テニス 雨

テニス知識

なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる

全仏オープンの錦織選手の試合、残念でしたね・・・。

ですが今回の試合から、私たちも学ぶべきことが多かったはず。

そう、雨の日の試合では、テニスというスポーツはボールの飛び方が変化する。

これに対応出来るかどうかが、試合で勝てる大きなカギになるケースが多いのです。

特に日本ではオムニコートと呼ばれる、雨でもテニスができる環境があるだけに、しっかり準備が必要です。

改めて、この視点で考えて準備しておきましょう。

 

なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる

 


 

■気温が下がり、湿度が上がるとボールは飛ばなくなる

雨で気温が下がると、ボールは弾みにくくなる。

ゴム素材が固くなり、ボールをラケットで打ったりコートにバウンドする際に、形状が変化し辛くなるからです。

また湿度が高いと、ボールの周りに水分が多い状態ですから速度が出辛い。

普段はネットを超えるようなボールも、失速してネットにかかる・・・というケースが増えることを覚悟しましょう。

 

■浅いボールが脅威になる、のが雨の中でのテニス

ボールが飛ばない、ということは必然的に浅いボールが増えます。

またその浅いボールも重たさを増していますので、持ち上げるのにも力がいる。

女性ですと、低い打点では水を含んだボールの重たさを感じるはずです。

このときに、フラット系のショットでボールに当てようとすると、肘を痛めてしまう可能性もあります。

必要なのは、スライス系のショット。

スライスを使えると、ボールに回転をかけて脱力しながら飛ばすことができる。

しかも相手コートで低く滑ってくれる、武器にもなるのです。

 

■ポジションを前にして、ネットの高い位置を通すストロークに切り替える

雨の中の試合では、より軌道の高いストロークをイメージしましょう。

そして浅いボールをケアするために、いつもよりストロークを打つ位置も少し前に。

ガットも滑りやすくなっているので、厚いグリップで打点を前にしている方は、少し薄く握り直すことも大事。

良い当たりで打っているときは問題無いですが、グリップも滑りますので、ある程度「変えていける」幅は持っておくと良いと思います。

1つのグリップでしか打てない、同じ場所でしかプレーできない・・・となると、その調子が崩れたときには、そのまま試合にも負けてしまう可能性が高くなるのです。

 

雨でボールの飛び方が変わる、環境が変わる。

このことを、脅威と感じていると受け身になる。

「浅くなる、滑りやすくなるからスライスが活きる」という発想は、スライスを使える選手なら持てる。

武器が少ないと、それだけ環境の変化に弱いということ。

プロ選手ですら、中断もありメンタル的にも揺らぐのが、雨。

出来る限りの準備を、私たちもしておきたいですね。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ

    試合の前の準備、どこまで想像力を拡げて考えられるか。それが、準…

  2. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

    皆さんは、フットワークのトレーニング、しっかり出来てますか?何…

  3. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

    私は、現役のテニスコーチでも教師でもありません。ですので、直接…

  4. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

  5. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

    私自身、素振りの経歴には自信があります。元々、一人で研究したり…

  6. テニス シューズ

特集記事

  1. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち…
  2. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付け…
  3. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
  4. テニス 練習

    テニススクール

    日本のテニスコーチの8割は、「自己満評論家」
  5. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
PAGE TOP