テニス シングルス

リターン

相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?

球足の速いサーフェスだと、ちょっとの遅れが致命傷になる。

一般テニス大会でも、サーブが強力な選手は多いですからね。

大事なのは、どこを見て、どう反応するのか。

基本ですが、重要なのは「出だしの軌道」です。

 

相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

 


 

1.相手のサーブ、打ち出しポイントは決まっている

実際に、決まっていますよね。

サーブを打つ人、は一人だけ。

その頭上から打たれる、ところに神経を集中させる。

大まかに、テニスのサーブのコースは3つ。

センター、ボディ、ワイド。

この3つのどれになるのか、を0.01秒でも早く判断する、ことがリターンでは大事。

だからこそ、出だしの軌道に集中すること、が一番。

目線をしっかり相手の頭上、に置いて、どのコースなのかを判断する。

思ったほど、難しくはないですよ。

 

2.出だしでコースを予測する、ことが出来るかどうか

実際に、出だしでは・・・そんなにパッと違いが分からないかもしれません。

特に、センターとボディなんて出だしはあまり変わらない、ようにも見えますからね。

でも、そこは集中です。

しっかり神経を尖らせて、この出だしならセンター、ボディ、ワイド、というまず仮定を立てる。

ちょっとの差が、ネットを超えてくると大きな差、違いになりますからね。

ちょっとの差、でしっかり見極めて身体を反応させることが大事なんです。

 

3.慣れてくると、打つ前に分かるようになる

特に、スライスサーブやスピンサーブ、ですね。

男性であれば、センターにはスピン系、ワイドにスライス系、でサーブを打つ人多いじゃないですか。

実際には、打つ前のトスの位置や、ラケットの出だしの角度、でコースが分かるようになるはずです。

これは、誰でも真剣に見ていれば必ず解読出来る部分、ですから。

実力や経験、なんて関係ない。

要はやるかやらないか、です。

 

4.自分のコートに飛んで来てから判断、なんて遅すぎる

ほとんどの人が、この反応です。

遅すぎる、ことに気付いていない・・・んですよね。

リターンの反応が良い人は、もちろん予測もしていますが、その予測が当たっているのか外れているのか、その軌道修正も早い。

だからミスが少ないし、逆を突かれても何とかスライスでしのぐことが出来る。

反応が良い相手は、ついサーブ側もムキになってしまいますからね。

無理してダブルフォルト、だって誘発出来る。

まずはアナタ自身、サーブの出だしの軌道、に集中してみましょう!

 

これ、視力の良い悪い・・・の問題もあると思います。

でも、ちょっとでも気にしてみると、意外と相手には癖があることに気付くはずです。

サーブのコースの打ち分け、プロ選手でも無い限りなかなか隠せないものですから。

ぜひ、チャンスをつかむきっかけにして欲しいと思います!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

    全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・…

  2. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  4. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

  5. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術

    「左利きのサーブにやられた!」そんな経験、ありませんか?でも後…

  6. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出来る!

    「あぁ・・・結局、攻撃的にいけば良かった・・・」みたいな後悔、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる
  2. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない
  3. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実
  5. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる
PAGE TOP