テニス メンタル

メンタル

「またお前が相手かよ・・・」と、同じ対戦相手との試合は繰り返される

テニス選手として、成長していくということ。

と、この問題は切っても切れない関係にあります。

シード選手になれば、当然対戦相手はシード選手という機会が増える。

アナタ自身、覚悟して強くなっていきましょう。

 

「またお前が相手かよ・・・」と、同じ対戦相手との試合は繰り返される

 


 

1.苦手な選手を作ってしまうことが、いかに危険かということ

これは上を目指すテニス選手なら、強く意識して欲しい。

自分が苦手なスタイル、雰囲気の選手を作ってしまうことは、危険だしアナタの成績に直接影響が出て来る。

例えばネットプレイヤーが苦手だと、その評判は一気に広まるしアナタ自身、トーナメント大会を勝ち抜くうえでの包囲網が出来るようなもの。

「自分はまだ、そんなマークされるような存在じゃないから・・・」と言っている人も、当事者意識を持って欲しい。

初戦で自分が苦手なスタイルの相手と対戦、だって有り得るんですから。

 

2.普段練習する相手が、自分にとって「やりやすい相手」ばかりになっていないか?

試合では、初めて対戦する相手も多い。

「またお前か・・・」と思えるような環境、になる前にココをクリアしないといけませんよね。

初めて対戦する相手は、どんなテニスをするか分からない。

普段の練習で、気持ちよく打ち合う相手に慣れていると、試合とのギャップが大き過ぎて調子が出ないのも当たり前。

もっとアナタ自身、新しいテニスと触れる機会を増やしたり、練習から対戦相手に「スライスを入れて欲しい」などのリクエストを出して練習、するようにしてみましょう。

幅広いプレーに、毎日触れること。

これがテニスにおける上達の基本、です。

 

3.同じ対戦相手が続くなら、「研究意識」は欠かせない

アナタが対戦して倒すべき相手、が絞られてきたときに、研究姿勢は欠かせません。

もし県でベスト8に入りたいなら、8人のうちの数名を倒してアナタが名乗り出ないといけない。

研究して、しっかり作戦を練る。

そして倒した後にも、まだまだテニスの大会は続きます。

ベスト16、で同じ相手と当たることは、当然のように起きて来る。

そこで、「研究の成果」を出すなら何か「新しい要素」で、応戦したい。

繰り返す対戦に、新しい要素を一つでも取り入れる、だけで、同じ選手との対戦もアナタが主導権を握っていけるはず。

「あれ!?コイツ、こんなテニスして来る感じだったっけ・・・?」と序盤で思わせておけば、その想定外を相手はずっとひきずってくれるでしょう。

 

これは、大会のレベルや環境に関係無く、皆さんに必要な要素です。

毎日同じような相手と練習、試合になってしまうと、結局同じようなテニスの内容で試合終了、になりますよね。

それだと、進歩は無い。

同じ対戦相手、だからこそ積極的に自分から新しい引き出しを用意出来るように。

これだけで、テニス選手としての実績、だいぶ変わってくると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から

    「負けても仕方ない」と、試合中に思ってしまう。それって、テニス…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  4. テニス サーブ

    メンタル

    ほとんどの試合は、マッチポイントの前にとっくに終わってる

    テニスの試合での、大逆転。みなさん、どれくらい経験して来たでし…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて能力以上に大きい「熱意の差」について、アナタの認識はまだまだ甘い

    テニスの能力差、にばかり目がいって気にしてしまう。私が思うのは…

  6. テニス 打点

    メンタル

    コードボールに全力ダッシュを繰り返す人に、最後に運はこぼれてくる

    運を呼べる人、手放す人。私は、コードボールがその差が如実に現れ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること
  2. テニス テニススクール

    テニススクール

    テニススクールのコーチで、「自分が試合に出ていないコーチ」にテニスを習っても、強…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ
  4. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になる
  5. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜い…
PAGE TOP