テニス 打点

フットワーク

攻撃的なボレー、あのフットワークが肝

ボレーが弱い!と、お悩みのみなさん。

なぜ、アナタのボレーが試合で決まらないのか、それはラケットワークが下手だから?

いえ、恐らくしっかりネットに詰めること、が出来ていないからでしょう。

テニスは、ボールが少しでも低い位置に落ちる、ネットから遠い、というだけで、攻撃力は落ちる。

相手のボールが緩いなら、素早く前に詰める動き、が必要ですね。

フットワーク改革、今日からご一緒しましょう。

 

攻撃的なボレー、あのフットワークが肝

 


 

1.クロスオーバーステップを!

自分がボレーを打つ、時に、前に詰める動き。

試合では、結構多いですよね。

相手のボールがフワッと山なりで、自分の前に落ちそうな時。

前に詰めてボレー、その足の運び方が肝になります。

使いたいのは、クロスオーバーステップ。

後ろ足が、どんどん自分の前足を追い越していくような動き、ですね。

スマッシュで下がる時に使いますが、前に詰める時にも効果的なステップ。

ぜひ、使えるようになって欲しい技術です。

 

2.自然と横向きも作れるから攻撃力が増す

例えば、右利きの方のフォアハンドボレーのフットワークであれば。

前に詰める中で、右足が左足より前に出ていく。

その中で、自然と上半身を横向き、に作っていけば、ボレーの準備も出来ますよね。

右足が前に出れば、また左足がそれより前、に出る。

どんどん、足が前に出ていく。

このリズム感、が大事です。

身体の近くにボールが来た時にも、上手く避けることも出来て便利。

ぜひ、試合の中で意識して使ってみて下さい。

 

3.「どの程度詰められるのか?」を把握しよう

ボレーが上手い人は、これをよく理解しています。

自分が、どの程度詰められるのか、今のポジションはどうなのか。

反射的に判断出来るから、強いんです。

フワッとしたボールでも、一回下にバウンドさせて、打った方が良い場合もあります。

テニスでは、この選択が自由に出来ますから。

でも、その分判断力、が求められるのがテニス。

しっかり、自分のポジションと脚力、そしてこのステップでどの程度前に詰められるのか、を日常から意識しておかないとダメです。

 

4.余裕が出てきたら・・・

クロスオーバーステップで前に詰めながら、相手の位置を確認する。

先ほどの、右利きの方のフォアハンドボレーなら、左目で相手コートを見る。

それも、なんとなく、で良いんです。

ボールを見ながら、相手も見る。

横向きの姿勢が作れると、ボレーでもこれが出来ます。

前に詰めてのチャンスでも、相手がいるところに打ったら途端にピンチになる。

そうならないように、周辺視でしっかり相手を把握する。

そのためにも、素早く前に詰めれて横向きも作れる、クロスオーバーステップはお勧めです。

 

プロ選手の動画を観ても、自然とボレーは横向きで入って打ち終わる。

前に詰めて決めるボレー、はそうですよね。

前への推進力、がある選手はやはりネットで強い。

脚力ではなく、テクニックで変わります。

ぜひ、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    「スプリットステップ」は少しのコツで、テニスの試合が見違えるほど勝てるようになる!

    相手が打つ瞬間、スプリットステップをする。このスプリットステッ…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わる!

    テニスは足を使う。走る・・・という意味もあるし、足のパワーを利…

  3. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークとは?

    テニスラケットがどんどん発達している。でもやっぱりテニスはアナ…

  4. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    ボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけ守備力は上がる

    ストロークにネットプレー、皆さんは自分の守備力は高いと思いますか?…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る

    実際の試合で、後半に強い人は結果も出しやすい。しぶとい人、選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 筋トレ

    テニス知識

    体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる
  3. テニス ロブ

    ストローク

    テニスのダブルスの試合では、「並行陣に対して触らせるロブ」が打てると、相手をネッ…
  4. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイン…
  5. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格はなぜ危険なのか?
PAGE TOP