テニス メンタル

メンタル

テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの

テニスの試合、何が面白いのか・・・。

私は技術的なこと、よりも戦う選手同士の「意地のぶつかり合い」が面白い。

ボールを打ち合う中で、作戦や理想、理念みたいなものが、透けて見える。

そんな試合、アナタも経験ありませんか?

 

テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの

 

1.そんな大げさな話は、プロの試合だけ?

私は違うと思います。

一般の試合、学生の皆さんの試合の方が、観ていて「主張」のぶつかり合いが凄い。

負けたくないというプライドが透けて見えるのは、プロの試合のそれ以上です。

良くも悪くも、プロ選手は何回も同じ相手と対戦しますし、慣れて来る部分は否めない。

でも学生の皆さんの試合は限られた回数、しかも対戦相手は同じ年代。

力が入らない訳が無い、ですよね。

 

2.「相手の主張」を見抜けば、試合の戦い方は見えてくる

技術だけに目がいってしまうと、テニスの試合は薄っぺらくなる。

相手のテニスには、必ず主張がありその上に技術がある。

「俺はこんなテニスで、試合に勝ちたい!」というのを、絶対相手も考えているんですよね。

そこを知ることが出来れば、防ぐことが出来る。

ストロークやサーブのような技術だけに目がいっていると、プレーの全体像が見えて来ない。

長いラリーに持ち込んでみたり、前におびき出してみたりすると、色々見えて来るでしょう。

 

3.相手にぶつけたい主張が無いと、ダメ・・・?

私自身、高校時代はどんなテニスがしたいのかも分からなかった。

試合中も、迷いばかりでした。

だからこそ、試合の中では相手を必死で観察した。

そして試合で使える武器を、とにかく増やしていくような練習をした。

結果的に、相手の「弱点を突いて勝つ」のが一番得意なプレースタイルになったように思います。

試合に勝つ、その為の主張はあって良い。

でも、必ずしもハッキリと無いといけない・・・訳でも無い、と私は思います。

 

スポーツの試合って、理想と理想、主張と主張のぶつかり合い。

そして結果的に勝てるのは、どちらかの選手だけ。

残酷ですが、この準備はしっかりしておきたいですよね。

ぶつけ合って、熱いテニスをしましょう。

厳しい戦いの先に、アナタのテニスがあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、何か起きても結局いつも他人のせいに出来る

    テニスは、一人では成長出来ない。私は何度も、周りの仲間の大切さ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合でリードしているときに新しいことをする、から成功体験を積める

    なかなか自信が持てない、試合で勝てるイメージが持てない人。そん…

  3. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事

    言葉には、力がある。みなさんも、普段からテニスの試合に挑むとき…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人

    自分の目指すもの、理想は果てしなく高くて良い。きっとそれ以上は…

  5. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

    テニスの試合に慣れていない、と感じる人。皆さんは、どんな方とい…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方

    テニスの試合に勝ちたい。そう考えると、練習にも緊張感が生まれる…

特集記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で時間があり、「次の対戦相手の試合をチェックできる」ときは何を確認してお…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追…
  3. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人
  4. ストローク

    シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく
PAGE TOP