ダブルス

前衛は後衛のボールを、「奪って」OK

ダブルスで活躍出来る、前衛の考え方。

自分から動いて、ボールを触りにいくときに、しっかり意識したいのがこれです。

優先権が、自分にはあるんだ、という自覚が大事。

前衛は、もっともっと、味方のボールを奪いにいきましょう。

 

前衛は後衛のボールを、「奪って」OK

 


 

1.まずは、動画でチェックしてみましょう

説明するよりも、こちらをご覧ください。

3:30 あたりのポイント、を見てみみましょう。

前衛にいる杉田選手が、飛び出して後衛のボールを奪っていく。

その中で、錦織選手よりも前でボールを捕らえてスマッシュ、してますよね。

これ、なかなか試合で出来ないんですよ。

どうしても、「スマッシュ、決めてくれ!」と願うだけの前衛になってしまいますからね。

しっかりと奪う、最後は自分が決めるんだという意識が大事です。

 

2.チャンスは前衛が決める、のがテニスの基本

動画を見ても、相手は結構粘ってます。

何とかロブを上げて、後衛の錦織選手にスマッシュを打たせている。

その次も、なんとか上げてまた後衛の錦織選手に・・・というところで、杉田選手が飛び込んでいく。

「そうはさせないぞ!」という意図、が見えます。

チャンスは、最後はしっかり自分で決めるんだという前衛の意志、が見えるので試合では最後に差になる。

大事な意識としては、しっかり「奪う」という意識です。

 

3.奪いたいなら、センター寄りに立とう

「しっかり決めたい!」と思っていても、意志だけなら何も出来ない。

しっかり、ボールが触れる場所、に立っておかないとダメですよね。

それは、つまりはセンター寄り。

センター近くに立っているから、奪うことが出来るんです。

後衛の選手が打っても、悪くないような場面。

でも、それを前衛が打つからこそ、ポイントがフィニッシュする。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

しっかりと奪いにいかないと、ずっと後衛が粘っているだけ、のダブルスになってしまいますよ。

 

4.リスクを冒す、前衛になろう!

当然、相手から切り返される場面もあるでしょう。

ストレートに打たれたりすること、失点もあると思います。

でも、それは必要なポイント。

相手からすると、ギリギリのプレーなんですよ。

安全に後衛に逃げていく、方がずっと楽。

でもそっちを通させない、という意識がアナタ自身には必要なんです。

多少ストレートを抜かれても、気にしない。

どんどん、後衛のボールを奪っていく、アグレッシブな前衛でいきましょう!

 

後衛の選手は、基本つなぐ、粘るのが仕事。

そこに任せておけば、ある程度の安定は望めるでしょう。

ですが、それでは勝てない試合も多い。

遠慮なく奪いにいく、その姿勢を持った前衛、になっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

    ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。こういう…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを持てば良い?

    ダブルスの試合、ポイントを自分たちから獲るイメージ、しっかり湧いてます…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

  4. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

    前衛でしっかりポーチに出たかと思えば、ストレートもしっかりブロックでき…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  6. テニス 準備

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

    私自身、最近はミックスダブルスに出る機会が多く、色々と研究する毎日です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう
  2. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定し…
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    大きな喪失感を目の前にして、人は初心、原点に立ち戻れる
  5. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと
PAGE TOP