テニス イベント

戦術

自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。

という場面で、アナタは何を考えますか?

普通に考えたら、かなり厳しい場面でもう凹んでしまいそう、だと思います。

でも、テニスという競技は、本当に分かりませんから。

相手のビッグチャンスは、実は、アナタ自身のチャンスでもあるんです。

考え方次第、ですけど。

 

自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

 

1.「取り切らないといけない」というプレッシャーが、相手にはある

あと1ポイントで負け、のような場面。

相手はどんな心境でしょう?

意気揚々、ノリノリ?いや・・・そんなことも無いと思いますよ。

表情を見てみて下さい。

試合の厳しさを知っている選手なら、きっと厳しい感じの表情、になっているでしょう。

「ここを取り切らないと、危ない・・・」ことを、知っているから。

そう、勝ってる相手にだって、確実にプレッシャーはかかっている。

まず、このことを忘れてはいけないと私は思いますよ。

 

2.テニスのルールに、時間切れは無い

これなんですよ。

勝ったまま逃げ切る、というのが実に難しいのがテニス、というスポーツです。

マッチポイントを逃したら、またマッチポイントを作らないといけない。

連続で逃したら、「もう勝てないかも・・・」と落ち込んでしまう。

これが、普通です。

いや、プロ選手だってそうですからね。

マッチポイントを逃して崩れていく、勝っていた選手が負けていく光景を何度も見て来ました。

だからこそ、アナタ自身が意識して欲しいこと。

それは、「絶対絶命のピンチこそ、チャンスになる」ということなんです。

 

3.マッチポイントを凌いだ後、こそ集中力をアップさせよう!

いや、難しいですけどね・・・まずは、全力でマッチポイントを凌がないといけない。

でも、これでアナタは大きなチャンスをつかんだことになる。

経験上、私ならここで一気に前に出ます。

逃して落ち込んでいる相手、を一気に畳みかける。

こういう準備を、心の中のどこかでしておきましょう。

マッチポイントで落ち込んでいるだけなんて、もったいない。

相手のチャンスのように見えて、実は、アナタの大チャンスでもあるんですから。

 

4.ピンチを楽しんで迎える、準備をしておこう

これは、テニス選手として必要です。

試合では、必ず追い込まれる。

それは、勝っていても、負けていても、です。

試合が終わる間際、からまた長い試合に入っていくこともある。

とにかく、自分に不利なピンチは、大歓迎のスタンスで挑みましょう。

相手のマッチポイント、のような場面で「よし、一泡吹かせてやるか・・・」と。

こういう気持ちが、実は大逆転を生んでいく。

そしてその大逆転、今日も世界中のテニスコートの現場で起きていること、なんです。

 

これも、発想の問題だと思います。

相手のチャンスを、自分のチャンスだと感じられるかどうか。

テニスの試合って、終わりそうで終わらない、ですから。

このモヤモヤ、をプレッシャーと感じるかどうか、ですね。

みなさんは、きっと強みにしていけるはず。

T-PRESSを読んでいるみなさんは、きっとそうだと思います。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

    テニスの試合前、開始30分前くらいの時間。ここを、どう過ごすの…

  2. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしていかないと

    「これは、はまったな」という感覚。試合の中で、少しずつ増やして…

  3. テニス 読書

    戦術

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

    試合に勝ちたい。そういう想いを強く持つと、どうしても「やらない…

  4. テニス 構え
  5. 戦術

    テニスの試合では、リードを奪ってリスクを冒すから勝てる

    強い人は強い、毎回安定して勝っていく。でも、こういう人ほど勝ち…

  6. テニス ストローク

    戦術

    ドロップショット多用で泥試合、に持ち込んだペール選手に学ぶもの

    昨日の錦織選手の試合、凄い試合でしたね。予想された感じの苦戦の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う
  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!…
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい
  4. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る
  5. その他

    「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい
PAGE TOP