テニス ボレー

ボレー

「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失うだけです

ネットプレーでは、後ろでのプレーよりも守備範囲は限られてしまいます。

だからこそ、やっと届いたボールも何とかポイント奪取につなげたい。

であれば、その時に態勢を立て直すような時間を稼ぐ意識を持って、まずはセイフティーな作戦を取ること。

こういった細かい意識が、テニスの試合の勝敗を分けるのです。

 

「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失うだけです

 


 

■スライス回転をかけて、山なりなボールが基本です

まずスライス回転をかけて、滞空時間の長いボールにしたい。

であれば、ラケット面を上向きにして、山なりなボールをイメージできると成功しやすくなります。

ネットプレーでは華麗に決めるイメージが強いかも知れませんが、実際に攻撃されたときに凌ぐボレーも非常に大事。

厳しい状態ですが、ここでしっかりつなぐことができれば、シングルスでもダブルスでも試合に勝てる確率がグンと上がります。

 

■打点が後ろになっても、しっかり手首を固めて返球する意識を!

打点が後ろになっても、しっかり手首の形を作っておけばボールは返球できます。

諦めて、一か八かのミラクルショットを繰り出そうとして、ラケットを振る人がいますがそれは間違い。

テニスでは、相手の攻撃を凌いでまずはイーブンに戻すことを優先しましょう。

しっかりブロックして、ボールが飛んでいく角度だけ作れるようにする。

ぜひ練習から意識して、厳しいボールも返球できるように慣れておきましょう。

 

■厳しいボールもゆっくり返球してポイントに繋げる、ことで試合に勝てるようになります

この形でポイントが獲れると、相手はどう思うでしょうか。

「もっと厳しいところに打たないと・・・」

「つないでくる相手だから、なるべく触らせないようにエースを獲らないと・・・」

と考えて、ミスが増えてくるかも知れません。

そうなれば、アナタの勝利は難しくない。

ネットプレーで粘りが生まれると、テニスでは相手が崩れてくれるというメリットがあるのです。

 

ネットプレーの守備範囲は、その返球の際の意識で決まります。

追い付いて返球できるのであれば、そこから出来るだけイーブンに戻せるように意識する。

もしかしたらそのボールをポーチで決められたりするかも知れませんが、それは相手のナイスプレー。

アナタは最高の選択肢でプレーをしている、そういう考え方がテニスの試合では大切です。

さぁ、練習から粘り強いネットプレーを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ボレー

    試合で使える、両手バックハンドボレーの切れ味をアップさせるコツ5つ

    女性の方で、バックハンドボレーを両手で打っているみなさん。その…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合で、「前衛の足元にぶつけるポーチボレー」だけだと、試合後半は通用しなくなる

    テニスは人がするスポーツ。人の習性や構造を考えると、実は想定さ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

    ネットプレーが苦手な人。この機会に、フットワークから変えていき…

  4. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

    試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「ローボレーが深く打てるとき」は、前に詰めていこう

    ネットに詰めるポイント、それもハッキリと前に詰めるポイントはどこか。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    男性ならしっかり打てるようになりたい、「相手バックハンド側へキックするサーブ」を…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に…
  3. テニス 序盤

    ストローク

    試合で緊張してプレーが堅くなる人は、「ネットミスから減らすこと」に最善を尽くそう…
  4. ダブルス

    「ダブルスボレーの仕事」を把握すれば、テニスのダブルスの試合は勝てるようになる!…
  5. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい
PAGE TOP