スマッシュ

ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ

試合の中で、並行陣が苦手な方。

並行陣、とまで言わなくても前に出てネットプレーをするのが怖い、という方は多いと思います。

技術不足?

その前段階で、実はアナタ自身の中で壁になっているものがあること、に気付かないと。

ネットに出れば、パッシングショットよりもロブ。

一般のテニスの試合では、圧倒的にロブが来る機会の方が多いはず。

これにどう立ち向かうか、ですね。

 
 

ロブが怖い?そうじゃないでしょ

本当に怖いのは、スマッシュミスじゃない?

前に出て、何が自分にとって怖いのか。

ロブを打たれること、じゃないはず。

そのロブを打とうとして、自分がミスしてしまうのが怖い。

考えてみると、そうじゃないですか?

大事な場面、試合の緊迫した状況で、自分のスマッシュミスで終わる。

これほどの苦痛は無いはずです。

恥ずかしい?そうですか?

スマッシュミスは、恥ずかしい?

確かに、一見失敗した人は注目を浴びて、辛そうに見える。

でも、スマッシュミスが出来る人は、スマッシュを打つ勇気を持った人だけ。

後ろでずっと、安心安全に戦おうとしている人の方が、よっぽど恥ずかしいでしょう。

打ってミス、やりきってミスなら、それはもはやミスでは無いでしょうから。

敵は常に、自分の中に

相手から打たれること、それ自体に怖さは無い。

ましてや、ロブはゆっくりしたボールですし、驚異的なスピードがある訳じゃない。

本当の敵、攻略すべき相手は、自分自身なんです。

いつでも、スマッシュを怖がる自分が、試合で顔を覗かせる。

ロブが怖いんじゃない、恐れている自分が怖いだけ。

敵は常に、自分の中にいる。

それが表に出て来るのが、試合なんですよ。



スマッシュ=お客様?

特別扱い、になってない?

スマッシュは、アナタにとってどんなショットですか?

決めるか、ミスるか。

大事なところで、思いっきり打つか、それともつなぐような弱いスマッシュになるか。

何だか、すごく「特別なショット」になってないですかね?

まるでそれこそ、お客様扱いのように。

しっかりと向き合えていないだけ

スマッシュという技術と、しっかり向き合う。

試合では、これが必要なんだ、強化していかないといけないんだ、と。

思えるかどうか、がアナタ自身の大きな壁です。

私自身、スマッシュは何となく打って来ただけでしたが、30代を境に決めました。

自分の中で、ハッキリと強化していこう、と。

周りのライバルと、差になるようなスマッシュ、に自分と向き合いながら育てていこう、と。

こう思えた人から、次の段階へ進めるはずです。

お客様扱いを、止めよう

スマッシュは、スマッシュ。

確かにテニスにおいてはフィニッシュに用いられることが多いショットですが、当然場面によりますよね。

それぞれ、どういうスマッシュを打たないといけないのか。

たくさん前に出て、ネットに出て、スマッシュを打つ回数を増やす。

ロブを、浴びる。

そこから、お客様扱いが無くなっていく。

試合で強い人は、それこそこういう経験を積んで、スマッシュを打っているはずです。

   

気持ちを込める、ということ

こういう表現は、好きじゃないですが

やっぱり、結果的にそう感じます。

気持ちがこもっているスマッシュ、を打っているんですよ、強い人は。

ロブを恐れない、ミスも恐れない、スマッシュを自然に振り切る。

試合のここぞ、という場面で打てるスマッシュ、が自分にはあると。

しっかりと試合の中で主張してくるような相手は、強い。

アナタ自身、そうなることをイメージしながら戦い抜かないと。

やりきってしまえば、爽快感だけが残る

ミスしても、引きずらないんですよ。

スマッシュをやり切ることが出来れば、爽快感が残る。

相手のロブが良ければ、そりゃミスになることもあります。

抜かれることもあります。

でも、恐れるような雰囲気にはならない。

何度も同じようなことを書いて来ていますが、そうなるのに必要なのはアナタ自身の決断だけ。

ただそれだけ、です。

後ろで戦って負ける、進歩無し!

私は、こっちの方が怖い。

自分の戦い方に、進歩が見えない時。

こういう時に、本当に恐怖心を感じます。

後ろで、ベースライン付近で戦って負ける、打開策も無く負ける。

怖く無いですか?想像するだけで。

どこかで、スマッシュミスを恐れているから。

周りの目、評価、声を気にしている、弱い自分がいるから。

気付けない怖さ、に気付かないと。

みなさんなら、気付いて乗り越えることが出来るはずです。



スマッシュを見れば、テニスが分かる。

その人の、テニスに対するスタンスが分かるんですよね。

「これは手強いな」と思える相手、にアナタ自身なれているかどうか。

ぜひ、この機会に考えてみて下さい。

並行陣が出来ない、前に出るのが怖い。

その本当の理由は、何ですか?

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ポーチ
  2. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと

    ダブルスで、大事なポイントが取れない。相手の粘りに屈してしま…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる

    テニスの試合において、スマッシュは色々な場面で求められる技術。…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

    ダブルスで2人がネットに付く並行陣でプレーをしていると、2人の間に上が…

  5. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
  2. テニス知識

    試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5…
  5. ストローク

    「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません…
PAGE TOP