テニス イベント

戦術

自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。

という場面で、アナタは何を考えますか?

普通に考えたら、かなり厳しい場面でもう凹んでしまいそう、だと思います。

でも、テニスという競技は、本当に分かりませんから。

相手のビッグチャンスは、実は、アナタ自身のチャンスでもあるんです。

考え方次第、ですけど。

 

自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

 

1.「取り切らないといけない」というプレッシャーが、相手にはある

あと1ポイントで負け、のような場面。

相手はどんな心境でしょう?

意気揚々、ノリノリ?いや・・・そんなことも無いと思いますよ。

表情を見てみて下さい。

試合の厳しさを知っている選手なら、きっと厳しい感じの表情、になっているでしょう。

「ここを取り切らないと、危ない・・・」ことを、知っているから。

そう、勝ってる相手にだって、確実にプレッシャーはかかっている。

まず、このことを忘れてはいけないと私は思いますよ。

 

2.テニスのルールに、時間切れは無い

これなんですよ。

勝ったまま逃げ切る、というのが実に難しいのがテニス、というスポーツです。

マッチポイントを逃したら、またマッチポイントを作らないといけない。

連続で逃したら、「もう勝てないかも・・・」と落ち込んでしまう。

これが、普通です。

いや、プロ選手だってそうですからね。

マッチポイントを逃して崩れていく、勝っていた選手が負けていく光景を何度も見て来ました。

だからこそ、アナタ自身が意識して欲しいこと。

それは、「絶対絶命のピンチこそ、チャンスになる」ということなんです。

 

3.マッチポイントを凌いだ後、こそ集中力をアップさせよう!

いや、難しいですけどね・・・まずは、全力でマッチポイントを凌がないといけない。

でも、これでアナタは大きなチャンスをつかんだことになる。

経験上、私ならここで一気に前に出ます。

逃して落ち込んでいる相手、を一気に畳みかける。

こういう準備を、心の中のどこかでしておきましょう。

マッチポイントで落ち込んでいるだけなんて、もったいない。

相手のチャンスのように見えて、実は、アナタの大チャンスでもあるんですから。

 

4.ピンチを楽しんで迎える、準備をしておこう

これは、テニス選手として必要です。

試合では、必ず追い込まれる。

それは、勝っていても、負けていても、です。

試合が終わる間際、からまた長い試合に入っていくこともある。

とにかく、自分に不利なピンチは、大歓迎のスタンスで挑みましょう。

相手のマッチポイント、のような場面で「よし、一泡吹かせてやるか・・・」と。

こういう気持ちが、実は大逆転を生んでいく。

そしてその大逆転、今日も世界中のテニスコートの現場で起きていること、なんです。

 

これも、発想の問題だと思います。

相手のチャンスを、自分のチャンスだと感じられるかどうか。

テニスの試合って、終わりそうで終わらない、ですから。

このモヤモヤ、をプレッシャーと感じるかどうか、ですね。

みなさんは、きっと強みにしていけるはず。

T-PRESSを読んでいるみなさんは、きっとそうだと思います。

ピックアップ記事

  1. 「第1回 読者ミーティング」を開催します
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

    テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」は…

  2. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

  3. テニス メンタル

    戦術

    調子が悪い時こそチャンス、だと言える理由5つ

    自分のテニスの調子が悪い。試合では、よくあることですよね。…

  4. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ

    自分の得意パターンを作ることは、ものすごく大事。でも、それが通…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い

    テニスの試合、風は厄介な存在・・・ですよね。でも、風上ならOK…

  6. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる

    「この選手、見た目と全然違うな・・・」という印象を持つケース、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合の中で、「苦しいときほど、相手とラリーをしよう」と考えら…
  2. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  3. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる
  5. ストローク

    ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形
PAGE TOP