テニス ストローク

リターン

相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽

必要以上に、相手を警戒することは無いでしょう。

アナタ自身が試合をするときに、相手のサーブに対してどういう意識を持つか。

私はいつも、この大前提をもって入ります。

一般の試合ですから、サーブが強力という人は、そういないはず。

だから、リターン側はある程度予測して動いて良いと思いますよ。

 

相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽

 


 

1.サーブは入れてくる、が大前提

何も、恐れる必要はありません。

もっと前に入って、もっとフォアハンド側で回り込んでも良い。

相手のサーブ、基本は入れて来るようなサーブが多いはず。

ファーストサーブは多少速い人もいますが、セカンドになったらもう、チャンスですよね。

それも、打てるコースはきっと限られているはず。

相手のサーブには、山を張って良い。

この感覚、すごく大事です。

 

2.ワイドかボディ、に来るサーブが多いはず

センターに厳しいサーブ、は少ないでしょう。

やはり打つには技術が要りますし、どうしてもボディ近くからワイド気味、が多くなるのがサーブ。

だからこそ、アナタ自身は「もう、ここにしか来ないな」と考えて良い。

しっかり準備して、丁寧にリターンする。

慌てないで良い、と思って待てば試合でもすごく楽です。

深さ、回転も、試合の中盤に入ればだいぶ慣れて来ますよね。

相手が打てるサーブは、そう多くない。

これが大前提でしょう。

 

3.1種類しかない、後は事故だと思うこと

たまに良いサーブが入る、こともあるでしょう。

でも、それってきっと相手も狙っていない。

ある種の事故、のようなものですから。

気にして警戒し過ぎる方が損、ですから。

相手のサーブは基本1種類、それをどう料理するか、が大事です。

 

4.料理方法、はたくさん持っておこう

アナタ自身に、どんなレシピがあるでしょうか。

相手のサーブという素材があって、それを美味しく食べる為のレシピ、です。

ダブルスならストレート、ショートクロス、ロブも使えますね。

並行陣の相手なら、クロスのサーバーの足下に沈めて前、という作戦も効果的でしょう。

とにかく、たくさんのレシピを持っておく。

素材を把握したら、容赦なく料理していく。

試合では、この意気込みが大事です。

 

相手のサーブを、必要以上に恐れることはありません。

むしろ、全然伸びて来なくて浅いサーブ、の方が苦戦しますから。

しっかり複数のレシピを持って、前に入って料理していく。

リターンゲームは、この意識でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能になります!

    テニスの試合で、大事なリターン。どんなに良いストロークや戦術を…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  4. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

    シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。…

  5. テニス メンタル
  6. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

    全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ロブ

    「上げた!」を言わないロブは、つまりは・・・?
  2. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる
  3. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
  4. その他

    「甘ったれるな!トレーニングしろよ!」テニスのトーナメントを勝ち抜くには持久力は…
  5. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
PAGE TOP