テニス リターン

ダブルス

ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い

ダブルスの試合を観ていて、感じる違和感。

私は、前衛がなぜか謝っているペアが多いのが、すごく気になります。

「ごめん!邪魔した!」という声、絶対どこのコートでも聞こえてきますよね。

でもこれって、みなさんどう思いますか?

謝る必要、全くないと思いますよ。

 

ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い

 


 

1.全く動かないより、全然効果的

前衛がポーチに出ようとする、でも触れないで、結果的に失点する。

もちろん、望んだような失点ではないでしょう。

でも、何も悲観する必要は無いと私は思いますよ。

前衛に立っていても、全く動かないような選手、プレイヤーも多いですから。

私からすると、まだ試合に参加しようとする、ラリーに自分から飛び込んでいく姿勢、だけでも評価したい。

実際、相手にもプレッシャーになりますからね。

動くだけ、でもまずは良い。

そこから全てが始まるんです。

 

2.触れなかったこと、を謝る前に

アナタが前衛なら、やるべきことがあります。

それは、しっかり分析すること。

動き出しが遅かったのか、そもそもポジションが悪いのか。

触れないなら、その理由が必ずあるはずなんです。

謝る前に、それをしっかり意識して見つめなおす。

次のポイントに、活かしていく。

これが、勝てる選手の考え方、でしょう。

 

3.後衛に謝っても、何も良いことは無い

実際に、謝っても何も良いことは無いです。

ただ、自分を慰めたいだけ。

厳しいようですが、謝り癖が付いている人は、謝れば良い、とどこかで考えてしまうんですよ。

触りたくてポーチに出て、触れなかったという事実。

あとはこれと、どう向き合うかです。

もしかしたら、相手は警戒して次はストレート、に打って来るかも知れない。

悔やんでいる暇があったら、相手の表情を観察して次は誘う、くらいの意気込みでいきましょう!

 

4.前衛は「邪魔をする」存在です

ダブルスの試合、そもそも前衛の仕事は「邪魔をすること」です。

もちろん相手に対して、ですが、それはある意味味方の後衛の選手に対しても、なんです。

気持ち良くクロスラリーしている中に、飛び込んでいく、流れを断ち切る。

結果的に相手の邪魔をする、ことになりますが、味方の後衛に遠慮している時点で前衛失格。

失敗しても、失点しても良いから「自分が触るんだ!出るんだ!」という意志、を持たないと。

後衛の邪魔をしてしまう、くらいの意識で良いんです。

じゃないと存在感のある前衛になんて、なれないですから。

 

味方の邪魔をする、くらいの感覚で良いですよ。

それくらい、前衛には優先権があるし、存在感を出して良い。

「自分が触ったら、まずいかも・・・」と、思わないこと。

それって、厳しいようですが甘えでしかない。

悔しければ、練習する、試合に出る。

ダブルスの試合、謝ってばっかりの前衛から卒業していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやって判断しましょう

    ダブルスの試合では、陣形に関わらず「前衛と後衛」で役割が異なります。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について

    ダブルスで2人が横に並ぶような陣形、並行陣やダブルバックの陣形のダブル…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

    ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。まず冷静になって、ク…

  4. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?

    ダブルスの基本はセンター狙い。特に並行陣相手だと、結構意識して…

  6. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう

    ダブルスの試合、並行陣でロブに弱い。これは、試合では致命的な弱…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ
  2. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージし…
  3. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう
  4. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
  5. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!
PAGE TOP