ボレー

ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!

ダブルスの試合、なかなか前衛で活躍出来ないと感じている方へ。

もしかしたら、このジグザグフットワークが効果的かも知れません。

私も、ポーチに出る出ないに関わらず、とにかくこのフェイントを入れています。

意外と、この動きをリターンの相手に見せるだけでも効果的ですよ。

 

ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!

 


 

1.いきなり動き出す!のは、難しい

前衛で、いきなり動き出してバン!とポーチを決める。

これって、理想かも知れませんが難しいこと。

そんなに人の身体は、いきなり動き出して言うことを聞いてはくれません。

それより、ちょっとした予備動作が入ってからの繊細な動き、細かい動き、加速する動き、なら出来る。

軽く動いてから一気に動く、のが前衛でも欲しいフットワークなんです。

 

2.前方向へ入っていく、中で左右の動きを入れる

イメージしてみて下しさい。

元々の前衛のポジション、に立つのではなく、そのもっと後ろから動いて入る。

それも、少しだけ左右に動きながら、ジグザグ動いて前に入る・・・と、相手はどうでしょう。

気になるし、ストレートに誘われているような、ポーチにも出て来そうな・・・すごく迷う感じになると思うんです。

ポイントは、リターンの正面の相手にしっかり気付いてもらうこと。

それから、予備動作を入れることでアナタ自身の動きを軽快にしていくこと、ですね。

 

3.だたジッと待っているだけの前衛に、未来は無い

そもそも、ボールも飛んで来ないですしね。

相手も興味が無いから、気にしない、プレッシャーにならない。

ジッとしていても、何も起せないですよ、テニスでは。

例えボールが結果的に飛んで来なくても、毎回しっかりと左右にフェイントを入れる。

こうやった結果、それでも触れなかったのであれば仕方ない、相手が一枚上。

でも、ほとんどの人はこの動き、すら出来ていないはずですから。

それでポーチに出ようと思う方が、難しいと思いますよ。

 

4.小さい動きで良いので、ジグザグ前に出よう

前衛として、前に入っていく。

ポジションは少し後ろ目から、味方のパートナーのサーブの音を聞いて前に出る、その時にジグザグ左右に動く。

これだけ、です。

小さい動き、で良いのでぜひ試合の中でやってみて下さい。

脚力に自信のある方は、少し大きい動きにしてみても良いと思いますけどね。

ジグザグ動いて、自分の気持ちも乗っていけるように。

とにかく前衛は、ボールを呼び込んでなんぼですから!

 

意外と、前衛って相手にとって存在感が無い。

これって、ダブルスではかなり致命的な問題です。

強いペアは、いつだって前衛が存在感抜群、ですから。

ジグザグに動いて前に出る、それだけでも全然違うはず。

やってみて、相手の反応を見てみて下さいよ。

もう、止められなくなりますから。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス チャンス

    ボレー

    「横向きボレーメリット1.2.3」テニスで必要な身体の向きをネットプレーで磨こう!

    ボレーを打つ時、ちゃんと横向き出来ているだろうか。横向きが出来…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?

    態勢を崩されても、しっかりボレーを返球する。低い打点でも、しっ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

    私がこのコツを掴んだのは高校一年生のとき。それまでは、打つ方向…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本を見直そう

    テニスでは、ボレーでも深さが重要。なぜならバウンドしたと同時に…

  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケースがほとんど

    ネットプレーは状況によって求められるものが大きく違う。特にシン…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由
  2. 練習メニュー

    練習に疲労感を求めて、満足する人達
  3. テニス メンタル

    戦術

    「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」
  4. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない
  5. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇…
PAGE TOP