ダブルス

ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。

触れるけど、そこから相手に反撃されてしまうという方、特に女性で多いんじゃないでしょうか。

今あるアナタの技術で、ポーチに対する意識を見直すだけで大丈夫、変われます!

 

ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

 

1.相手がリターンする前に、前に移動してステップを入れる

自分のサーバーの打球音がしたら、すぐに前に移動する。

ですのでこの移動スペース分は少し後ろから、最初のポジションはスタートします。

これは絶対、必要な超基本的な部分。

このステップを入れることで、反応も良くなり相手リターナーへのプレッシャーも大きくなります。

テニスの技術的な問題は無く、やるか、やらないかです。

アナタ次第です。

 

2.左右前後、必ず1回はフェイントを入れて、その後に本命の動きを!

フェイントは入れる人、入れない人がいますが、これは必ず1回は入れて下さい。

本命の動き、例えばクロスに出るのを決めていれば、ストレート側に少し入れるだけでリターン側は避けるショットになり、リターン自体が甘くなる可能性も。

後ろにフェイントを入れればロブが打ち辛くなりますし、とにかくリターンの選手の眼に触れること、気にしてもらうこと。

これができて初めて、前衛として最低限の仕事と言えるでしょう。

 

3.どんなリターンでも、とにかく決めたコースは絶対ふさぐ意識

決断力、まだまだ足りない人が多い。

クロスに出ると打ち合わせしたのに、出ない。

出ても触れないで戻ってくる。

言語道断です。

とにかくもうサーブの音を聞いた瞬間に、移動を開始、絶対触る!

この意識を再度持って下さい。

何度でも言いますが、ストレートに打たれるのは「前衛の仕事」です。

 

4.相手の足元には打たない!初中級レベルを脱しましょう

ポーチは相手の足元へ!は初中級レベル。

相手も受け慣れてますので、間違いなく反撃されます。

いないところへ打つには、どんなショットが必要ですか?

ドロップ系、フラット系、色々な技術が求められます。

ポーチという技術は画一化されて考えられがちですが、実に多彩なショットが求められます。

普段の練習から、「想定されるリターン」と「有効なポーチコース」の組み合わせを、自分の中でイメージしておきましょう。

 

経験は、アナタの糧になります。

練習からしっかりポーチで失敗する、模索する、工夫する、の繰り返しです。

色々なポーチを用意できれば、様々なリターンにも対応できる。

ぜひ普段のサークル、部活の練習で、「ポーチからスタート」または「8割をポーチに出るポイント練習」など、トライしてみて下さい。

きっとダブルスが、もっと面白くなるはずです。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛を助けよう!

    言い方は悪いですが、テニスだけでなくスポーツは騙し合いの競技。…

  2. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

    皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛専門…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?

    ダブルスの試合、雁行陣の陣形で気になるパターン。特に、学生のみ…

  5. テニス 攻撃

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?

    スポーツには、ルールがある。ですがこのルールに違反さえしなけれ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

    ダブルスペアは、どういう組み合わせが効果的なのか?これについて…

特集記事

  1. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について
  2. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは、個人ではなく、部活の仕組み自体をを見…
  3. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう…
  4. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、「特別強化ショットのイメトレに励む」ことで、勝利を呼び込め…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、…
PAGE TOP