ダブルス

雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

雁行陣での戦いで、しっかり攻撃的にプレーしたい。

でも、しっかり守備もしたい。

この役割を担うのは、前衛です。

前衛がしっかり洞察力を持ってプレー出来れば、雁行陣はまだまだ強くなる。

キーワードは、メリハリです。

 

雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

 


 

1.ダブルスの前衛は、難しい・・・?

と、たくさんの方からお悩みの声を頂きます。

ダブルスの前衛、何をしたら良いのか分からない、と。

確かに、待っていてもボールは来ないし、相手にボレーされたらそれを守らないといけない。

自分の判断力、決断力が求められるところですよね。

これは、何度も書いて来ましたが私たち日本人が苦手にするところ、でしょう。

後衛のように粘ってひたすらつなぐ、チャンスを作る方が得意な方が性格上多い。

だからこそ、チャンスがあるとも言えますね。

 

2.何を感じるか、が大事

ラリーの中で、何を感じるのか。

それは、ただ立ってるだけなら気付きません。

後衛同士のラリーで、どっちの選手が押しているのか。

自分のパートナーなのか、それとも相手の後衛なのか。

それによって、自分が攻撃に出るべきか、相手の前衛をケアするべきか・・・が、変わって来ますよね。

自分のパートナーが押しているなら、しっかりセンターに詰めてポーチで加勢したい。

この感じる力、があるかどうかが前衛として大事。

鈍感な人は、ずっと目の前にボールが来るまで動きません。

 

3.相手後衛の癖、を見抜こう

後衛同士で、どちらが押しているのか、と同時に。

もう一つしっかり見極めたいポイントがあります。

それは、相手後衛の癖。

テイクバックが遅いような相手は、特にその癖が顕著に現れやすい。

「クロスにしか打てないような恰好」になっている、と気付かないとダメなんです。

「あ、毎回この深いボールはクロスだな」と気付ければ、楽にポーチに出られる。

ボールは必ず、相手のラケットから打ち出される、のがテニスですから。

癖を見抜こうという意志さえあれば、道は拓けます。

 

4.もっともっと、プレッシャーをかけていこう

ここぞ、という場面ではしっかりプレッシャーをかける。

これは、洞察力以上に大事なこと。

スタートを切る決断の部分で洞察力は大事ですが、そこからどれくらいセンターに詰めることが出来るのか、はもっと大事。

アナタ自身が考えている以上に、もっとダブルスでは前衛がプレッシャーをかけて良いんですよ。

自分の後衛が押している、クロスに来る癖を見抜けたような時。

または、とにかく分からないけど何か興さないとそのまま負ける時。

どんどん、前衛は動いていきましょう。

 

雁行陣ですから、もっと大胆で良い。

後ろは後衛がしっかりカバーしてくれる、と信じて前衛は動きましょう。

洞察力は、なかなかすぐには身に付かない力、かも知れません。

意識し続けた人にだけ、急にふっと降りて来る。

そんな力かも知れませんね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30

    今回は、ちょっと趣向を変えてまとめてみたいと思います。テーマは…

  2. ダブルス

    サーブ&ボレーが上手くいかない人は、2段階のあのコツがお勧め!

    サーブ&ボレーに挑戦したいけど、難しいと感じている方へ。難しく…

  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

    「正直、ミックスダブルスが苦手・・・」と、悩むのは男性の方でも多いはず…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    上級者ダブルスでは覚えておきたい「サーブ&ボレーの並行陣、からの逆陣形」への対応方法とは?

    特に男子ダブルスの上のレベルでよく観る、並行陣の逆陣形。これは…

  5. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応…
  2. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?
  3. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「おうちで出来る練習」は工夫次第でテニスの上達の助けになります!
  5. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?
PAGE TOP