テニス ボレー

リターン

シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!

シングルスの試合、サーブよりリターンを改善したい。

もちろんサーブも大事ですが、リターンゲームをどう戦うのか、が曖昧な人は多くないですか?

今回ご紹介するのは、シンプルだけど効果的な「秘策」。

ぜひ、試合で実践してみて下さい。

 

シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!

 

1.作戦のコンセプトは、「相手に与える、迷いの波状攻撃」

リターンゲームを、どう戦うのか。

今回は、とにかく「相手を迷わせる」ことをテーマに考えてみました。

やり方は、すごく簡単。

でも、効果は抜群。

相手に、「まずい!」と思わせ、「え?え?」と感じてもらい、「どうするか分からない!」という感じで、プレーしてもらう。

リターンの工夫一つで、コレが出来るのです。

 

2.バックハンドにゆっくり深く返球、からの「ネットプレーフェイント」大作戦

この作戦は、実は簡単。

要は、相手の「嫌なこと」を繰り返してプレッシャーをかける、揺さぶるんです。

まず、相手サーブをなるべく前に入って、相手のバック側にゆっくり深くリターンする。

そして、ここからが大事です。

そのまま前に、ネットプレーに出る「フリ」だけします。

つまりはフェイント、ですね。

前に走るフリだけして、ピタッと止まって戻る、普通のストロークラリーをするイメージでOKです。

ゆっくりしたリターンだからこそ、前に来る相手が見える・・・から、効果的なんですよね。

 

3.プレッシャーは、「重ねる」ことで効果的になる

この作戦は、「バックハンドを狙われる」と「相手が前に来る」という2つのプレッシャーの要素がある。

「なんだ、2つ目はただのフェイントじゃん」と思うでしょうが、いざ試合でやって来られると・・・すごく不安になりますよ。

バックハンドは苦手、でも相手が前?後ろ?という心理的なプレッシャーは、凄く重くのしかかる。

前に出るフェイント、であれば誰にでも出来ますよね。

コツはゆっくりした、深いリターンを確実に入れること。

相手に「前に出る自分」を見てもらわらないといけないですからね。

 

大した作戦でもない?

本当にそうでしょうか・・・。

確かにこの記事を読んだ相手には、効かないかも知れませんね。

もし、前へのフェイントが効かない、普通に返球してくる相手だったら・・・どうします?

もう、そのまま思い切って前に出る、リターンダッシュが有効なはずです。

この辺は、もうジャンケンに近いかも知れません。

要は自分が楽しんで、先手を打った方が勝ち、だと思いますよ。

 

今回のまとめ

リターンをバック側に打って、前に出る「フェイント」を入れて相手を揺さぶろう!

 

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  2. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  3. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

    テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。…

  4. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れる選手は、サービスゲームも楽に進められる

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  5. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ」も有効です

    ダブルスの試合、リターンのときによくの陣形を見てみる。そうする…

  6. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる

    試合の中で、厳しいサーブで攻撃される。これは、上のレベルの試合…

特集記事

  1. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでいつも、「ラケットの変なところに当たる」人に、とっておきのコツをお教えし…
  3. その他

    最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策と…
  4. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイ…
  5. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよ…
PAGE TOP