テニス ダブルス

メンタル

セルフジャッジはクリーンに、しておいた方が良い理由4つ

セルフジャッジについて、改めて確認しておきたことがあります。

よく「汚い」「クリーン」という言葉で表現されますが、まず大前提は「クリーン」であるのが当たり前である、ということ。

私が試合に出ていても、汚いとまでは言わなくても自分に優位に意図的にジャッジしている人、はたくさんいます。

なぜ、セルフジャッジはクリーンでないといけないのか。

その理由を、私なりにまとめてみました。

 

セルフジャッジはクリーンに、しておいた方が良い理由4つ

 

1.余裕が生まれる

セルフジャッジで、微妙な判定を自分に優位にする人は余裕が無い。

「え?強い人でもやってるけど・・・?」と思った方もいるでしょうが、その人はそんなに強くは無いはず。

少しは勝てても、本当に上にはいけていないはず。

あえて、セルフジャッジをしっかり相手に優位に判定すること、は「通常のセルフジャッジ」でしかない。

当たり前のことを、当たり前のように進行していく。

だからこそ、自分に余裕が生まれるのです。

 

2.相手もジャッジを揃えてくれる

これは相手次第、かもしれませんが、しっかり相手を信頼して「お互い良いジャッジをしましょう」というメッセージになる。

アナタ自身、相手がクリーンなジャッジだと見も引き締まるし、試合も気持ち良く出来ますよね。

こういった小さい部分が、お互いを高め合って良い試合を作っていく。

先に自分から良いジャッジ、が基本です。

 

3.自分自身が成長出来る

ちょっとしたアウトもしっかり処理できるようになると、アナタ自身成長出来る。

誤魔化して目の前の試合だけ勝っても、すぐ次に負けるだけ。

そうじゃなくて、しっかり自分を成長させるために何が必要か、という視点で考えることが大事。

今一度、自分の姿勢に問いかけてみて下さい。

 

4.最高の練習仲間が出来る

試合の相手は、一番の「練習相手候補」。

気持ち良く試合が出来れば、きっとテニスの輪が広がっていく。

逆にジャッジが酷いと相手どころか、その人のテニスのネットワーク全体に「あの人はやばい」という評判だけが広まっていく。

勝ちたい気持ちは分かりますが、対戦相手、練習相手あってのテニス。

試合や練習が出来無くなれば、何も生まれない訳ですから。

 

気持ちが先行して、どうしてもジャッジが汚くなる人。

こういう人には、しっかり周りから注意してあげる。

そして、なぜ?という部分にも、下級生やテニス初心者の方には伝えてあげましょう。

クリーンなジャッジ、が増えれば良い試合も増える。

それは結果的にアナタのテニス人生に、大きいプラスの要素になるはずです。

 

今回のまとめ

クリーンなジャッジは、アナタのテニスを強く充実させていく

 

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪いって気付かないと

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

    試合に勝てる日もあれば、当然負ける日もある。試合結果について自…

  3. テニス 部活
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

    テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。…

  5. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる

    テニスの試合、第1シードがなぜ強いのか?それは、テニスの技術だ…

  6. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です

    テニスの練習相手って仲の良い人とやることが多い。試合会場でも知…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない
  3. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です
  5. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠
PAGE TOP