テニス メンタル

メンタル

上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

上達が早いテニス選手には、ある特徴がある。

私自身、自分はプロ選手の領域にはいけませんでしたが、そこに辿り着く選手は何が違うのか。

一言で言えば、テニスに本気で真摯に向き合っている。

テニスに対して真剣なのはもちろんですが、すごく正直で自然体なところもある。

だからこそ、出来なかった自分に対してはすごく厳しい。

ただ結果に対してではなく、自分を一番知っているからこそ、自分に対して厳しくなれるんだと思います。

 

上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

 

■誰でもミスは、隠し通したいと思う

人は本来、弱いものだと思います。

特に日本人の性格上、何か失敗したら隠したい、何事も無かったかのように振る舞いたい。

そう考える人が多いと思います。

ですが、自分自身で犯したミス、準備不足は、自分にしか分からない。

それを認識して次に活かせるかどうか、がテニス選手として本当の腕の見せどころなんだと思います。

 

■「同じやられ方」をしないのが、今のBIG4のテニス選手

ジョコビッチ選手、ナダル選手、マレー選手、フェデラー選手。

それぞれ強さがありますが、一番の共通している強さはこれでしょう。

同じような攻撃には、試合中で修正して対応していく。

自分のミスを意図的に減らすことが出来るのが、彼らの強みです。

自分自身が準備している作戦に幅があり、しっかり相手を受け止めて作戦を修正出来る。

「あ、これは違うな」という決断と変化を、すばやくコートの現場で出来るから負けない。

そこには、自分の失敗やミスと真摯に向き合う姿勢が不可欠なのです。

 

■「なぜ?」を3回以上繰り返すことの大切さ

アナタ自身、失敗したときに理由を考えると思います。

ですが、それってきっとまだまだ浅い。

「なぜ、繰り返しダブルフォルトするのか?」との問いかけに、「練習が足りない」みたいな感じで終わる。

「なぜ、練習が足りないのか?」

「じゃあコートと時間があれば、サーブは上達するのか?」

「本当に足りないのは、自分で工夫して変えていく勇気じゃないのか?」

どんどん自分自身で落とし込んでいくことが、テニスの上達においては大事なのです。

ここから逃げていては。いつまで経っても本物の上達は難しいでしょう。

 

自分の失敗と向き合うのは、正直しんどい。

ですが、本当にテニスが強くなりたいなら、その根本の原因を突き止める必要があります。

「○○が、上手くいかない」ときの○○は色々ですが、その原因は実は一つだったりします。

厳しいようですが、試合に勝ちたい、大会で勝ち抜きたいなら、自分の失敗としっかり向き合うこと。

そして変えていけることが、一番大切です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い

    普段、アナタの周りで起きていること、集まってきている人。それは…

  2. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人

    テニスの試合に慣れていない、と感じる人。皆さんは、どんな方とい…

  3. メンタル

    テニス選手にとっての基本、「自分が打った全ボールを信じ切る」ことは意外と実践出来ていない

    テニスの試合を観ていて、「フッ」と残念な間がよぎることがある。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

    「もっと攻撃的にプレーしたいけど、どうしても守備的になってしまう・・・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」で、テニス選手は差が出来る

    テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。挑戦されたり、挑戦…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!…
  2. テニス サーブ

    戦術

    やりたいテニス、だけだと分析されやすい
  3. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークの超基本、「バウンドに合わせてラケットを引かない」を実践できている人は…
  5. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ
PAGE TOP