テニス メンタル

メンタル

上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

上達が早いテニス選手には、ある特徴がある。

私自身、自分はプロ選手の領域にはいけませんでしたが、そこに辿り着く選手は何が違うのか。

一言で言えば、テニスに本気で真摯に向き合っている。

テニスに対して真剣なのはもちろんですが、すごく正直で自然体なところもある。

だからこそ、出来なかった自分に対してはすごく厳しい。

ただ結果に対してではなく、自分を一番知っているからこそ、自分に対して厳しくなれるんだと思います。

 

上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

 


 

■誰でもミスは、隠し通したいと思う

人は本来、弱いものだと思います。

特に日本人の性格上、何か失敗したら隠したい、何事も無かったかのように振る舞いたい。

そう考える人が多いと思います。

ですが、自分自身で犯したミス、準備不足は、自分にしか分からない。

それを認識して次に活かせるかどうか、がテニス選手として本当の腕の見せどころなんだと思います。

 

■「同じやられ方」をしないのが、今のBIG4のテニス選手

ジョコビッチ選手、ナダル選手、マレー選手、フェデラー選手。

それぞれ強さがありますが、一番の共通している強さはこれでしょう。

同じような攻撃には、試合中で修正して対応していく。

自分のミスを意図的に減らすことが出来るのが、彼らの強みです。

自分自身が準備している作戦に幅があり、しっかり相手を受け止めて作戦を修正出来る。

「あ、これは違うな」という決断と変化を、すばやくコートの現場で出来るから負けない。

そこには、自分の失敗やミスと真摯に向き合う姿勢が不可欠なのです。

 

■「なぜ?」を3回以上繰り返すことの大切さ

アナタ自身、失敗したときに理由を考えると思います。

ですが、それってきっとまだまだ浅い。

「なぜ、繰り返しダブルフォルトするのか?」との問いかけに、「練習が足りない」みたいな感じで終わる。

「なぜ、練習が足りないのか?」

「じゃあコートと時間があれば、サーブは上達するのか?」

「本当に足りないのは、自分で工夫して変えていく勇気じゃないのか?」

どんどん自分自身で落とし込んでいくことが、テニスの上達においては大事なのです。

ここから逃げていては。いつまで経っても本物の上達は難しいでしょう。

 

自分の失敗と向き合うのは、正直しんどい。

ですが、本当にテニスが強くなりたいなら、その根本の原因を突き止める必要があります。

「○○が、上手くいかない」ときの○○は色々ですが、その原因は実は一つだったりします。

厳しいようですが、試合に勝ちたい、大会で勝ち抜きたいなら、自分の失敗としっかり向き合うこと。

そして変えていけることが、一番大切です。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある

    練習では確かな手応えを感じているのに、なかなか試合で結果が出ない。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスでやたらと自分の負け試合を美談にする人」は、そのまま生涯3回戦止まりで終わる

    最近、後輩と話していて違和感があるのが、コレ。試合に負けたのに…

  3. テニス 打点

    メンタル

    格上相手に勝ち切るメンタルの極意、とは?

    もし、アナタが大事な試合で勝ち進んだとしましょう。まさに、上位…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

    これは、覚悟の問題だと思います。草トーの大会や、市民大会、学生…

  5. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です

    春から夏にかけては、大事な試合が多く開催されるシーズン。大事な…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合で自分のコントロールが割れるショット、を書き出してみよう
  2. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
  3. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?
  5. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ
PAGE TOP