テニス ボレー

ボレー

「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

ハイボレーは簡単?

そんな方は、どこか勘違いしているように思います。

テニスの技術において、一番実力が比例しやすいのが、私はオーバーヘッドのボール。

そう、スマッシュやハイボレーの決定力だと思います。

力任せに決めようとしても、そんなに簡単にはいかないのがテニスの難しいところ。

しっかりポイントにつなげる為には、いかに「コースを隠すか」が大事になってきます。

 

「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

 


 

■「決められる!」と「簡単!」という意識が、全てを崩していく

ハイボレーは、見た目にはそんなに難しそうに見えない。

ですが実際に試合で打とうと思うと、思うようにいきませんよね。

なぜなら、ボレーに必要な「上からの抑え込み」がやり辛いから。

どうしてもボールの下にラケットが入ってしまいがちで、結果的にグリップから前に出てボールをふかしてしまう。

そんな残念なハイボレーを解消するには、キーワードがあります。

 

■横向きをはっきり作れば、コースを隠して安定できる

相手方向、打つ方向を見ない。

横向きで、右利きのフォアボレーであれば左肩を前に出して、相手にコースを隠すことが第一です。

そうすれば、多少厳しくないコースでも、相手は動けなくなります。

なぜなら、「左右前後、どこにでも打てそう・・・」な風に見えるから。

一生懸命決めようと力任せになると、身体が正面向きになって打てるコースも限られてしまいます。

 

■チャンスボールに対して、横向きで入る癖を付けよう!

ストロークの浅いボール、でも同じです。

チャンス、と感じたらとにかく肩を入れて横向きを作る、それを早く相手に見せ付ける。

そうすれば相手は、「動けなくなる」のです。

これがエースになる、ポイントを奪う大事な要素になります。

このコツを覚えたら、テニスは楽しくなりますしきっと強くなるはず。

ぜひ、学生の皆さんも意識してみて下さい。

 

エースになる、きれいにポイントを獲るってつまり、こういうことです。

「コースを隠す」から、エースになる。

今回はハイボレーがテーマでしたが、サーブでもストロークでも、それは同じです。

相手がいかに、「どこに来るか分からない・・・」と思ってくれる、感じてくれるかどうか。

横向きで自分がコースを隠す、ギリギリまで、どちらにも打てるようなテニス、目指していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必要!

    俺が初めて試合に出場した高校一年生の5月、その段階では、フォアはフラッ…

  3. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本

    これは、私が前衛で意識していること。以前に男子ダブルスの試合で…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合では、「相手を追い込むボレー」の精度が勝敗を分ける!

    ネットプレー、ボレーに関しては、もしかしたら皆さん「誤解」している部分…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていないか確認しましょう

    バックハンドのハイボレー、皆さん試合でコントロールできていますか?…

特集記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスのようで打ちにくいかも・・・」ネットに詰めて決め切るボレーのコツ5つ
  3. 戦術

    「で、君のプレースタイルは何?」テニスの試合で必要な、攻撃とミスをもらうという攻…
  4. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです
  5. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である
PAGE TOP