テニス サイト

テニススクール

「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう

テニススクールでのレッスン、この発想になったら要注意です。

確かに、毎回同じようなメンバー、場所、内容では、そう思いたくもなります。

でも、その時点でもう学びの鮮度は低い。

アナタ自身、練習で一番その効果を薄めてしまう「馴れ合い」の第一歩、ですから。

 

「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう

 


 

1.刺激の無い場所に、成長は無い

テニススクールは学校、というくらいですから、自分を成長させる場所。

でも、どうしても毎回同じようなレッスンですから、気が抜けてしまいますよね。

「多分、今日はこんな感じだろう」

「この練習、前もやったな・・・」

という感想、を持つのが自然だと思います。

みんな口には出さないけど、いつも通りの練習で楽している部分は大きいはず。

これを、どう変えていくのか。

スクール側やコーチに求めても、何も変わらないでしょう。

 

2.「多分こういうことだろう」は、試合で通じない

試合では、相手の観察から入る。

そして仮説を立ててコースを予測して、試合を組み立てていきますよね。

こういった力が、テニススクールでは全く必要無いんです。

必要無いだけじゃなく、その能力も削がれていく、温室のビニールハウスのようなもの。

何かを察する、洞察力を磨くことは出来ない、だから「多分こうだろう」と思ってしまう環境が揃っている。

試合に勝ちたいと考えているみなさんなら、危機感を持てるはず。

だからこそ、変えていけるのは自分自身だけ、です。

 

3.レッスンの上に、自分の練習が出来るかどうか

もちろん、レッスンのテーマは大事。

ですが、そのレッスンをただの生徒1人分として消化してしまうのは、アナタ自身の成長につながらないでしょう。

そのテーマの上に、自分のテーマであり課題をいかに乗せていけるのか、が大事になります。

例えばショートクロスを打つ練習なら、自分は試合でどう使いたいのか。

どういう相手を想定しているのか、打つだけじゃなく、打った後のポジショニングも大事ですよね。

与えられた練習、だけをこなしていても、成果は薄い。

自分でしっかり、「自分の練習に昇華させていく」ことが大事ですから。

 

4.自分で自分の練習をする、のがテニス選手の基本

当たり前だと思いますか?

これが出来ている人、テニススクールでもクラスに1人いるかどうか、ですよ。

実際は、コーチに言われたことを、無難にこなすだけですから。

当然、それが悪いという訳ではありません。

ですが、試合に強くなりたいなら話は別。

自分自身で、自分の練習をする。

「いや、それはテニススクールでは無理だって!」と思う方は、出来ないでしょう。

アナタ自身の意識を変えることは、アナタ自身にしか出来ない。

「多分これは、こういうことだろう」という驕りや先入観、から無くしてみませんか?

きっと、新しい景色と練習が、そこにはあると思いますよ。

 

誰も、コーチはこんなこと話してくれません。

だって、面倒ですから。

ただ毎週来てもらって、おとなしくレッスン受けてくれている従順な生徒が一番楽。

でも、それだとコーチ自身も刺激が無いし、成長しないんですけどね。

全ては自分次第、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう

    ふと、先日テニススクールでの一コマが気になりました。ある程度テ…

  2. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先

    最近、すごくまた考えるんですが・・・。テニススクールって、テニ…

  3. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから

    テニススクールで、しっかり上達していくこと。これは、簡単なこと…

  4. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

    良い練習、が出来ているチームは強い。でも、テニスにおける良い練…

  5. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  6. テニス メモ

    テニススクール

    今さら聞けない、テニススクールで使う12の専門用語

    テニススクールに初心者で入ってみたけど、何だか知らない言葉が飛び交って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう
  2. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう…
  5. ストローク

    テニスでミスを減らすということは、振り切るということ
PAGE TOP