ダブルス

ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。

硬式テニスでは前衛専門、という訳にはいかないので後衛のプレーも基本をしっかり抑えておかないといけない。

ストロークが苦手?

だったら戦い方は、工夫次第。

その為にも、まずはテニスの試合のダブルスの試合、後衛に求められる役割についてまとめてみました。

 

ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

 

1.ゲーム全体をコントロールする

後衛はゲームメイカー。

司令塔となり、前衛をしっかり使ってポイントを作っていく役割が求められます。

まずはサーブを入れる、リターンを入れる、ところが最低限の役割。

その中で、相手をいかに崩していくかのイメージを持ってプレーしていきましょう。

 

2.相手の実力に応じた展開力が求められる

よく後衛は、「ひたすらクロスで粘る」ことが役割とされています。

間違いではありませんが、かなり格上でストロークが強力な相手だと、それも厳しいですよね?

であれば、実力を見極めてストレートに展開する、勝負のフィールドを変えることも後衛の役割。

自分たちと相手の実力を客観視して、的確な判断が後衛には求められます。

 

3.チャンスを引き出して前衛を使う

後衛は後ろのポジション、ですのでなかなか自分のショット単発でエースにはなり辛い。

だからこそ、前衛に決めてもらうためのショット、ゲームメイクが求められるのがテニス。

例えばドロップショットで後衛を走らせたり、前衛にロブを触らせて厳しいハイボレーをさせたり、前衛に活躍してもらう土壌を作りましょう。

そういう武器、手数はアナタにとって必要です。

 

4.雁行陣と並行陣の使い分け

ダブルスでは2人で前にいく並行陣、そして後衛がベースラインに留まる雁行陣、の大きく分けて2つの陣形がある。

この2つを使い分けるのは、後衛であるアナタの役目です。

しっかりと両陣形の違い、後衛の配球セオリーは頭に入れてプレーできるようにしておかないといけません。

特に雁行陣でプレーする方は、前のスペースにダッシュ出来る力、ストローク力は求められますので、注意して練習しておきましょう。

 

5.安定したサーブ力とリターン力

シンプルに、後衛にはこの2つの力は大事です。

何も、速さや力だけじゃない。

味方の前衛もいる訳ですから、安定感を持って前衛に活躍してもらうサーブ、リターンが必要です。

後衛の役割を果たしたければ、最初のショットであるサーブ力、リターン力のアップは不可欠です。

 

「当たり前じゃん・・・」と思った方も多いと思います。

そう、後衛には当たり前と呼ばれる、基本となるプレーがコンスタントに求められるのです。

テニスが上手くなっていく、ということは後衛でゲームメイクが出来るようになること。

学生の皆さんも、ぜひダブルス巧者を目指して、頑張って下さい!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

    ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファースト…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合を、「人が多いと考えるのか?少ないと考えるのか?」について

    ダブルスの試合を、あまり好きになれない人・・・。もしかしたら、…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!

    ダブルスの試合でしばしば議論にあがる、この問題。相手ペアに実力…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス 準備

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

    私自身、最近はミックスダブルスに出る機会が多く、色々と研究する毎日です…

特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い
  2. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペース…
  3. テニス ミス

    その他

    サッカー日本代表戦を観て感じた、「コンディションの良さ」こそテニスの試合でも大事…
  4. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?
  5. テニス 食事

    その他

    「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える
PAGE TOP