テニス メンタル

メンタル

テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと

テニスの試合、大抵はリードして終盤を迎えるのに、気が付けば逆転されている・・・。

この「まくられ癖」が付いている選手、トーナメントの大会で毎回のように見受けられます。

「メンタルが弱いから、仕方ないんです」と諦める前に、もっと具体的な対策と客観性が必要だとは、思いませんか?

試合の中で、序盤にリードしても勝ち切れない試合が多いと感じる人は、この機会に考えてみて下さい。

 

テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと

 


 

■アナタに足りないもの、それは「積極性」

結論から言えば、足りないのは「積極性」です。

まくられて負ける癖が付いている人は、リードを守ろうという意識が強くなり積極性が無くなってくる。

相手もそれを感じ取って、怖さが無くなってくるから思い切ってプレーできるようになる悪循環に陥るのが、テニスの試合で多いケース。

まず、試合の終盤で積極的なプレーが出来るように、自分自身のポイント取得パターンを確認しておきましょう。

可視化できるように、しっかりテニスノートに書いてチェンジコート時に見直すこと。

具体的な行動に落とし込んでおいて、自分が何をすべきかを明確にして試合に臨むようにしておくことが大事です。

 

■「まくられている」のには、必ず理由がある

リードしていた試合を逆転されるのには、必ず理由があります。

その理由について、早めに気付いて何かを変えることが大切。

その為に、アナタ自身がやるべきことは何でしょうか・・・

失ったポイントについて、共通点を探してみましょう。

例えば、「浅いボールから崩されている」と分かればポジションを前に出来ますし、相手がネットプレーでポイントを重ねているようであれば、ゆっくりでも良いので深く、浅いボールを自分から打たないようにする。

負けている相手は、必ず何かを変えてきますし思い切ったプレーをしてくるもの。

慌てず対応する準備をしておきましょう。

 

■試合後半に攻撃のギアを上げるだけで、まくられ癖は直せる!

試合の後半に攻撃のギアを一段階上げることが出来れば、アナタは本物の試合に強いテニス選手。

最初に述べたように、積極性をしっかり出せるかどうかが、最後に相手の反撃を断ち切ることが出来るのです。

精神的に後手に回ってしまわない為には、自分の技術と戦い方に自信を持てるかどうか。

攻撃のギアを上げていけるように、普段から試合の中で自分の実力を出し入れできるように意識してみて下さい。

「まだまだ、そんな実力じゃないから・・・」という意識は、捨てましょう。

今ある自分の武器で、しっかり戦うこと、考えて戦うことが大事なのです。

 

大事な試合、それもまくられた試合は、なかなか忘れられませんね。

そのイメージが残ってしまって、繰り返してしまう・・・というのは、テニス以外のスポーツでもあると聞きます。

変えていくには、具体的に何かをアナタ自身で変えるしかありません

積極的になる、後半にギアを上げるというのも一案にすぎません。

ぜひ、アナタ自身でも探して研究してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

  2. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる

    誰しも試合に出ている人は、どこかで「認められたい」と思っている。…

  3. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  5. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない

    いつの間にか、知らないうちにこうなっている。方も実は多いと思い…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    打点が低くなってしまうスマッシュは、「思い切ってスライス回転をかける」ことで相手…
  2. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛がワイドに打ったら、前衛は・・・?」の問題について
  4. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる
PAGE TOP