テニス サーブ

リターン

ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。

強豪相手には、ほとんど1セットに1回、チャンスが来るか来ないか。

そのブレークチャンスを作る、また作ったチャンスをものにするには、アナタにも参考となるプレーがたくさんあるはず。

改めて、上のレベルの試合で戦うなら、ビッグサーバー相手の対策を準備しておいて、損は無いでしょう。

 

ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

 


 

1.ブレイクする強い意志を相手に見せる

まずは強いサーブを持っている相手、に対して気持ちで引かないこと。

ポジションを下げ過ぎたり、相手のサーブに対して手も足も出ないような素振りは、絶対に見せない。

しっかり返球する、まずはコートに返球する為にはブロック系のリターンも必要になります。

相手に対してしつこさ、が伝わるくらい食らい付いていきましょう。

 

2.「ファーストサーブ、入って来い!」精神で待つ

相手のファーストサーブ、にどこか「フォルトの期待」をしてはいないか。

もちろんセカンドサーブになればチャンスは拡がりますが、ファーストサーブを逃げていては話にならない。

「よし、ファースト入って来い!」くらいの精神で待っておけば、身体も自然に反応出来る。

「フォルトしてくれ・・・」と思っていると、身体も重くなってしまうでしょう。

 

3.ラリーに持ち込んでからは、ミドルリスク作戦で

実際にリターンが返球出来たら、ラリー戦では少しずつ攻撃していきたい。

ただつないでいるだけ、ならサーブからの優位性を崩せないし脅威にはなれない。

だからこそ、「ラリーに持ち込んだら、自分が優位だ!」という強い気持ちをもって、攻撃はしていきたい。

アナタらしい、ミスをしないで相手を攻撃していける一番良い手で、ビッグサーバー相手のラリーは展開していきましょう。

 

4.30-40のように追い込んだ後には、少し間を空けよう

30-40のようなブレークポイント、の場面では少し間を空けたい。

相手サーバーにも、じっくりプレッシャーを感じてもらう。

そして、しっかりと自分も作戦を整理して臨む為に、5秒くらいはいつもよりもポイント間を長めに確保する。

この少しの時間の使い方が、試合巧者の証です。

 

5.積極策での失点、はデュースにも活かせる

もし仮に、30-4oからの積極崎でデュースになったとき。

アナタは何も落ち込む必要はありません。

カウントはイーブンでも、精神的には相手のほうが追い込まれているはず。

サーブの威力も、少しだけ弱くなる、入れに来る可能性もあります。

こういった相手の心理、見逃さないように神経を使って観察しましょう。

 

リターンゲームは、サービスゲームよりも工夫がしやすい。

相手が良いサーブを持っているときこそ、それを崩せば試合でチャンスが来る、勝てる確率が上がるのです。

そういう意味では、ビッグサーバー相手の試合はやることはシンプル。

少ないチャンスをリターンゲームで作って、積極策で決める。

これだけですね!

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

    リターンの反応が、遅いと感じている人・・・。なかなか、ブレイク…

  2. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

    ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。…

  3. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

  4. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう

    ちょっとしたことですが、試合でやれば効果大。ダブルスの試合のリ…

  5. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える

    ダブルスの試合で、リターンからの攻撃パターン。簡単じゃないです…

  6. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

特集記事

  1. 戦術

    試合に勝てる人は、特別な人じゃない
  2. 練習

    テニス知識

    「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付け…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?
  5. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える
PAGE TOP