テニス サーブ

戦術

全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。

その一大イベントが、もちろん4大大会の一つ全米オープンテニス。

一般の大会ではまだまだオムニコートが多い日本ですが、少なからずハードコートでの試合もありますよね。

そこで今回は、改めてハードコートでの戦術について基本的な部分を確認しておきましょう。

 

全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

 


 

1.「キックサーブ」対策をしっかりと

まずはハードコートで増える、「キックサーブ」について。

レベルが上がるとセカンドサーブもしっかり跳ねて、リターン側は脅威になりますよね。

対策としては、シンプルに前に踏み込んでいくこと。

待っていてはバウンドが跳ねて肩より高い、力の入らない位置で打つことになります。

ミックスダブルスでは、女性も男性のこのサーブを返球しなければいけません。

どうしても厳しい場合はロブに切り替えて、まずはしっかり相手コートに返球できるようにしましょう。

 

2.攻撃でも守備でも、「ライジングショット」を打てるように!

1.にも連動しますが、ハードコートではライジングショットが有効になります。

むしろ、オムニコートのようにボールがバウンド後に減速しないので、準備を早くして打点を前に取らなければ、ストロークでもどんどん食い込まれていってしまいます。

錦織選手も、昨年このベースライン付近に立ってライジングショットを繰り返し、相手を追い詰めていく作戦で多くのシード選手を倒しました。

普段のライジングショットよりも、ハードコートではより早いタイミングでのラケットの振り出しが必要になります。

 

3.ハードコートは実は「スライス」が取りにくい

意外と意識できていないポイントですが、ハードコートではスライスが滑ります。

特にペイントしてあるライン上に落ちると、より滑ってくる感覚を味わうことになるでしょう。

だからこそ、アナタ自身もスライスをしっかりストロークとボレーで打てるようにならなければなりません。

逆に打たれたときには、しっかり目線を落として返球できるようにしなければ、どんどんスライスでアプローチされてしまいます。

オムニコートは人工芝の目が、スライスのバウンドをポップしてくれますので、実は打ちやすい打点まで上がってきてくれている。

しかも失速して・・・です。

この差をしっかり、頭の中で準備しておきましょう。

 

4.厳しい体力勝負、足腰の耐久力、フットワーク

ハードコートは足腰への負担も大きく、スタミナに影響します。

この猛暑の時期であれば、照り返しも厳しいでしょう。

だからこそ、足腰を普段から鍛えておくことはもちろん、試合の中でなるべく効率良く体力を使いたいところ。

セカンドサーブはなるべく打たない、自分が走るのではなく、相手を走らせる、そんな基本を徹底しましょう。

 

5.あっという間にゲームは進む、「早い試合展開」への準備

試合に出ている方は気付いていると思いますが、ハードコートは試合展開が早い。

あっという間に0-3,0-4と試合が進行していきます。

どうしてもストロークのラリーがオムニコートよりは続き辛いので、この覚悟はしっかりしておきましょう。

ポイント間に時間を取って、ゲームスピードのペースを落としてOK。

負けているときこそ、冷静に。

逆に挽回していけば、追いつける可能性も高いという気持ちを持ちましょう!

 

つい、ハードコートでの練習って避けがちではないですか?

特に年齢を重ねてくると、足腰への負担、体力的な不安からオムニコートへばかり足が伸びて・・・という感じに。

それでも大切な試合が、いつどんなサーフェスで行われるかは分かりません。

ましてや、世界のテニスの標準はハードコート。

しっかり逃げずに、向き合っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

  3. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

    良いテニス、悪いテニス。勝てるテニス、勝てないテニス。…

  4. テニス ドロップショット

    戦術

    良いショットさえ打てば相手を追い込める、は幻想です

    テニスの試合で、どうにも独りよがり、になっている人が多い。シン…

  5. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

    テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。遠くのボール、…

  6. 戦術

    死んだボールは、打ち込まない

    みなさんも試合の中で、経験があるじゃないでしょうか。相手の死…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    相手のスマッシュを返球し続けながら、どこかで反撃の一手を狙おう
  2. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い
  5. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でと…
PAGE TOP