ダブルス

前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる

前衛のポジション、ダブルスではもっと前で良い。

きっと、アナタ自身1メートル前に出ること、で相手のプレッシャーは変わります。

たった1メートルですが、相手の視界に与える効果は抜群。

それに、下がっているからと言って守備力が高い、とも言えないですからね。

 

前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる

 


 

1.ダブルスの前衛のポジション、意識出来てる?

基本は、サービスエリアの真ん中、くらいでしょうか。

ダブルスの雁行陣であれば、そこが基本となって、相手コートにボールがあるときは少し前。

この場合、赤側の後衛が打とうとしているので、青側の前衛が少し前に来ている感じ。

まぁ、これ↑を見てもそんなに悪いポジションではないと思います。

相手の赤側の後衛の態勢にもよりますが、本来もっと前、に詰めても良いでしょう。

ネットが触れるくらい前に詰める、ことで相手へのプレッシャーは全然違う。

逆に、ネットから遠いと・・・。

赤側の後衛に、プレッシャーはかからない。

前衛で触れない、参加出来ない人は、自然とこういう感じのポジションになっているはずです。

 

2.前衛が下がっていると、やっぱりボールに触れない

相手に打たれるのが怖い、から下がってしまうと・・・どうでしょう。

相手の後衛、が打てるコースはどんどん拡がっていきます。

ストレートにも打てるし、クロスへも楽に打てる。

これは、実際に試合で前に出て来ない前衛と対戦すると、気付くはずです。

下がっても、守備力が上がるどころか下降してしまう可能性が高いんですよね。

前にいた方が、実際にボールに触れる可能性が高い。

ボールに近づく、のが前衛の基本ですからね。

でもそれだと、ロブが怖い?

それは打たれてから、考えましょう。

とにかく、相手の後衛に楽なプレー、をさせないことが第一です。

 

3.前衛のポジションで、後衛の心理は揺れ動く

ちょっとした差、でもそれは大きい差です。

前衛のポジション一つ、で後衛の心理は大きく変わります。

前衛が前に来れば、やっぱりそれだけで嫌なんですよね。

低く打とうとしてネット、厳しいクロスを狙ってサイドアウト、が増えますから。

それに、前に詰めると前衛の心理としても楽になります。

だって、触るだけで相手コートには入る。

触れば良い、当たり損ないでも決まるかもしれない、と思える。

メンタルが前向きだと、積極的になれるからパートナーの後衛からも信頼される。

それに、相手の前衛も警戒してくれるから守備的になる、前に詰めれなくなる。

相手の心理を動かす、プレッシャーをかけていけるかどうか、もアナタ自身のポジショニング一つです。

 

前衛のポジション、もっと前、ですね。

それから相手後衛の態勢によってはセンター寄り、積極的にポーチに動きましょう。

良いポジション、にさえ立てれば、技術は最低限でもOK。

激しく動かなくても、良いボレーは打てるし相手も崩れてくれる。

良いことずくめ、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない

    ダブルスの試合を見ていて、感じること。ダブルスのパートナー、し…

  2. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

    ダブルスの試合で、いつ前衛がポーチに動くのか。そして、動きやす…

  3. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、コートの端にいてもボールは永遠に飛んで来ません

    ダブルスが強いペアは、2人の距離が近くポジションがセンターに集まってく…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

    ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか?…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に

    ダブルスの試合で、今年こそしっかり強くなりたい。結果を出したい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ
  2. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備が遅すぎる!
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!
  4. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考…
PAGE TOP