ダブルス

前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる

前衛のポジション、ダブルスではもっと前で良い。

きっと、アナタ自身1メートル前に出ること、で相手のプレッシャーは変わります。

たった1メートルですが、相手の視界に与える効果は抜群。

それに、下がっているからと言って守備力が高い、とも言えないですからね。

 

前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる

 


 

1.ダブルスの前衛のポジション、意識出来てる?

基本は、サービスエリアの真ん中、くらいでしょうか。

ダブルスの雁行陣であれば、そこが基本となって、相手コートにボールがあるときは少し前。

この場合、赤側の後衛が打とうとしているので、青側の前衛が少し前に来ている感じ。

まぁ、これ↑を見てもそんなに悪いポジションではないと思います。

相手の赤側の後衛の態勢にもよりますが、本来もっと前、に詰めても良いでしょう。

ネットが触れるくらい前に詰める、ことで相手へのプレッシャーは全然違う。

逆に、ネットから遠いと・・・。

赤側の後衛に、プレッシャーはかからない。

前衛で触れない、参加出来ない人は、自然とこういう感じのポジションになっているはずです。

 

2.前衛が下がっていると、やっぱりボールに触れない

相手に打たれるのが怖い、から下がってしまうと・・・どうでしょう。

相手の後衛、が打てるコースはどんどん拡がっていきます。

ストレートにも打てるし、クロスへも楽に打てる。

これは、実際に試合で前に出て来ない前衛と対戦すると、気付くはずです。

下がっても、守備力が上がるどころか下降してしまう可能性が高いんですよね。

前にいた方が、実際にボールに触れる可能性が高い。

ボールに近づく、のが前衛の基本ですからね。

でもそれだと、ロブが怖い?

それは打たれてから、考えましょう。

とにかく、相手の後衛に楽なプレー、をさせないことが第一です。

 

3.前衛のポジションで、後衛の心理は揺れ動く

ちょっとした差、でもそれは大きい差です。

前衛のポジション一つ、で後衛の心理は大きく変わります。

前衛が前に来れば、やっぱりそれだけで嫌なんですよね。

低く打とうとしてネット、厳しいクロスを狙ってサイドアウト、が増えますから。

それに、前に詰めると前衛の心理としても楽になります。

だって、触るだけで相手コートには入る。

触れば良い、当たり損ないでも決まるかもしれない、と思える。

メンタルが前向きだと、積極的になれるからパートナーの後衛からも信頼される。

それに、相手の前衛も警戒してくれるから守備的になる、前に詰めれなくなる。

相手の心理を動かす、プレッシャーをかけていけるかどうか、もアナタ自身のポジショニング一つです。

 

前衛のポジション、もっと前、ですね。

それから相手後衛の態勢によってはセンター寄り、積極的にポーチに動きましょう。

良いポジション、にさえ立てれば、技術は最低限でもOK。

激しく動かなくても、良いボレーは打てるし相手も崩れてくれる。

良いことずくめ、だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」

    ダブルスの試合、並行陣のペアってやっぱり迫力がありますよね。サ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

  3. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

    皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?…

  4. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

    試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。これ、出来ているようで…

  6. ダブルス

    抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

    先日、私も年内最後の試合に出て来ました。そこで、感じたこと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
  2. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス ボレー

    ボレー

    コンパクトなボレーの打ち方は、「ラケットが収まる場所」を作ることで完成します
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  5. テニス トレーニング

    練習メニュー

    「短い練習時間でテニスの試合に勝てるようになる!」ために、必要なのは具体的な意識…
PAGE TOP