その他

「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい

「テニスが上手くはない、出来ない」

と、多くの人が思っていることでしょう。

試合に出ている人でも、自分の技術を信頼出来る人ってすごく少ない。

もちろん、おごり高ぶるのは問題ですが、「出来ない自分」の仮面をかぶっているのはもう卒業しましょう。

みなさんが思っている以上に、私はみなさんは上手い、技術はあると思いますよ。

 

「技術が足りない」という発想は、いかにも日本人らしい

 


 

1.英語とテニスは、近い

「英語を話せますか?」と聞けば、ほとんどの人は「話せない」と答えます。

「簡単な会話くらいなら・・・」という方、がほとんどじゃないでしょうか。

単語もいっぱい知っていて、日常生活の中でも英語に触れる機会は多い。

文章を読んでも、何となく意味は分かるじゃないですか。

でも、自分には力は無い、出来ないの基本スタンスは変えない。

これって、テニスにすごく近いと私は思います。

出来ない、と言っている方が楽なんですよね。

 

2.「出来る」と言えば、出来るようになる

私が毎回書いている、前衛の動きやボレーだってそうです。

出来る、と言えば出来るようになる。

出来ない、と言えば出来ないまま。

技術の差って、ほとんど無いですよ。

それに、間違いなく出来るはずなんです、ボレーのような技術はポジショニング次第ですから。

出来ない、と思っているから足が出ない、そもそも試合で使わない。

技術が足りない、と思っているから積極性が出ない。

こういう発想は、もったいないだけ。

試合の中では、損するだけだと思いますよ。

 

3.テニスはそもそもゲーム、ですから

出来ることだけやっているなんて、つまらない。

カードゲームだって、ここぞという時には逆転を狙う、大きな役を狙うじゃないですか。

ゲームなら出来るのに、テニスなら出来ない。

これは、不思議な話。

身体を動かして出来ない、というのは恥ずかしいという気持ちがどこかにあるのかも知れないですね。

いかにも日本人らしい発想ですが、試合ではそうも言ってられない。

恥ずかしいこともたくさん相手に見せて、さらけ出して、泥臭く勝っていかないといけない訳ですから。

普段の練習から、出来ないことや難しいことに自然と取り組めるように。

技術の問題じゃない、スタンスの問題だということを覚えておいて下さい。

 

4.言葉がテニスを作り、試合で強さを生む

試合で勝てる人って、強気ですよね。

普段の生活での言葉から、出来る、というキーワードが入っている。

これ、ハッタリでも良いんです、何度も書いて来ましたが。

出来ると言って出来ない、それでも良いじゃないですか。

出来ないと言って出来ない、よりも100倍上達の芽がそこにはある。

日本人らしい謙虚さは、テニスでは時に足かせになってしまう。

英語と同じように、ペラペラにならないと出来ると言えないなんて、もったいないですよ。

みなさんはもう出来る、技術はある。

そのベースのマインドを、ぜひ意識して持ち続けて下さい。

 

「そんなこと言われても、急に自信は持てない」と、思いますよね。

それで良いんです。

こんな内容の記事はこれから何度も書いていくので、毎回読んで、少しずつ変えていって頂ければ大丈夫。

テニスを通じて、自分を変身させていく。

その力を養っていくと考えて、お付き合い頂ければと思います。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!

    選手にとって体調管理はとても大事なこと。そして体調管理の基本は…

  2. テニス 指導

    その他

    「規律と平等」が無いテニスチームには、強い選手は育たない

    「部活の上下関係で、悩んでいます・・・」といった声、よく伺います。…

  3. その他

    「今のはイレギュラーしたから、仕方ない・・・」と思っていては、そこで成長が止まってしまいます

    テニスの上達が遅い、試合で勝てない人にはある共通点があります。…

  4. テニス メンタル

    その他

    「新しい環境でテニスを頑張る」君に贈る、5つのメッセージ

    新年は、新しく何かが始まる季節。部活でもサークルでも、新しい環…

  5. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで

    皆さんも普段の仲間、以外のメンバーと練習する機会はあると思います。…

  6. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  3. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットから距離があるポジションでのボレーでは、「ハーフボレーになる準備」を必ずし…
  5. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使って…
PAGE TOP