テニス ポジショニング

フットワーク

滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。

もちろん、足が速いバリバリの学生プレイヤーなら良いですけどね。

でも、そんなに下がって・・・実際に深いボールって、どの程度飛んで来ますかね?

リターンにしてもそうです。

私たちは、本当に良い場所に立っているのか。

この問いかけは、社会人、ベテラン、シニアプレイヤーのみなさんにこそ必要な発想だと思います。

 

滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

 

1.深いボールなんて、試合で数球レベル

実際に、試合をしてデータを取ってみて欲しい。

もし、仲間に観てもらうか動画に撮影出来る機会があれば、数を数えて欲しいんです。

ベースライン付近に、深く鋭いボールって実は少ない。

そのボールをケアする為に、ベースラインの後方に下がって待つような行為、必要でしょうか?

シングルスでも、ダブルスでも、私はもっと現実的に考えています。

圧倒的に相手の当たり損ないや、チキッて浅いボール、になるケースが多い。

そうは思いませんか?

 

2.浅いボールに慌てる人は、永遠の中級者です

テニススクールでも、ここが一つの壁になります。

浅いボール、を自分から前に走ってしっかり取れるかどうか、コントロール出来るかどうか。

この違いこそ、中級者と上級者の違い、です。

浅いボールへの反応が遅い、判断が鈍い人は、ポジションからして下がり過ぎ。

深いボールが怖いのかも知れませんが、そういうボールはそもそも飛んで来ない。

飛んで来たとしても、テニスはボレーで返球しても良いルールになっています。

浅いボールをノットアップ、の方が圧倒的に心配です、私は。

 

3.ダブルスの前衛のポジションも、考えて欲しい

そもそも、「よく飛んで来る場所」の真ん中に立てているのかどうか。

相手の打つ場所、によってその真ん中、中心は変わるはず。

ここをみなさん、自分で考えないとダメですよ。

いつでも、どんなときでも、自分は同じ場所に居れば良い・・・なんてことは、テニスでは有り得ません。

特に試合で勝ちたい、周りと差を付けたいなら、しっかり考えないと。

ボールが来ない場所、でじっと待ち続けてもボールは飛んで来ない。

と言うか、試合に参加出来ないですよ。

 

4.相手の「甘いボール」に照準を当てよう

要は、こういうことです。

「厳しいボール」に意識を向け過ぎない、ことが大事。

みなさん、不安なのは分かりますが、相手のナイスショットは、ケアし過ぎない。

ダブルスの前衛はなら、ライン際のストレートアタックなんて捨てて良い。

全部の場所をカバーしようとするのではなく、一番飛んで来る場所で「相手のボールが甘くなる」ときに反応が遅れないようにする。

これだけで、きっと試合は楽にポイントが取れますよ。

つまり、ポジションは前、ダブルスなら全体的にセンター寄り、ということになりますね。

 

基本はあくまで基本。

でも実際の試合では、微妙に毎回ポジションを変えること、が大事なんです。

これは、自分で考えないと一生身に付きません。

工夫しては失敗し、シチュエーションごとに「ここに来そうだな」というのを自分の中で感覚として育てていく。

それこそ、きっとアナタの成長につながるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

    普段の練習の成果が、試合で出た時。すごく嬉しいですよね。…

  2. テニス リターン
  3. テニス ボレー
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

  6. テニス シングルス

特集記事

  1. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い
  2. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ
  3. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!
PAGE TOP