テニス メンタル

日々の雑記

「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも

もう15年くらい前、のことですが。

テニススクールでアシスタントコーチのアルバイトをしていた頃、初心者クラスのレッスンには結構外国人の方が多かった。

都内のスクールはグローバルだなぁ、と思いながらレッスンをしていた記憶がありますが、何せこちらは英語もタジタジ。

大学3年だった私は、こっちも良い英語レッスンだ!と思って、必死でコミュニケーションを取ろうとしてた記憶があります。

そこで、仲良くなったイギリスの方と話していて、印象的だったこと。

それは、「何で日本人は謝ってばかりなんだ?」ということ。

 

ラリーが途切れれば、「ごめんなさい!」

ラリーの球出しが少し深いだけで、「ごめんなさい!」

イギリス人の彼からすると、「おいおい、俺たちはここでテニスを始めたんだ、だから出来ないのは当たり前じゃないか」と。

いや、当然ですよね。

僕もそう思ってやってましたが、これって文化の違いなんでしょう。

ふと周りのクラスを見ると、上級クラスの方でも、謝ってばかりの人は多い。

まぁ・・・難しいですよね。

実際に、ラリーが全然続かないのに堂々としていても、それはそれでちょっとおかしい。

でも、謝ってばかりの人も・・・見ていて辛い。

 

そんなレッスンの中で、私がそのイギリス人の生徒さんから教えてもらったこと。

それは、「お前は本気でアドバイス、してるのか?」ということ。

初心者のクラスで、ですよ。

こういう発想って、なかなか日本人には持ちにくい。

でも、私は思うんです。

本気にならないと、やっぱりテニスって楽しくならない。

どこかで、「自分は、テニス初心者で申し訳ない・・・」と、もし思っている人がいるなら、それは逃げです。

いや初心者、に限らずですね。

試合に出ているみなさんも、レベルが上の人との練習で申し訳無い、と感じるならそれは自己保身。

だって、それなりに自分で一生懸命テニス、やってる訳じゃないですか。

当然ミスもしますが、ミスしたくてミスしている訳じゃない。

練習やレッスンでも謝ってばかりだと、「謝れば良い」と思う癖がどこかで付いてしまうんですよ。

これは、試合に勝ちたいと強く思うみなさんの、一番の敵になる可能性が高いんです。

 

少し話がそれましたね・・・。

イギリス人の彼からすると、日本人は気を遣いすぎて本音でモノを言えない、と強く感じている。

もしかしたら、コーチもそうじゃないか、と。

「スポーツを上達させるなら、こっちもお金払ってるんだから的確なアドバイスをくれ」と言われたのを、昨日のことのように思い出します。

私自身、そう言われてからは必死でした。

何とか数分のラリーの中で、良いアドバイスをしたい。

相手も真剣に聞いてくれるから、自分の言葉がそのまま彼自身の成長、に直結するんですよね。

これって、大変ですよ。

生かすも殺すも、自分次第。

でも結果的に、すごく私を成長させてくれました、テニスコーチとして。

本気の人と向き合うからこそ、自分も本気になれる。

謝ってばかりのうわべだけの関係って、楽ですけど逆に辛いんですよね。

 

何でこんな話をしたのかと言えば、もう一度、私自身書いている内容について見つめなおしたいから。

つい、「たくさん伝えたい!」という想いで、内容が薄くなってはいないか。

数を書けば良い、と思ってはいないか。

まだお会いしたことのない、この記事を読んでいるみなさんの、力になれているのか。

ふと、考えるところがありました。

 

私自身、あの頃の気持ちに戻って、もう一度テニスと向き合いたい。

そして、みなさんのテニスを強くしたい。

そう考えて、記事を書いていきたいと思います!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    新年明けましておめでとう御座います

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとう御座います。更新が滞…

  2. テニス ミス

    日々の雑記

    みんなから同情されたい病、を治す薬はありません

    今日はクリスマスイブ、ですね。各地でクリスマスっぽいテニストー…

  3. テニス Q&A

    日々の雑記

    T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて

    2018年、今年はみなさんにとってどんな一年、になるでしょうか。…

  4. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能

    年末、お正月、三連休・・・。ようやく普通の週末、といった感じで…

  5. テニス 雪

    日々の雑記

    私が記事を書き続ける理由、について

    すっかり寒くなって、もう年の瀬ですね。怪我が多い時期ですので、…

  6. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども

    私は思うんですけど、テニスって凄いスポーツだと思うんです。だっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て…
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに…
  4. テニス リターン

    フットワーク

    テニスのラリーでは、「速いショットほど上半身で合わせにいかない」ことを意識すると…
  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    テニスではコートを守るのは無理、だから「ココに打たれたら仕方ない」という場所はあ…
PAGE TOP