ダブルス

ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。

硬式テニスでは前衛専門、という訳にはいかないので後衛のプレーも基本をしっかり抑えておかないといけない。

ストロークが苦手?

だったら戦い方は、工夫次第。

その為にも、まずはテニスの試合のダブルスの試合、後衛に求められる役割についてまとめてみました。

 

ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

 


 

1.ゲーム全体をコントロールする

後衛はゲームメイカー。

司令塔となり、前衛をしっかり使ってポイントを作っていく役割が求められます。

まずはサーブを入れる、リターンを入れる、ところが最低限の役割。

その中で、相手をいかに崩していくかのイメージを持ってプレーしていきましょう。

 

2.相手の実力に応じた展開力が求められる

よく後衛は、「ひたすらクロスで粘る」ことが役割とされています。

間違いではありませんが、かなり格上でストロークが強力な相手だと、それも厳しいですよね?

であれば、実力を見極めてストレートに展開する、勝負のフィールドを変えることも後衛の役割。

自分たちと相手の実力を客観視して、的確な判断が後衛には求められます。

 

3.チャンスを引き出して前衛を使う

後衛は後ろのポジション、ですのでなかなか自分のショット単発でエースにはなり辛い。

だからこそ、前衛に決めてもらうためのショット、ゲームメイクが求められるのがテニス。

例えばドロップショットで後衛を走らせたり、前衛にロブを触らせて厳しいハイボレーをさせたり、前衛に活躍してもらう土壌を作りましょう。

そういう武器、手数はアナタにとって必要です。

 

4.雁行陣と並行陣の使い分け

ダブルスでは2人で前にいく並行陣、そして後衛がベースラインに留まる雁行陣、の大きく分けて2つの陣形がある。

この2つを使い分けるのは、後衛であるアナタの役目です。

しっかりと両陣形の違い、後衛の配球セオリーは頭に入れてプレーできるようにしておかないといけません。

特に雁行陣でプレーする方は、前のスペースにダッシュ出来る力、ストローク力は求められますので、注意して練習しておきましょう。

 

5.安定したサーブ力とリターン力

シンプルに、後衛にはこの2つの力は大事です。

何も、速さや力だけじゃない。

味方の前衛もいる訳ですから、安定感を持って前衛に活躍してもらうサーブ、リターンが必要です。

後衛の役割を果たしたければ、最初のショットであるサーブ力、リターン力のアップは不可欠です。

 

「当たり前じゃん・・・」と思った方も多いと思います。

そう、後衛には当たり前と呼ばれる、基本となるプレーがコンスタントに求められるのです。

テニスが上手くなっていく、ということは後衛でゲームメイクが出来るようになること。

学生の皆さんも、ぜひダブルス巧者を目指して、頑張って下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要

    サインプレーって、ハードルが高い。ダブルスの試合で試してみたい…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ケアー!」と叫ぶ後衛って・・・どうでしょう?

    ダブルスの試合で、雁行陣で後衛のボールが甘くなる。思わずパート…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと

    一般の試合では、ミックスダブルスの試合も多い。ベテランからシニ…

  5. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖くない!

    ダブルスの試合は、相手コートに2人。前衛もいる中で、サーブが強…

  6. ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!

    ダブルスの試合を観ていて、感じること。並行陣でせっかく前を取っ…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです
  2. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合で、「ミスが少ない人は何が違うのか?」を失点の種類で考えてみる
  3. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
  4. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」
  5. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本
PAGE TOP