ボレー

テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ

ダブルスで前衛にいるときに、心のどこかで思っていませんか?

「バックのハイボレーに来たら、困るな・・・」と。

どこかに不安要素があると、積極的に触りにいくネットプレーができないモノ。

この機会に、バックハンドのハイボレーを磨いて、試合で使えるテクニックに仕上げていきましょう!

 

テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ

 

1.素早いラケットアップと準備

まずはハイボレーと分かった瞬間に、ラケットを頭の横にセットしましょう。

そこからしっかり動いていく、下がっていくフットワークが重要。

苦手意識があると、なかなかラケットを上げられないようになりがちなので、普段の練習から準備の速さを意識しておきましょう。

 

2.叩けるときには打つ直前にヘッドを下げる

少し余裕があるときには、打つ直前にラケットヘッドを寝かせて反動を付けて、パンチの効いたボレーにしましょう。

ポイントとしては、フラットに当て過ぎないこと。

少しボールの横を触るようなスライス回転を意識すると、相手もバウンド後に攻め辛いボールになります。

 

3.深いロブに対応するときには上向きの面を作って、山なりに深く返球

バック側にロブを上げられることは、試合でもよくあります。

これに慌てているようでは、ネットプレーでポイントが獲れません。

まずは厳しい、と感じたら深く山なりな返球を心がけて次に備えましょう。

厳しいボールは自分の態勢を立て直す時間を作ることが、大切です。

 

4.男性の片手バックハンドなら、深いボールも背中を向けてパンチ力を

2.の項目に近い内容ですが、よりチャンスと感じたら、思い切って相手コートに背中を向けてボールに入りましょう。

特にバックボレーの逆クロス方向へは、この打ち方が便利です。

ミドルボレーくらいまでは肩を入れて横向き・・・でも良いのですが、ハイボレーでは背中を向けるくらいの意識で打ちやすいはずです。

 

5.女性の両手バックハンドは、思い切ってドライブボレーを!

女性のバックハンドボレーは両手の方も多いはず。

そこでお勧めは、思い切ってドライブボレーで叩いてしまおう!ということです。

フワ―っとしたボールではなくても、少し山なりであればチャンスだと思って下さい。

厳しければ、3.で書いたように深く凌ぐことも大切ですが、女性のバックハンドボレーはどうしても狙われがち。

思い切った意識改革で、相手の脅威になってみましょう。

 

個人的に、女性プレイヤーの方にはぜひ5.の項目を頑張ってもらいたいです。

バックのハイボレーは、ストロークがある程度得意な選手であれば絶対、ドライブボレーのほうが打ちやすいです。

無理にスライスで通常のボレー、というほうがミスが多いし攻められる。

まずは騙されたと思って、普段からドライブボレーを多めに打ってみて下さい。

もちろん周囲の方は、流れ弾に注意で・・・。

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

    テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。それはドロップ…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーで決めることが出来ない…人は、「相手がボールを打つ少し前」に、打つコースを決めてしまおう

    ボレーの決定力、自分はある!と自信を持って言えますか?なかなか…

  4. ボレー

    「足元のボレー」を磨けばテニスの試合ではもっと前にチャージできる

    テニスは技術とか体力、脚力なんかが要求されるスポーツなのだが、判断力も…

  5. ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不可欠です

    テニスのラリーは、速い、遅いが瞬時に切り替わる。相手が打って来るボ…

  6. ボレー

    自分のボレーに、「伸びが無い」と感じている人は、打つ瞬間に前足が上がっているかを確認しよう

    ネットに出てボレーをしても、簡単に相手から返されてしまう。またダブ…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が…
  2. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つの…
  3. メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの…
  4. その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない
  5. その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう
PAGE TOP