テニス リターン

戦術

試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる

テニスの試合って、引き訳が無い。

究極、勝ちか負け、しかありませんからね。

それが0-6なのか、タイブレークなのか、色々差はありますが・・・。

大事なのは、その結果を自分がどう受け止めるか、です。

考える、考え抜いて何かを導き出す、ということは、試合の勝敗に関わらず必要なことだと思いますよ。

 

試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる

 

1.勝ちに「不思議」の勝ち、有り

これは、私がよく読んでいる本に書いてある言葉です。

「勝ってしまった」という感じで、不思議と勝った試合。

みなさんも、いくつか経験あると思います。

そういう試合って、後から何かを考えたりしますか?

普通、しないですよね?

「よく分からないけど、勝ったから良いか」となってしまって、テニスノートも空白のまま。

負けた試合だけ、熱心に考える、周りからも色々言われる。

これでは、私は強くなれないと思うんですよね。

 

2.「勝った試合」を分析出来る選手は、本当に少ない

まず、その必要性を感じていない、ですよね。

勝った試合は、その後何回やっても勝てると思っている。

本当にそうですか?

テニスの試合って、あるレベルになると「またお前か!」という感じで、戦う相手が絞られて来る。

勝った試合も、しっかり分析しておかないと次また同じような試合、が出来るとは限らない。

少なくとも、相手は何かを変えて来るでしょうしね。

勝った試合こそ、何が良かったのか、練習から上手くいった部分はどこだったのか。

感覚だけじゃない、出来るだけ数値やデータで残しておく。

そうすることで、次の試合でも活かせる情報、になっていく。

勝ち試合こそ、アナタを強くしていく、安定した試合運びを作るレシピ、になり得るんです。

 

3.負け試合の事ばかり考えていても、自信は失われていくばかり

読者のみなさんにも、本当に真面目な方が多い。

真面目だからこそ、自分の「敗戦」について深く、深く考える。

周りからも言われてばかり、その目を気にする感じで「敗戦」ムードがいつまで経ってもぬぐえない。

そんな時期、ありませんでしたか?

もちろん、負け試合を分析して反省することは大事。

でも、次に向かっていく上で、機運を高めていくのはアナタ自身ですよ。

負け試合の記憶や雰囲気、もうサッパリしていきましょう。

大事なのは、次の試合ですから。

 

4.勝った試合を分析するのは、恥ずかしい?

最初はそうだと思います。

何だか、自分を褒めているみたいで恥ずかしい、それが自然です。

でも、大事なのは「やりたいことが、出来たのかどうか?」です。

そして、「出来たけど、通じなかった」のか、「そもそも出来なかった、けど勝ってしまった」のか。

このあたりをしっかり分析出来ていないと、「出来ていないのに、勝てるんだ」となってしまう。

本当に今日の試合はラッキーだった、次はそうはいかないなと。

考えられるような勝ち試合の分析、必要ですよね。

そこに気付けるかどうか、が試合に勝てる選手になっていけるかどうか、の分かれ道でしょう。

 

メンタルが強い、弱いじゃない。

勝てる試合を、しっかり知っているかどうか、だと思いますよ。

「自分が勝つ時は、大体こんな感じ」という大枠がある。

そこに自信が生まれて来て、試合慣れしていく。

みなさんも、ぜひ意識してみて下さい。

勝った試合も、しっかり考えて分析する。

誰もやりそうにないところに、人と差を付けるチャンスはあります。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ

    確かに相手は強いけど、作戦に見事にはまってしまった・・・なんてこと、あ…

  2. テニス 計算

    戦術

    ここぞという場面、「試合の中でペースアップさせていく」のは、ボールスピードのアップだと危険

    試合の中で、ここぞという場面、攻撃的にいきたい。特に4-4から…

  3. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

    テニスが上手い、強い人は、なんであんなにコントロールが良いんだろう。…

  4. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を

    勝てない試合は、常に苦しい展開。どのゲームでも先行されるし、ゲ…

  5. 戦術

    「自分の中から見付けだせ!」テニスの試合で使える技術を磨くには、確率重視で

    俺のプレーはテニスを始めた高校生の頃に比べると随分と上達する事が出来た…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく

    久しぶりに元テニス仲間、と会ったりして話すと感じること。「あ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 練習メニュー

    「これを試合で打てるのか?」の疑問は、アナタにしか持てない
  2. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
  3. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく
  5. ロブ

    ロブを打って良い風、を見極めよう
PAGE TOP