テニス メモ

メンタル

「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

皆さんのテニスノート、どんな感じで試合の記録を残していますか?

私は・・・勝った試合も負けた試合もスコアや内容を簡単に記録していますが、つい「楽に勝った試合」は書く内容が薄くなる。

勝った試合にこそ、更に自分を成長させるヒントがある。

中でも、「苦しみながら勝った試合」については、宝の山だと思って下さい。

 

「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

 


 

■「負け試合」の言い訳を書いてばかりでは、強くなれない

テニスノートを見せてもらうと、皆さん負けた試合を熱心に反省している。

反省は大いに結構ですが、たくさん要素を書き出しているうちに、それが自分に対する言い訳のようにばかりなってしまう。

テニスノートも、どこかキレイに仕上げたい、見た人が「大変だったね・・・」と思うようにしたい。

と考えてしまうのが、人間の性。

負け試合よりも、意識して「勝った試合」についてなぜ勝ったのか、を着目してみる。

この意識だけで、だいぶテニスが変わってくるはずです。

 

■「苦しみながら勝つ」ことを習慣化出来ると強い

究極の考えですが、苦しみながら勝つことも習慣化したい。

難しいのは百も承知、ですが、毎回楽に勝っていく試合なんてほとんどテニスでは無い。

苦しむ・・・というと、誤解があるかも知れませんね。

接戦を勝つ、逆転で勝つ、ような試合は、絶対に「勝負を分けたポイント」があるのです。

試合後、出来るだけ時間を空けないでそのポイントがどこだったのか、自分で探ってみましょう。

 

■「勝敗を分けたポイント」を、自分と相手はどうプレーしたのか?

例えば1セットマッチ、5-5 30-30 のようなポイント。

アナタ自身、そして相手はどういう意識で、どんなプレーをして、どちらにポイントが入ったのか。

こういう終盤の記憶を、早めにテニスノートに書き出しておく。

書いたことは、絶対に自分の記憶にも残る。

次の試合、そのまた次の試合で思い出して、良い感じのプレーが出来る可能性は高いのです。

接戦での勝負どころのポイント、を獲れる癖や習慣はこういう小さい努力から生まれて来ると自覚しましょう。

 

接戦に強い、逆転が上手い選手は、それが習慣化している。

習慣化しているから、周りが観るほど本人は苦しんでいない。

苦しんで勝つ・・・ようで、実はシナリオ通りだったりするのが、テニス。

強い選手って、この辺りが違います。

アナタにも、その素質はあるはず、です!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこう

    テニスの試合、負けた悔しさは誰もが味わうこと。その悔しさを、ど…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識…

    ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「周りの人に、自分のテニスを言葉で説明できる」ようになると、アナタの未来は明るく拓ける!

    自分のテニスについて、しっかり「言葉」にすることはできますか?…

  4. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと

    テニスにおいて、「試合だけは特別」という感じ・・・にはならない。…

  5. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない

    試合で結果が出る人、出ない人。ほとんど、実力差は無さそうでも、…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打…
  2. ストローク

    深いボールの返球が出来ない人は、バウンドに合わせる癖を引きずってるだけ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で負けることは恥ずかしくない、だけど「負けを受け入れられない人」は恥…
  4. その他

    「テニス初心者の方」を、どんどん成長させていく為の優良記事7つ
  5. その他

    「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは
PAGE TOP