練習メニュー

練習メニュー

テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です

普段のテニスの練習、アナタはどんなことを意識していますか?

大きなテーマや課題、チームとしての目標、色々あると思います。

テニススクールのような場所であればコーチがいて、今日のテーマがあって練習が進んでいきますが、部活やサークルはそうもいかない。

ましてや高校生、大学生くらいになれば自分の練習に必要なものは、自分で考えるのがテニスの基本。

ですがもっとその大前提として、意識して欲しいことがあります。

それは、普段の練習中の「癖(くせ)」です。

 

テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です

 


 

■人の行動の9割が癖、であるという事実

毎日、違うような生活を送っていても、実は細かい動作はそうじゃない。

人の行動の9割は癖、同じ反復動作の繰り返しだと言われます。

スポーツにおいても、それは同様。

普段の癖通り、練習でやっているようなことが出来る・・・と考えがちですが、実際の試合ではテニスのプレーにおいては、「いつも通り」が難しい。

ですがプレー以外の部分、ポイント間等の動作はしっかり、普段の練習から癖付けておくことが大事です。

 

■ボールケアの仕方、相手の観察の頻度、全ては癖である

試合をしていて、ボールをしっかりケア出来ているかどうか。

相手コート、自分のコートの足元にボールが無いかどうか、あれば指摘してあげるし、レットもコール出来る。

またしっかり相手のテニスを観察して、「癖」を見抜く、というのもアナタの「癖」になっていますか?

試合でいきなり、こういったことをやろうと思っても無理でしょう。

普段の練習から意識して、自分で主体的に実践していかないといけません。

仲間を観察する、ボールをしっかり避けてプレーする、といった習慣は、癖となってアナタの実力となります。

 

■「癖」のレベルを上げれば、テニスは確実に強くなる

準備の癖、ポイント間に精神を落ち着けるような癖は、身に付ければ絶対に強くなります。

ラグビーでブームになったルーティンも、一つの無理やり作った癖、ですよね。

人は同じ動作を繰り返していれば、精神的にも落ち着く。

靴ひもを結び直したり、ガットを触って直したり、コートの端で時間を使ったり、色々出来るはずです。

小さな癖から、ぜひ練習でも実践して自分の癖にしていってみて下さい。

 

この逆、当然悪い癖も習慣によって身に付く。

悪い癖ばかりを持っている人は、それが9割になる訳ですから当然、勝つのは厳しくなる。

アナタ自身、ぜひ試合の動画を撮ってみて自分のテニスの試合における「癖」を見直してみませんか?

思わぬ発見、そこにあるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

    シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。…

  2. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

  3. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない

    皆さん、家や学校でラケットの素振り、していますか?「地味だし面…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

  5. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

  6. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない

    何度か書いてきたことですが、もう一度、大事なことですので。自分…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと
  2. ボレー

    テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ
  3. フットワーク

    テニスの試合では、「攻めのスプリットステップ」を使って、自分が打ったコースへ詰め…
  4. テニス 体力

    戦術

    試合前のウォーミングアップでは、「1ゲーム目、1ポイントから全開」を成功イメージ…
  5. テニス ミス

    フットワーク

    「身長が低いから、自分はテニスに向いていない・・・」と落ち込んでいるアナタは、も…
PAGE TOP