テニス ボレー

リターン

シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!

シングルスの試合、サーブよりリターンを改善したい。

もちろんサーブも大事ですが、リターンゲームをどう戦うのか、が曖昧な人は多くないですか?

今回ご紹介するのは、シンプルだけど効果的な「秘策」。

ぜひ、試合で実践してみて下さい。

 

シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!

 

1.作戦のコンセプトは、「相手に与える、迷いの波状攻撃」

リターンゲームを、どう戦うのか。

今回は、とにかく「相手を迷わせる」ことをテーマに考えてみました。

やり方は、すごく簡単。

でも、効果は抜群。

相手に、「まずい!」と思わせ、「え?え?」と感じてもらい、「どうするか分からない!」という感じで、プレーしてもらう。

リターンの工夫一つで、コレが出来るのです。

 

2.バックハンドにゆっくり深く返球、からの「ネットプレーフェイント」大作戦

この作戦は、実は簡単。

要は、相手の「嫌なこと」を繰り返してプレッシャーをかける、揺さぶるんです。

まず、相手サーブをなるべく前に入って、相手のバック側にゆっくり深くリターンする。

そして、ここからが大事です。

そのまま前に、ネットプレーに出る「フリ」だけします。

つまりはフェイント、ですね。

前に走るフリだけして、ピタッと止まって戻る、普通のストロークラリーをするイメージでOKです。

ゆっくりしたリターンだからこそ、前に来る相手が見える・・・から、効果的なんですよね。

 

3.プレッシャーは、「重ねる」ことで効果的になる

この作戦は、「バックハンドを狙われる」と「相手が前に来る」という2つのプレッシャーの要素がある。

「なんだ、2つ目はただのフェイントじゃん」と思うでしょうが、いざ試合でやって来られると・・・すごく不安になりますよ。

バックハンドは苦手、でも相手が前?後ろ?という心理的なプレッシャーは、凄く重くのしかかる。

前に出るフェイント、であれば誰にでも出来ますよね。

コツはゆっくりした、深いリターンを確実に入れること。

相手に「前に出る自分」を見てもらわらないといけないですからね。

 

大した作戦でもない?

本当にそうでしょうか・・・。

確かにこの記事を読んだ相手には、効かないかも知れませんね。

もし、前へのフェイントが効かない、普通に返球してくる相手だったら・・・どうします?

もう、そのまま思い切って前に出る、リターンダッシュが有効なはずです。

この辺は、もうジャンケンに近いかも知れません。

要は自分が楽しんで、先手を打った方が勝ち、だと思いますよ。

 

今回のまとめ

リターンをバック側に打って、前に出る「フェイント」を入れて相手を揺さぶろう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

  2. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きまし…

  3. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

    最近、個人的につかんだ感覚。みなさんの参考になるかも知れないの…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい

    シングルスの試合の必殺技。今回は、私が使っているある「リターン…

  5. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

    ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えた…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合の中では、「どこかで本気で狙って獲りにいく」リターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合にな…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス テニスボール

    メンタル

    テニスの試合、ポイントは「取り返そう」と思うのではなく、「自分の印象を活かす」方…
  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐこ…
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶ…
  4. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  5. テニス マナー

    戦術

    テニスの試合でも、調子が悪ければ早めに「選手交代」してしまおう
PAGE TOP