打てるし楽しいですしね。

でも、その楽しさについて少し、考え方を変えていかないと試合では勝てない。

テニスって、相手とラリーが続くから、それを操作するのが楽しいし「自分」を出すことが出来る。

ショット単発のショットが自分のショット、と考えているとすごく視野が狭くなってきます。

 

■ミスばかりで続かない、のではなくて「ショット単発」の考え方を変える

私も高校時代は、自分のショット、単発単発に興味津々でした。

戦術なんてのは小手先のモノで、そもそもショットが強力じゃないと試合には勝てない、だから磨くんだ!と。

でも・・・よく考えてみたら、どんなに強烈なショットを打っても、それ以上の単発のショットを持っている選手なんてたくさんいる。

ラリーの中でどう使っていくのか、選択していくのか・・・が、試合の中では大事なところ。

当たり前ですよね。

ラリーを続けよう、という意識が練習で無いから、試合でその単発ショットが入らないともうパニック。

ショット単発、ではなくどう使うのかをラリーを続けながら探っていくのが、自分らしいテニス、でしょう。

 

■ラリーが続かないのは、実力不足じゃない

間違いなく、アナタの今の実力でもラリーは続けることが出来る。

そしてラリーが続く、ということはそれだけ練習が「効率的になる」ということ。

打ってない時間が減りますし、ボールも少ない使用数で良い。

今の実力で、充分ラリーを続けることは出来る。

ただ、単発のショットだけへの興味関心を捨てて、相手を動かしたり予測したり、駆け引きしたりに重きを置いてみる。

きっと部活の雰囲気から、変わるはずですよ。

 

ラリーを続けることが目的になる必要は無いですが、ミスが早いことで良いことは無い。

試合での自分、をイメージしてみて下さい。

2~3往復続かないで終わるポイント、ほとんど失点じゃないですか?

きっと練習でやっていること、そのまま試合で出ているだけ、だと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、「周りの成長に繋がる」から良い循環が生まれる

    自分の成長が、周りに何をもたらすのか。ことテニスにおいても、こ…

  2. 練習メニュー

    練習や試合で、ラスト10分のパフォーマンスを上げよう

    これ、みなさんぜひ意識してみて下さい。疲れたとき、苦しいとき…

  3. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない

    皆さん、家や学校でラケットの素振り、していますか?「地味だし面…

  4. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス

    なかなか、練習の成果が出ない。結果につながらない・・・と、悩ん…

  5. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー

    ボレーが手堅い並行陣を崩すには、ラリーで少しずつ相手を動かすイメージが…

  6. 練習メニュー

    逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

    試合の中で、逆転出来る人。そういう人って、どんな練習をしてるの…

特集記事

  1. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「相手前衛の上にロブを打って、2人で前→ロブ待ち」作戦でいこ…
  4. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこの…
  5. テニス 守備

    メンタル

    「団体戦が2-2で自分の勝敗にかかったとき」に勝ち切る為のメンタルとは?
PAGE TOP