テニス ストローク

戦術

身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず

皆さんは、何かコンプレックスに感じていることはありませんか?

身長、体重、出身校、経歴・・・。

もし、それをマイナスに感じているなら、それはそのまま、強みに変わる。

ハンディがあるなら、それを活かすテニスを考えれば良いのです。

 

身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず

 

発想を逆転させていこう

身長が低いから、上をロブで狙われる?

だったら、どんどんロブを打たれても良いように、スマッシュを鍛えれば良い。

手足が短い、リーチが短いなら、フットワークを活かしてコンパクトなスウィングを身に付ければ、西岡選手のような安定感、粘りが生まれる。

そもそも、テニスに自信が無い?

だったら、慎重な性格を活かしてしっかり準備出来る、戦略的なテニスが出来るはず。

発想を逆転させること、が出来れば、試合で強く戦えるはずです。

 

強みや弱みに、弱みは強みに変わるのがスポーツ

試合に勝てる選手は、客観的な視点がある。

客観的な人は、自分の弱みを上手く活かす発想が自然に出来ている。

自分を知ること、いかに難しいかということです。

自分の弱みを、正確に理解出来ている人は少ない。

少ないからこそ、チャンスがあるのです。

 

ハンディは、周りに認識された時点で武器になる

ハンディ、と聞くと、どうしても弱みと感じてしまう。

でも、相手がもし「自分にとってチャンスだ」と感じているなら、それを逆手に取る。

アナタにとってのチャンス、にも成り得るのです。

自分を知って、テニスの試合で活かせるかどうかはアナタ次第です。

自分を知る、ということは弱みを受け止めるということ。

勝負の世界で勝つには、大事なポイントです。

 

○○だから、テニスに不利、という先入観は捨てましょう。

体格やセンス、性格・・・そんなものは全て、武器に変えることが出来る。

相手から見たときに、ハンディに感じてくれる。

これって勝負の世界では、すごくチャンスですよ。

 

今回のまとめ

自分のハンディを活かすテニスで、相手を心理的に揺さぶってみよう!

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事

    試合の中で、動いて試して、それでも勝てなかった試合。これは、間…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、「試合中に自分で負けた・・・」と決めている場合がほとんど

    今日は、「分かっているけど、厳しい・・・」というお話。試合は、…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  4. テニス 並行陣
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲームマッチ4試合をイメー…

    体力なら誰にも負けない、という猛者とは、なかなか試合をしたくないもの。…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

    相手のナイスショットが決まって、ポイントが入る。そのナイスショ…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いストロークとショートクロスの中間、「セミショートクロス」を試合で使っていこう…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ…
  3. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー
  4. テニス 雨

    戦術

    テニス試合が雨で中断したときに、再開後に備えて出来る準備4つ
  5. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
PAGE TOP