ダブルス

ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。

触れるけど、そこから相手に反撃されてしまうという方、特に女性で多いんじゃないでしょうか。

今あるアナタの技術で、ポーチに対する意識を見直すだけで大丈夫、変われます!

 

ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

 


 

1.相手がリターンする前に、前に移動してステップを入れる

自分のサーバーの打球音がしたら、すぐに前に移動する。

ですのでこの移動スペース分は少し後ろから、最初のポジションはスタートします。

これは絶対、必要な超基本的な部分。

このステップを入れることで、反応も良くなり相手リターナーへのプレッシャーも大きくなります。

テニスの技術的な問題は無く、やるか、やらないかです。

アナタ次第です。

 

2.左右前後、必ず1回はフェイントを入れて、その後に本命の動きを!

フェイントは入れる人、入れない人がいますが、これは必ず1回は入れて下さい。

本命の動き、例えばクロスに出るのを決めていれば、ストレート側に少し入れるだけでリターン側は避けるショットになり、リターン自体が甘くなる可能性も。

後ろにフェイントを入れればロブが打ち辛くなりますし、とにかくリターンの選手の眼に触れること、気にしてもらうこと。

これができて初めて、前衛として最低限の仕事と言えるでしょう。

 

3.どんなリターンでも、とにかく決めたコースは絶対ふさぐ意識

決断力、まだまだ足りない人が多い。

クロスに出ると打ち合わせしたのに、出ない。

出ても触れないで戻ってくる。

言語道断です。

とにかくもうサーブの音を聞いた瞬間に、移動を開始、絶対触る!

この意識を再度持って下さい。

何度でも言いますが、ストレートに打たれるのは「前衛の仕事」です。

 

4.相手の足元には打たない!初中級レベルを脱しましょう

ポーチは相手の足元へ!は初中級レベル。

相手も受け慣れてますので、間違いなく反撃されます。

いないところへ打つには、どんなショットが必要ですか?

ドロップ系、フラット系、色々な技術が求められます。

ポーチという技術は画一化されて考えられがちですが、実に多彩なショットが求められます。

普段の練習から、「想定されるリターン」と「有効なポーチコース」の組み合わせを、自分の中でイメージしておきましょう。

 

経験は、アナタの糧になります。

練習からしっかりポーチで失敗する、模索する、工夫する、の繰り返しです。

色々なポーチを用意できれば、様々なリターンにも対応できる。

ぜひ普段のサークル、部活の練習で、「ポーチからスタート」または「8割をポーチに出るポイント練習」など、トライしてみて下さい。

きっとダブルスが、もっと面白くなるはずです。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意識とは?

    ダブルスのペアは信頼関係が大事。言葉で言うのは簡単ですが、これ…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    味方のペアをカバーする、という概念がアナタを弱くする

    ダブルスの試合、アナタ自身「頑張り所」を間違えてはいけない。い…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイ…

    テニスのダブルスの試合、初中級から中級レベルになると、一般の大人の方は…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  5. テニス コントロール

    練習メニュー

    反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに
PAGE TOP