テニス ストローク

ストローク

ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう

ストロークで実力差があると、どうしても受け身になって「走らされる」ことはあると思います。

しかし落ち着いて対応できれば、何も怖くありません。

一番まずいのは、焦って逆転を狙うこと。

テニスはそんな甘いスポーツではありません。

 

ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう

 


 

■テニスは一発で形勢逆転が難しいスポーツ

テニス、ソフトテニス、バドミントン、卓球・・・ネットを挟んで打ち合うスポーツは、目まぐるしく攻守が入れ替わります。

プロ選手の試合では華麗なカウンターを観る場面もありますが、基本的に挽回は少しずつ。

イーブンに戻すまでは、我慢のプレーが必要であるということを理解しましょう。

 

■時間を作るボールを、何種類持ち合わせていますか?

スライス、ムーンボールなど、アナタは走らされたときにしっかり時間を作れていますか?

テニスはサッカーやバスケのようにボールキープをできるスポーツではないので、必ず相手に打ち返さないといけません。

であれば、どんなボールを返すかを考える。

しっかり自分がポジションに戻れるような時間を作れる、そんな球種が試合では求められます。

 

■どこかで相手の「癖」を見抜いて、試合終盤に備えたい

いつまでも守ってばかりでは、体力も消耗してしまいます。

相手の配球、打つコースの癖を「走りながら」もしっかり読み解くようにしましょう。

同じ大会に出ている訳ですから、相手と自分でそこまで差は無いはず。

癖を見抜いて、しっかりコース読んで動けたときには反撃の狼煙を上げましょう!

 

我慢のテニスは、正直しんどい。

体力的にもそうですが、周りから「あぁ・・・アイツかわいそうだな・・・」という目線も辛い。

でもやっぱり試合に勝ちたければ、強い相手に粘るプレーは必要です。

イーブンに戻すボールと、癖を見抜く眼力、養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコツ

    ストロークを武器にしたい、強化したい人は、まずこの技術をレベルアップさ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?

    相手のバックハンドを狙うことは、テニスの試合では大事なポイント。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

    試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?

    ストロークに安定感がある人は、打ち終わりが違う。打ち終わりが違…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ

    ストロークで粘りが足りない。そう感じている人は、男女に関わらず…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に

    ラリー練習をしている時は、飛んできた方向へそのままボールを返すことが多…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応…
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合では、「序盤に離されないで、安定したサービスキープ」をする為の準…
  4. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」
PAGE TOP