テニス ボレー

ボレー

「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

ハイボレーは簡単?

そんな方は、どこか勘違いしているように思います。

テニスの技術において、一番実力が比例しやすいのが、私はオーバーヘッドのボール。

そう、スマッシュやハイボレーの決定力だと思います。

力任せに決めようとしても、そんなに簡単にはいかないのがテニスの難しいところ。

しっかりポイントにつなげる為には、いかに「コースを隠すか」が大事になってきます。

 

「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

 


 

■「決められる!」と「簡単!」という意識が、全てを崩していく

ハイボレーは、見た目にはそんなに難しそうに見えない。

ですが実際に試合で打とうと思うと、思うようにいきませんよね。

なぜなら、ボレーに必要な「上からの抑え込み」がやり辛いから。

どうしてもボールの下にラケットが入ってしまいがちで、結果的にグリップから前に出てボールをふかしてしまう。

そんな残念なハイボレーを解消するには、キーワードがあります。

 

■横向きをはっきり作れば、コースを隠して安定できる

相手方向、打つ方向を見ない。

横向きで、右利きのフォアボレーであれば左肩を前に出して、相手にコースを隠すことが第一です。

そうすれば、多少厳しくないコースでも、相手は動けなくなります。

なぜなら、「左右前後、どこにでも打てそう・・・」な風に見えるから。

一生懸命決めようと力任せになると、身体が正面向きになって打てるコースも限られてしまいます。

 

■チャンスボールに対して、横向きで入る癖を付けよう!

ストロークの浅いボール、でも同じです。

チャンス、と感じたらとにかく肩を入れて横向きを作る、それを早く相手に見せ付ける。

そうすれば相手は、「動けなくなる」のです。

これがエースになる、ポイントを奪う大事な要素になります。

このコツを覚えたら、テニスは楽しくなりますしきっと強くなるはず。

ぜひ、学生の皆さんも意識してみて下さい。

 

エースになる、きれいにポイントを獲るってつまり、こういうことです。

「コースを隠す」から、エースになる。

今回はハイボレーがテーマでしたが、サーブでもストロークでも、それは同じです。

相手がいかに、「どこに来るか分からない・・・」と思ってくれる、感じてくれるかどうか。

横向きで自分がコースを隠す、ギリギリまで、どちらにも打てるようなテニス、目指していきましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること

    「ハーフボレーが難しくて・・・」という声を、たくさんの方から頂きます。…

  2. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本

    これは、私が前衛で意識していること。以前に男子ダブルスの試合で…

  3. テニス ボレー
  4. テニス シングルス
  5. ボレー

    ボレーがすぐに浮いて攻められる、人はどうすれば良い?

    試合ですぐに、自分のボレーが浮いてしまう。それが怖くて、なかな…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切った行動を!

    サーブ&ボレーを本気で練習し始めたのは、20歳過ぎてから。それ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブのトスは前、じゃあセカンドは…?
  5. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう
PAGE TOP