テニス サーブ

リターン

ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。

強豪相手には、ほとんど1セットに1回、チャンスが来るか来ないか。

そのブレークチャンスを作る、また作ったチャンスをものにするには、アナタにも参考となるプレーがたくさんあるはず。

改めて、上のレベルの試合で戦うなら、ビッグサーバー相手の対策を準備しておいて、損は無いでしょう。

 

ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

 


 

1.ブレイクする強い意志を相手に見せる

まずは強いサーブを持っている相手、に対して気持ちで引かないこと。

ポジションを下げ過ぎたり、相手のサーブに対して手も足も出ないような素振りは、絶対に見せない。

しっかり返球する、まずはコートに返球する為にはブロック系のリターンも必要になります。

相手に対してしつこさ、が伝わるくらい食らい付いていきましょう。

 

2.「ファーストサーブ、入って来い!」精神で待つ

相手のファーストサーブ、にどこか「フォルトの期待」をしてはいないか。

もちろんセカンドサーブになればチャンスは拡がりますが、ファーストサーブを逃げていては話にならない。

「よし、ファースト入って来い!」くらいの精神で待っておけば、身体も自然に反応出来る。

「フォルトしてくれ・・・」と思っていると、身体も重くなってしまうでしょう。

 

3.ラリーに持ち込んでからは、ミドルリスク作戦で

実際にリターンが返球出来たら、ラリー戦では少しずつ攻撃していきたい。

ただつないでいるだけ、ならサーブからの優位性を崩せないし脅威にはなれない。

だからこそ、「ラリーに持ち込んだら、自分が優位だ!」という強い気持ちをもって、攻撃はしていきたい。

アナタらしい、ミスをしないで相手を攻撃していける一番良い手で、ビッグサーバー相手のラリーは展開していきましょう。

 

4.30-40のように追い込んだ後には、少し間を空けよう

30-40のようなブレークポイント、の場面では少し間を空けたい。

相手サーバーにも、じっくりプレッシャーを感じてもらう。

そして、しっかりと自分も作戦を整理して臨む為に、5秒くらいはいつもよりもポイント間を長めに確保する。

この少しの時間の使い方が、試合巧者の証です。

 

5.積極策での失点、はデュースにも活かせる

もし仮に、30-4oからの積極崎でデュースになったとき。

アナタは何も落ち込む必要はありません。

カウントはイーブンでも、精神的には相手のほうが追い込まれているはず。

サーブの威力も、少しだけ弱くなる、入れに来る可能性もあります。

こういった相手の心理、見逃さないように神経を使って観察しましょう。

 

リターンゲームは、サービスゲームよりも工夫がしやすい。

相手が良いサーブを持っているときこそ、それを崩せば試合でチャンスが来る、勝てる確率が上がるのです。

そういう意味では、ビッグサーバー相手の試合はやることはシンプル。

少ないチャンスをリターンゲームで作って、積極策で決める。

これだけですね!

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK

    私たちの試合、ほとんどは1セットマッチ。たまに3セットマッチ、…

  2. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

  3. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

  4. テニス メンタル
  5. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リ…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないそ…
  2. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない
  3. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるのは、山なりなボレーという事実
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ベースラインから浅いボールを拾ったときに、「ぽわーんと浮いた返球」になってしまう…
PAGE TOP