テニス メンタル

メンタル

テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの

テニスの試合、何が面白いのか・・・。

私は技術的なこと、よりも戦う選手同士の「意地のぶつかり合い」が面白い。

ボールを打ち合う中で、作戦や理想、理念みたいなものが、透けて見える。

そんな試合、アナタも経験ありませんか?

 

テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの

 


 

1.そんな大げさな話は、プロの試合だけ?

私は違うと思います。

一般の試合、学生の皆さんの試合の方が、観ていて「主張」のぶつかり合いが凄い。

負けたくないというプライドが透けて見えるのは、プロの試合のそれ以上です。

良くも悪くも、プロ選手は何回も同じ相手と対戦しますし、慣れて来る部分は否めない。

でも学生の皆さんの試合は限られた回数、しかも対戦相手は同じ年代。

力が入らない訳が無い、ですよね。

 

2.「相手の主張」を見抜けば、試合の戦い方は見えてくる

技術だけに目がいってしまうと、テニスの試合は薄っぺらくなる。

相手のテニスには、必ず主張がありその上に技術がある。

「俺はこんなテニスで、試合に勝ちたい!」というのを、絶対相手も考えているんですよね。

そこを知ることが出来れば、防ぐことが出来る。

ストロークやサーブのような技術だけに目がいっていると、プレーの全体像が見えて来ない。

長いラリーに持ち込んでみたり、前におびき出してみたりすると、色々見えて来るでしょう。

 

3.相手にぶつけたい主張が無いと、ダメ・・・?

私自身、高校時代はどんなテニスがしたいのかも分からなかった。

試合中も、迷いばかりでした。

だからこそ、試合の中では相手を必死で観察した。

そして試合で使える武器を、とにかく増やしていくような練習をした。

結果的に、相手の「弱点を突いて勝つ」のが一番得意なプレースタイルになったように思います。

試合に勝つ、その為の主張はあって良い。

でも、必ずしもハッキリと無いといけない・・・訳でも無い、と私は思います。

 

スポーツの試合って、理想と理想、主張と主張のぶつかり合い。

そして結果的に勝てるのは、どちらかの選手だけ。

残酷ですが、この準備はしっかりしておきたいですよね。

ぶつけ合って、熱いテニスをしましょう。

厳しい戦いの先に、アナタのテニスがあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

    「あぁ、自分もメンタルが強くなりたい」そう考えているみなさんに…

  2. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

    皆さんのテニスノート、どんな感じで試合の記録を残していますか?…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

    失敗して、どんどん泥沼にはまっていく人。ダブルスの試合で、よく…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう

    テニスノート、普段は書いているけどなかなか見返す機会が無い。そ…

  5. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4つ

    テニスの試合では、お互いにネットを挟んで対峙している。ですがテ…

  6. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います

    テニスについて、あれこれ知識を持っている人は多い。直近の世界ラ…

特集記事

  1. サーブ

    どういうサーブを打ちたいか、よりも、どういうリターンが欲しいのか
  2. メンタル

    タイブレークは、チェンジコートを節目に考えよう
  3. その他

    アナタの成長をサポートできる、「優秀なテニスコーチ」を見極める方法5つ
  4. サーブ

    サーブ&ボレー相手にパッシング、難しいって
  5. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう
PAGE TOP