テニス 打点

シングルス

テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

試合は練習のように、練習は試合のように。

と思っていても、なかなか難しい部分はありますよね。

でも、よく考えてみて下さい。

実は自然に同じ感じになっている、ことだってテニスの試合ではたくさんあるんです。

テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

 

1.試合と練習、頑張り度は基本変わらない

実は、私はそう思っています。

試合で頑張る!という人もいるでしょうが、そういう人は本当は練習でも頑張っている。

逆に、練習でしっかり頑張れていない人は、試合でも頑張れない。

遠くのボール、を追うことが出来ない。

練習で出来ていれば、自然と身体が反応してくれますけどね。

試合だからといって、人は急には変われないんです。

2.人の行動の9割は癖である

テニスに限らず、全力を出す、自分の能力の限界近くまで出し切る、というのも一つの習慣。

難しい、ことなんです。

試合だからといって急には出来ないし、むしろ緊張感が高まっている場面では身体は委縮する。

「試合で相手のボールを追うのくらい、簡単でしょ?」と思っている人ほど、試合では痛い目を見る。

それくらい、まずは練習を試合のシチュエーションに近付けていかないと。

これは、無意識にやっていると絶対に成長しない、悪い癖がどんどん付いて抜けなくなっていくのです。

3.癖を直せば、全てが変わる

テニスもほとんどが、癖で出来ている。

技術的なことばかりではありません。

何となく、2バウンドを許してしまうのも癖。

ボール拾いをダラダラやるのも癖、ウェアが汚いのも癖、なんです。

これら一つ一つを、もう一回見直してみて、強い人のを真似てみて欲しい。

真似ることが、癖を変えていく一番の近道なはずです。

実は、自分で癖って気付けない。

頑張れている・・・と思っても、それは自分の癖の範囲内、だったりします。

 

毎回テニスの試合、負ける原因は実は同じ。

原因は同じところにあると気付いた人から、上手い人、強い人を真似る必要性を感じて変えていけるでしょう。

全ては、そこから始まります。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、アナタのシングルスは勝てないのです

    シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方…

  2. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

    シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。華麗に前…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ

    シングルスの試合は、実力が拮抗すると体力勝負。特にテニスでは持…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる

    テニスにおけるシングルスの試合では、あるデータの傾向があります。…

  5. テニス リターン
  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ちょっと相手を追い込んで、すぐ安心する選手はいつまで経っても試合では勝てない
  3. テニス スライス

    ストローク

    「ベースラインからドロップショットを打ってみたい!」人は、技術よりも大切な「間」…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!
  5. テニス 格上相手

    その他

    朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?…
PAGE TOP