テニス メンタル

メンタル

「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いからです

今回アンケートを実施させて頂く中で、厳しいご意見もたくさん頂きました。

中でも多かったのが、「勝つためのテニスは、全然楽しくない!」というご意見。

すごく、気持ちは分かります。

分かるのですが、私が伝えたいのは「その先」にある、何か。

楽しさなのか、苦しさなのか。

でも、そこを経験出来るかどうかは、アナタが覚悟を決められるかどうかにかかっています。

 

「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いからです

 

■「勝ちの徹する」とはどういうことか?

たくさんのご意見を頂きましたが、どうも皆さん誤解されているようです。

私が書いてきた記事の中で、粘りであったり観察、自分のプレースタイルの客観視や準備、といったこと。

これは、姑息に勝とうとする手段、くらいにしか思われていないのかも知れない。

まぁ・・・否定はしませんが、勝ちに徹するということは決して「姑息な手段」では無いと思う。

結果的に相手が崩れるのを誘う、部分もありますが、それはテニス以外のスポーツでもごくありふれた光景。

そこまでしない、出来ないのは、やっぱりアナタが本気になれていないから。

本気になるのが怖いから、だと思います。

 

■心配しなくても、本気を出して負けても誰もバカにしない

私も経験、あります。

高校時代、とにかく負けるのが怖かった・・・それも下級生やシードが下位の選手に。

試合後半で追い詰められると、本気を出さないで終わることで余力をアピールしていたような、最悪の感じでした。

なので、何も偉そうなことは言えませんが・・・結果的に、それって損しているだけ。

本気の自分を出して負けても、誰もアナタのことを蔑んだりはしないでしょう。

むしろ、本気を出さない自分を叱ってくれない人、の方が問題のような気がする。

アナタ自身が、一番恐れている問題は、実は大したことは無い問題。

一度本気で戦ってみること、から全ては始まるのです。

 

■「楽しい」の基準を変えていこう

逆に、試合に勝てなくても良い、楽しく打てれば良いと思っている人は、何が「楽しい」と感じているのか。

責めている訳ではありません。

例えば、速いボールが打てるようになった、ボレーが上達した、ということに「楽しさ」を覚えるのは自然なことです。

いわば、ボールをどう動かすのか、コントロールの部分ですよね。

その次の楽しさ、今回のように勝ちに徹するということは、対象が「人」になるということです。

テニスは人と人の間にあるスポーツだから、人が動く、勝敗が付く、感情が生まれる。

ここに楽しさを覚えるようになれば、勝ちに徹することにも快感を覚える、楽しいと思えるようになるはず。

急には難しいでしょうが、勝負事に楽しさを覚えることが出来れば、テニスは強くなれるのです。

 

結論、勝ちに徹する本気、がやっぱり欲しい。

本気の自分が大したことなくても、それは自分なんだから仕方ない。

でも、「知る」って大事だと思いませんか?

「本気の自分」を知っている人、何人のテニスプレイヤーでいるでしょうか?

きっと、少ない。

だからこそ、アナタにはチャンスがあるのです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ

    テニスの試合は、非日常の世界。誰かと真剣勝負、なんて場面は日常…

  2. テニス 練習

    メンタル

    ネット際のボールって、避けておくべき?

    みなさんは、自分のファーストサーブがフォルトしたとき。そのボー…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  4. テニス メンタル
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

  6. テニス リターン

    メンタル

    思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる

    思い切った作戦、みなさん実行出来てますか?実際にリスクを伴いま…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛は、「センターラインを超えたらそのままチェンジ」でハッキリさ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?
  4. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要な…
PAGE TOP