テニス ボレー

ボレー

「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

ハイボレーは簡単?

そんな方は、どこか勘違いしているように思います。

テニスの技術において、一番実力が比例しやすいのが、私はオーバーヘッドのボール。

そう、スマッシュやハイボレーの決定力だと思います。

力任せに決めようとしても、そんなに簡単にはいかないのがテニスの難しいところ。

しっかりポイントにつなげる為には、いかに「コースを隠すか」が大事になってきます。

 

「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

 


 

■「決められる!」と「簡単!」という意識が、全てを崩していく

ハイボレーは、見た目にはそんなに難しそうに見えない。

ですが実際に試合で打とうと思うと、思うようにいきませんよね。

なぜなら、ボレーに必要な「上からの抑え込み」がやり辛いから。

どうしてもボールの下にラケットが入ってしまいがちで、結果的にグリップから前に出てボールをふかしてしまう。

そんな残念なハイボレーを解消するには、キーワードがあります。

 

■横向きをはっきり作れば、コースを隠して安定できる

相手方向、打つ方向を見ない。

横向きで、右利きのフォアボレーであれば左肩を前に出して、相手にコースを隠すことが第一です。

そうすれば、多少厳しくないコースでも、相手は動けなくなります。

なぜなら、「左右前後、どこにでも打てそう・・・」な風に見えるから。

一生懸命決めようと力任せになると、身体が正面向きになって打てるコースも限られてしまいます。

 

■チャンスボールに対して、横向きで入る癖を付けよう!

ストロークの浅いボール、でも同じです。

チャンス、と感じたらとにかく肩を入れて横向きを作る、それを早く相手に見せ付ける。

そうすれば相手は、「動けなくなる」のです。

これがエースになる、ポイントを奪う大事な要素になります。

このコツを覚えたら、テニスは楽しくなりますしきっと強くなるはず。

ぜひ、学生の皆さんも意識してみて下さい。

 

エースになる、きれいにポイントを獲るってつまり、こういうことです。

「コースを隠す」から、エースになる。

今回はハイボレーがテーマでしたが、サーブでもストロークでも、それは同じです。

相手がいかに、「どこに来るか分からない・・・」と思ってくれる、感じてくれるかどうか。

横向きで自分がコースを隠す、ギリギリまで、どちらにも打てるようなテニス、目指していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  2. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く…

  3. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番

    強い相手になってくると、ストロークも本当に重く、深い。バウンド…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

    私が高校時代、ネットプレーがスランプに陥っていたとき。この言葉…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付けよう

    ポーチボレーで、前衛として攻撃していくのはダブルスの基本。特に…

  6. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    ダブルス

    相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう
  2. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に
  3. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と
  4. テニス スコアシート

    テニス知識

    テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は…
PAGE TOP